Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Dynamic Frequency Selection(DFS)

概要

DFS は、動的に 5 GHz(802.11a/n/ac/h)による干渉から保護する必要があるレーダー信号を検出し、5 GHz 無線の動作周波数をそのレーダーと干渉しない周波数に動的に切り替えるプロセスです。伝送パワー コントロール(TPC)は、無線の送信電力を規制要件と範囲情報に適合させるために同様に使用されます。認定デバイスは、DFS を有効にし、レーダー通信を受信して必要に応じて無線設定を動的に更新しながら追加のチャネル オプションを活用することができます。

DFS の動作

DFS 対応の無線は、レーダー信号の動作周波数を監視します。チャネル上でレーダー信号を検出すると、ワイヤレス デバイスは次の手順を実行します。

  1. チャネル上でそれ以降の伝送をブロックします。
  2. 802.11h チャネル切り替えの通知を同報通信します。
  3. 残りのクライアント デバイスのアソシエーションを解除します。
  4. アクセス ポイントは、規制ドメイン内で許可されている別のチャネルを選択します。
  5. 元の DFS チャネルの DFS 非占有期間が経過した後、クライアントとのアソシエーションがなければ、元の DFS チャネルに戻り、60 秒間スキャンします。レーダー信号が検出されなかった場合、ワイヤレス デバイスはビーコンをイネーブルにして、クライアント アソシエーションを受け入れます。非占有期間は規制ドメインによって定義されますが、たいていの場合 30 分です。

Meraki クラウドは、適切な規制ドメイン情報を各 Meraki のアクセス ポイントに割り当てます。特定の Meraki アクセス ポイントに使用可能なバンドとチャネルは、モデル、屋内/屋外運用、規制ドメインによって異なります。Meraki クラウドにはワイヤレス規制が適用されているため、[無線設定(Radio Setting)] ページのチャネル リストには、アクセス ポイントが使用を認定されているチャネルが表示されます。

認定およびバンドに関する詳細情報については、AP のオリジナル パッケージに含まれているインストール ガイドと規制情報パンフレットを参照してください。

 

DFS レポート

Meraki クラウド経由で使用可能なイベント ログには、発生した DFS イベントがレポートされます。以下に、チャネル 100 でレーダーを検出した、「Gateway」という名前のアクセス ポイントのレポートの例を示します。

DFS が発生しやすいエリア

アクセス ポイントで確認される DFS イベント数は、通常は物理的な場所に関連しています。DFS イベントは、水路や空港の近くで頻繁に発生しますが、どこでも発生する可能性があります。DFS イベントが多く発生している場合にワイヤレス ネットワークを確実に動作させるには、手動で非 DFS チャネルを選択する方法、および/または DFS イベントを自動チャネル割り当てから除外する方法の 2 つが有効です。