高い品質要件に答える製品

シスコは日本のお客様の、高い品質要求に応えるべくさまざまな取り組みを行っています。製品自体、省電力と高い冷却効率を考慮したパーツを選び、デザインすることにより、故障率を低減する努力をしています。また、製品お届けのプロセスにおいても大事な製品を確実にお届けできるように体制を整えております。

  1. 最新技術を生かした考え抜かれた製品デザイン
  2. 初期不良は即座に交換

最新技術を生かした考え抜かれた製品デザイン

シスコの UCS ラックサーバのカバーケースを開けて頂いた際、まず多くのお客様に言われるのが、非常にすっきりとして綺麗であるということです。それもそのはず、ラックサーバの中身に使われている部品はモジュラー構造化され、部品点数が少なく、部品間を結ぶケーブルの引き回しがないためです。このシンプルな内部構造が意味するところは、物理的に故障する個所がそもそも少ないということであり、ラックサーバの保守やメンテナンス時の操作も容易になるということです。


省電力という意味でも、このシンプルさが貢献します。部品点数が少なくすっきりとした内部構造は、エアーフローを良くし、熱が内部にこもるのを防ぎます。省電力に対する他の取り組みとして、シスコ UCS ラックマウントサーバでは、全モデルに、高電力効率の 80 PLUS PLATINUM 以上の電源ユニットを採用する、仮想化の章で説明させていただいた通り必要なネットワークアダプタの点数を減らす等、製品デザイン上の取り組みを実施しています。

日本の改善プロセスを通じてお客様に高い品質をお届け

日本のシスコでは、ミッションクリティカルな環境での稼働を求められる UCS 製品の性質を考慮して、通常のシスコ製品とは違う以下の特別な初期不良(DoA)対応活動および品質改善活動を実施しています。

初期不良は即座に交換

通常シスコ製品は初期不良(DoA)交換品が世界中の各箇所にある工場から出荷されるため、納期に数週間を要することもあります。しかし UCS 製品はその性質上、非常に迅速な交換が求められるため、日本シスコではUCS製品に関して千葉県成田にあるシスコのオペレーションセンターから交換品を直接、日本のお客様に出荷する環境を整え 2011 年 8 月から提供しています。これにより日本国内での UCS 製品の初期不良(DoA)交換品は通常 48 時間以内にお届けできます。