Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ファームウェア アップグレードの管理

概要

ファームウェア アップグレードによって、ネットワーク管理者は最新の機能やセキュリティ強化機能を Meraki デバイスで利用できます。Cisco Meraki ダッシュボードでは、ネットワーク上におけるファームウェア アップグレードのスケジュール設定/再スケジュール、ベータ版ファームウェア リリースのオプトイン、ファームウェア変更履歴の表示、メンテナンス ウィンドウの設定などを簡単に管理できます。この記事では、ダッシュボードのファームウェア アップグレード ツールの機能に加え、ファームウェアの使用・管理に関する注意事項も説明します。 

組織管理者としてファームウェアを管理する

ダッシュボードのファームウェア アップグレード ツールでは、ネットワークやデバイスのタイプごとにファームウェア バージョンを迅速かつ容易に管理できます。さらに、ネットワーク上における一括アップグレードのスケジュール設定/再スケジュールや取り消しも行えます。また、ファームウェア変更履歴の表示、ファームウェア バージョン番号の確認、最近アップグレードされたファームウェアのロールバックなどもできます。 

ファームウェア アップグレードのスケジュール設定

ファームウェアを最新の状態に保つことにより最新機能を利用し、最新のセキュリティ強化機能をハードウェアで実行できます。管理者は、最新の安定版または最新のベータ版のファームウェアにアップグレードできます。 ファームウェア アップグレードをスケジュールするには、次の手順を実行します。 

  1. [オーガナイゼーション(Organization)] > [モニタ(Monitor)] > [ファームウェア アップグレード(Firmware upgrades)] に移動します。
  2. 左上の [すべてのネットワーク(All networks)] タブをクリックします。
  3. ネットワーク名の横にあるチェックボックスをクリックして、アップグレードするデバイスまたはネットワークを選択します。管理者は、[デバイス タイプ(Device type)]、[現在のバージョン(Current version)] や [ファームウェアステータス(Firmware status)] ドロップダウン セレクタを使用して、ネットワークまたはデバイスの種類ごとにアップグレードを指定できます。
  4. [アップグレードのスケジュール(Schedule upgrades)] ボタンをクリックします。
  5. [ターゲット ファームウェア バージョン(Target firmware version)] セレクタを使用して、アップグレードする必要があるファームウェア バージョンを選択します。
  6. [今すぐアップグレードを実行(Perform the upgrade now)] または [アップグレードのスケジュール(Schedule the upgrade for)] のいずれかを選択します。スケジュール設定を選択した場合、アップグレード設定する日時を指定します。
  7. [変更の概要(Change Summary)] を確認して [ネットワークの変更をスケジュール(Schedule change for network)] を選択します。 
    注:ベータ版のファームウェアから安定版のファームウェアにダウングレードする場合、フィードバックの要求ページが表示されます。[ネットワークの変更をスケジュール(Schedule change for network)] を選択する前に、ダウングレードする理由に該当するオプションを選択してください。

ファームウェア アップグレードの再スケジュールまたは取り消し

ファームウェア アップグレードをスケジュールした後に、ファームウェア アップグレードの再スケジュールまたは取り消しを実行できます。ファームウェア アップグレードの再スケジュールまたは取り消しを行うには、次の手順を実行します。 

  1. [オーガナイゼーション(Organization)] > [モニタ(Monitor)] > [ファームウェア アップグレード(Firmware upgrades)] に移動します。 
  2. [概要(Overview)] タブで [アップグレードのスケジュール(Schedule upgrades)] セクションを表示し、該当するスケジュールされたアップグレードを見つけます。 
  3. 該当するスケジュール設定済みアップグレード エントリをクリックします。このエントリには、アップグレードするようスケジュールされたネットワークとデバイスの数が示されています。
  4. [再スケジュール(Reschedule)] または [取り消し(Cancel)] ボタンのいずれかをクリックします。[再スケジュール(Reschedule)] を選択した場合、[今すぐアップグレードを実行(Perform the upgrade now)] または [アップグレードのスケジュール(Schedule the upgrade for)] のいずれかを選択します。スケジュールすることを選択した場合、アップグレードを実行する日時を指定します。 

