アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Take Cyber Action:IT マネージャ

アジア太平洋地域では、企業の 53% が 1 日に最大 10,000 件の脅威に遭遇しています。さらに、運用技術を標的にした攻撃も見られるようになっています。

IT マネージャが直面する主なサイバーセキュリティの課題

サイバー犯罪者が使用するテクノロジーは高度化が進み、IT およびセキュリティの専門家の能力を上回っています。常にネットワークを監視し、侵入状況を判断できる人材やシステムすら備えている組織はほとんどありません。

今とるべき 3 つのセキュリティ対策

セキュアなアクセスを確保する

資産を守るためには、ワークフォース(あらゆるユーザとデバイス)、ワークロード(あらゆるアプリ)、ワークプレイス(あらゆる場所)向けのアクセスを保護する必要があります。しかし、サイバーセキュリティ人材に対する需要は根強いものの、人材供給は不足しています。シスコの推定によると、現在全世界で 100 万人以上のセキュリティ関連の人員が不足しています。サイバーセキュリティの人材不足緩和に役立つ、重要な分析情報とおすすめの対策をご覧ください。

サイバーセキュリティを取り巻く環境を理解する

サイバー攻撃の増加に伴い、組織は高度なセキュリティテクノロジーの導入を迫られています。マルウェアの通信は暗号化された Web トラフィック内に潜んでいます。そのため、セキュリティチームには、悪意のあるアクティビティを覆い隠してしまう暗号化の使用を防ぐツールが必要です。アジア太平洋地域の最新トレンドにご注目ください。

デジタル トランスフォーメーションに備える

IT 部門のエグゼクティブがデジタル トランスフォーメーション関連のテクノロジーに投資しない主な理由は、予算です。実際に 38% の企業が、必要なテクノロジーを導入しない理由に IT インフラストラクチャが適さないことを挙げています。企業はどのようにデジタル化の未来に備えればよいか、その方法をご紹介します。

セキュリティウェビナー

セキュリティの最新情報をシスコがウェビナーにてお届けします。

主なセキュリティソリューション

お客様に最適なセキュリティソリューションをご確認ください。

無料トライアル

Cisco Secure の無料トライアルでセキュリティをシンプルにする方法をご確認ください。