Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

MR クイック スタート

次の説明では、Meraki アクセス ポイントをネットワークに追加するために必要な手順を簡単に示しています。

  1. AP を開梱してアダプタまたは PoE を使って電源に接続し、有線接続でインターネットにアクセスします。
  2. 電源を投入すると、AP によって最新のソフトウェアがダウンロードされます。インターネット接続の速度によっては、ダウンロードに最大 1 時間かかる場合があります。アップグレード中は AP の電源 LED がオレンジ色で点滅します。AP がダッシュボードにチェック インすると、LED は緑色に変わります。注:オレンジ色で点灯した場合、デバイスが Meraki クラウドにまだチェック インしていないことを意味します。
  3. Meraki ダッシュボード(http://dashboard.meraki.com)にログインします。今回のログインが初めての場合は、新しいアカウントを作成します。
  4. AP を追加するダッシュボード「ネットワーク」を探すか、新しいネットワークを作成します。注:Meraki デバイスの種類(MR、MX、MS など)ごとに個別のネットワークを作成する必要があります。
  5. AP をネットワークに追加します。各 AP の Meraki オーダー番号(Meraki に直接注文した場合は請求書に記載)またはシリアル番号が必要になります。シリアル番号は本体の下部に Qxxx-xxxx-xxxx の形式で記載されています。shipping@meraki.com または Meraki ディストリビュータから電子メールで届いた Enterprise Cloud ライセンス キーも必要です。
  6. AP のアップグレードが完了したら、AP に IP アドレスが正しく割り当てられていることを確認します(下記参照)。
  7. ダッシュボードの [設定(Configure)] セクションで、必要な設定変更を行います。
  8. これで完了です。

 

アクセス ポイントをオンラインで使用する

イーサネットで LAN に接続するすべての AP には、ルーティング可能な IP アドレスを割り当てる必要があります。これらの IP アドレスは DHCP で動的に割り当てられるほか、スタティックで割り当てることができます。

無線メッシュでの MR AP の導入については、『Mesh Deployment Guide』を参照してください。​

Meraki クラウド管理アクセスを許可するようにファイアウォールを設定する

ファイアウォールが設置されている場合、Meraki クラウド管理と AP の接続を確保するには、ファイアウォールが特定のポートで特定の IP アドレスへの送信接続を許可する必要があります。アウトバウンド ポートと IP アドレスの最新リストは、ダッシュボードの [ヘルプ(Help)] > [ファイアウォール情報(Firewall info)] で確認できます。