Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ファイアウォールとトラフィック シェーピング

  • トラフィックおよび帯域幅シェーピング
  • 帯域幅制御によって、許可されている以上の帯域幅をユーザが使用しないようにできます。Meraki クラウドには、アップロード量とダウンロード量の上限値を適用する帯域幅制御モジュールが統合されています。この設定を使用して、たとえば、ある SSID の VOIP ハンドセットへの帯域幅割り当てを増やして、別の SSID のデータのみのユーザへの帯域幅割り当てを減らすことができます。帯域幅の制限は、ワイヤレス クライアントが AP 間でローミングする場合でも一貫してクライアントに適用されるように、Meraki AP が施行しています。

  • レイヤ 3 ファイアウォール ルールの使用方法
  • レイヤ 3 ファイアウォール ルールを使用すると、管理者は発信クライアント トラフィックをきめ細かくアクセス制御できます。MR シリーズでは、発信トラフィックとは有線 LAN またはインターネット宛のワイヤレス ネットワークから発信されるクライアント トラフィックのことを指します。MX では、発信トラフィックとはある VLAN から別の VLAN へのトラフィック、またはインターネットまたはスタティック LAN ルート上にあるリモート ネットワーク宛の LAN から発信されるトラフィックのことを指します。 この記事では、MR シリーズ アクセス ポイント、MX セキュリティ アプライアンス、または Z1 テレワーカー ゲートウェイ上でレイヤ 3 ファイアウォール ルールを使用する方法について説明します。

  • 成人向けコンテンツ フィルタリングの概要
  • MR の成人向けコンテンツ フィルタリング機能により、ワイヤレス クライアントから、ポルノやその他の好ましくない成人向けコンテンツを含むサイトへのアクセスを防止できます。