最近のファームウェア アップグレードのロールバック

ファームウェア アップグレードが行われてから 14 日後までは、以前のバージョンにロールバックできます。ファームウェア アップグレードをロールバックするには、次の手順を実行します。

  1. [オーガナイゼーション(Organization)] > [モニタ(Monitor)] > [ファームウェア アップグレード(Firmware upgrades)] に移動します。
  2. [概要(Overview)] タブで [最近実行したアップグレード(Most recent upgrades)] セクションを表示し、該当するアップグレード エントリを見つけます。
  3. 該当するアップグレード エントリをクリックします。このエントリには、アップグレードされたネットワークとデバイスの数が示されます。
  4. [ロールバック(Rollback)] ボタンをクリックします。
  5. ロールバックする理由を選択し、簡単な説明を入力します。
  6. [今すぐアップグレードを実行(Perform the upgrade now)] または [アップグレードのスケジュール(Schedule the upgrade for)] のいずれかを選択します。スケジュールすることを選択した場合、ロールバックする日時を指定します。 
  7. [送信(Submit)] をクリックして、ロールバックをスケジュールします。 

ファームウェア変更履歴の表示

変更履歴はファームウェア バージョンごとに維持され、特定のファームウェア バージョンに関連付けられた新機能、バグ修正、および既知の問題に関する情報が含まれます。ファームウェア変更履歴を表示するには、次の手順に従います。 

  1. [オーガナイゼーション(Organization)] > [モニタ(Monitor)] > [ファームウェア アップグレード(Firmware upgrades)] に移動します。 
  2. [概要(Overview)] タブで、[現在の安定版ファームウェア バージョン(Current stable firmware versions)] を確認します。 
  3. [リリース ノート(Release notes)] を選択します。 これで、現在の安定版ファームウェアの変更履歴が表示されます。
  4. それよりも古いまたは新しい変更履歴を表示するには、変更履歴のウィンドウから [前のバージョン(Previous version)] または [次のバージョン(Next version)] を選択します。 
    メモ:[すべてのネットワーク(All networks)] タブで、[現在のファームウェア バージョン(Current firmware version)] 列にリストされているファームウェア バージョンのリンクをクリックすることによっても、ファームウェア更新履歴を表示できます。

ネットワーク管理者としてファームウェアを管理する

ファームウェア アップグレードは、各ダッシュボード ネットワークのデバイス タイプごとにスケジュール設定できます。ファームウェア アップグレードをスケジュールするには、次の手順を実行します。 

  1. [ネットワーク全体(Network-wide)] > [モニタ(Monitor)] > [一般(General)] に移動します。 
  2. [ファームウェア アップグレード(Firmware upgrades)] が表示されるまで下にスクロールします。 
  3. 利用可能な新しいファームウェアがある場合、[ファームウェア アップグレードの再スケジュール(Reschedule the firmware upgrade)]、[今すぐアップグレードを実行(Perform the upgrade now)]、または [スケジュールしてアップグレード(Upgrade as scheduled)] のいずれかを選択します。 
  4. ページの下まで移動し、[保存(Save)] を選択します。 

ベータ版ファームウェアを実行することを選択するには、[ベータ版ファームウェアを試す(Try beta firmware)] を選択してから [はい(Yes)] を選択します。 

ネットワーク管理者としてファームウェア変更履歴を表示する

変更履歴はファームウェア バージョンごとに維持され、特定のファームウェア バージョンに関連付けられた新機能、バグ修正、および既知の問題に関する情報が含まれます。ファームウェア変更履歴を表示するには、次の手順に従います。 

  1. [ネットワーク全体(Network-wide)] > [設定(Configure)] > [一般(General)] に移動します。 
  2. [ファームウェア アップグレード(Firmware upgrades)] が表示されるまで下にスクロールします。 
  3. 利用可能な新しいファームウェアがある場合、対応するファームウェアの横にある [新機能(What's new)] ボタンを選択します。このページには、ファームウェア変更履歴が一覧表示されます。