Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ダッシュボードのネットワークに対するデバイスの追加と削除

Cisco Meraki デバイスを監視および設定できるようにするには、事前にダッシュボードのネットワークに追加しておく必要があります。この記事では、ダッシュボードの ネットワークにデバイスを追加する方法と、それらのデバイスを後で必要に応じて削除する方法について説明します。

 

Cisco Meraki デバイスの申請申請解除については 、オーガナイゼーションの インベントリの使用に関する記事を参照してください。

ネットワークへのデバイスの追加

デバイスをネットワークに追加する方法にはさまざまなものがありますが、このセクションでは、すべてのデバイスおよびネットワーク タイプに適用できる最も簡単な方法について概説します。始める前に、ネットワークを作成します(存在しない場合)。

:2 つの MX を HA ペアで使用する場合を除き、1 つのネットワーク内に存在できる MX または Z1 は 1 つだけです。 ネットワークに複数のデ バイス タイプを追加すると、そのネットワークが自動的に複合ネットワーク に変換されます。 


  1. 追加するネットワーク デバイスを選択します。
    注:オーガナイゼーションドロップダウンは、複数のオーガナイゼーションを担当する管理者にのみ表示されます。  


     
  2. [ネットワーク全体(Network-wide)] > [設定(Configure)] > [デバイスの追加(Add devices)] に移動します。
  3. (オプション)モデル、シリアル番号などでデバイスを検索するには、デバイス リストの上にある検索ボックスを使用します。
  4. 追加するデバイスの横のチェックボックスを選択します。  
    該当するデバイスが表示されない場合は、最初に申請が必要になるこ とがあります。 

     
  5. [ 追加(Add <device_type>)] を選択します。ここでは、[デバイスの追加(Add devices)] をクリックします。

     
  6. デバイスがネットワークに追加され、監視および設定が可能になります。

ネットワークからデバイスを削除

ダッシュボードでデバイスをネットワークから削除しなければならない場合もあります。たとえば、交換の一環として、別の Organization(オーガナイゼーション)への 移行など、さまざまな理由が考えられます。正確な削除プロセスは、デバイス タイプによって異なります。

MR シリーズ、MS シ リーズ、MC シリーズ、MV シリーズ、またはレガシー製品の場合

  1. デバイスを含むネットワークを選択します。

  2. デバイス リストのページに移動します。
    • ワイヤレス ネットワークの場合:[ワイヤレス(Wireless)] > [監視(Monitor)] > [アクセス ポイント(Access points)]。
    • スイッチ ネットワークの場合:[スイッチ(Switch)] > [監視(Monitor)] > [Switches(スイッチ)]。
    • 電話ネットワークの場合:[電話(Phones)] > [モニタ(Monitor)] > [電話(Phones)]。
    • カメラ ネットワークの場合:[カメラ(Cameras)] > [監視(Monitor)] > [カメラ(Cameras)]。

      ネットワークからカメラを削除すると、そのすべてのビデオが削除されます。

  3. 削除するデバイスの横のチェックボックスを選択します。

     
  4. [編集(Edit)]、[ネットワークから削除(Remove from Network)] の順にクリックします。

     
  5. デバイスがリストに表示されなくなります。

MX シリーズまたは Z1 製品の場合

  1. デバイスを含むネットワークを選択します。 

     
  2. [セキュリティ アプライアンス(Security appliance)] > [監視(Monitor)] > [アプライアンスのステータス(Appliance status)] ページに移動します。
  3. [ネットワークからアプライアンスを削除(Remove appliance from network)] をクリックします。

     
  4. シリアル番号が削除するデバイスと一致することを確認してから、[削除(Remove)] を押します。

     
  5. デバイスがネットワークから削除されます。

ウォーム スペア構成内の MX の場合

  1. 該当するデバイスを含むネットワークを選択します。
  2. [セキュリティ アプライアンス(Security appliance)] > [アプライアンス ステータス(Appliance Status)] に移動します。
  3. 左側の MX ロケーションアドレスの下にある [ウォーム スペア(Warm Spare)] をクリックします。

Warm Spare1.JPG

  1. [ウォーム スペア(Warm spare)] を [有効(Enabled)] に設定します。

Warm Spare2.JPG

  1. ウォーム スペア デバイス シリアルナンバーを選択します。
  2. [仮想アップリンク IP を使用する(Use virtual uplink Ips)] または [MX アップリンク IP を使用する(Use the MX uplink Ips)] を選択します。
  3. [更新(Update)] をクリックします。

Warm Spare3.JPG