アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v1.0

本コースの概要

Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v1.0 コースでは、すべての IT 技術者にとって重要な基本知識を幅広く学べます。講義、ハンズオン ラボ、および自習を組み合わせながら、基本的な IPv4 および IPv6 ネットワークの導入、運用、構成、および検証方法について学習します。このコースでは、スイッチ、ルータ、ワイヤレス LAN コントローラなどのネットワーク コンポーネントの構成、ネットワーク デバイスの管理、基本的なセキュリティの脅威の特定などについて説明します。また、このコースでは、ネットワーク プログラマビリティ、自動化、およびソフトウェア定義ネットワークに関する基礎知識も学べます。

このコースは、Cisco®Certified Network Associate (CCNA®) 200-301 試験の準備に役立ちます。この試験に合格することにより、CCNA 認定を取得できます。

最新 IT トレーニングソリューションについてはお問い合わせください。

お問い合わせ

コース日数

  • インストラクターによるトレーニング:5 日間のクラス、3 日間の自習
  • バーチャル トレーニング:5 日間のクラス指導と 3 日間の自習に相当
  • E-Learning:8 日間のクラス指導に相当

得られるメリット

本コースは、次のような方に最適です。

  • 中小規模のネットワークの導入、構成、運用に必要な知識とスキルを学びたい
  • ネットワーキング、セキュリティ、および自動化に関する基礎知識を身に着けたい
  • 再認定に向けて 30 CE クレジットを獲得したい

試験で求められるスキルや知識

200-301 CCNA 試験は、ネットワークの基礎、ネットワーク アクセス、IP 接続、IP サービス、セキュリティの基礎、および自動化とプログラマビリティに関する受験者の知識とスキルを認定します。

200-301 CCNA 試験に合格することで、CCNA 認定を取得できます。

参加対象者

このコースは、CCNA 認定の取得を目指す技術者を対象としています。また、このコースは、基本的な Cisco ネットワークの導入、運用、および検証に関わるすべてのサポート技術者に必要な基礎知識を提供します。

このコースの内容は次の職種の方に最適です。

  • エントリーレベルのネットワーク エンジニア
  • ネットワーク アドミニストレータ
  • ネットワーク サポート技術者
  • ヘルプ デスク技術者

技術分野

  • ネットワーキング
  • セキュリティ
  • 自動化

コースの詳細

学習内容

  • コンピュータ ネットワークのコンポーネントの特定とその基本的な特徴
  • ホスト間通信のモデル
  • Cisco Internetwork Operating System (IOS®) ソフトウェアの特徴と機能
  • LAN および LAN 内部におけるスイッチの役割
  • TCP/IP のネットワーク アクセス層としてのイーサネットおよびスイッチの動作
  • スイッチの設置と初期設定
  • TCP/IP のインターネット層、そのアドレス指定の方式、およびサブネット化
  • TCP/IP のトランスポート層およびアプリケーション層
  • ルーティングの機能の詳細
  • シスコ ルータで基本的なコンフィグレーションの実装
  • スイッチ/ルータ間のホスト間通信
  • 一般的なスイッチド ネットワークの問題と IPv4 アドレッシングに関連する一般的な問題の特定と解決
  • IPv6 の主な機能とアドレス、基本的な IPv6 接続の構成/検証
  • スタティック ルーティングの運用、利点、および制限事項
  • 仮想ローカル エリア ネットワーク (VLAN) およびトランクとその実装および検証
  • VLAN 間ルーティングのアプリケーションおよびコンフィグレーション
  • ダイナミック ルーティング プロトコルの基本、Open Shortest Path First (OSPF) のコンポーネントおよび用語
  • スパニング ツリー プロトコル (STP) およびラピッド スパニング ツリー プロトコル (RSTP) の仕組み
  • EtherChannel を使用したリンク集約のコンフィグレーション
  • レイヤ 3 冗長プロトコルの目的
  • WAN および VPN の基本概念
  • ネットワーク内のアクセス制御リスト (ACL) とそのアプリケーションの運用
  • 動的ホスト構成プロトコル (DHCP) クライアントを使用してインターネットアクセスの構成、およびネットワーク アドレス変換 (NAT) と シスコ ルータ上での構成
  • サービス品質 (QoS) の基本概念
  • ワイヤレス ネットワークの概念、構成可能なワイヤレス ネットワークの種類、およびワイヤレス LAN コントローラ (WLC) の使用方法
  • ネットワークとデバイスのアーキテクチャおよび仮想化の基本
  • ネットワーク プログラマビリティや Software-Defined Networking (SDN) の概念、Cisco DNA Center™、Software-Defined Access (SD-Access)、Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) などのスマート ネットワーク管理ソリューション
  • 基本的な IOS システム監視ツールの構成
  • シスコ デバイスの管理
  • セキュリティ脅威の現状
  • 脅威防御テクノロジー
  • デバイス管理プレーンへの基本的なセキュリティ・コンフィグレーションの実装
  • ネットワーク デバイスを強化するための基本的な手順の実装

前提条件

本コースを受講する前に、次の知識およびスキルを習得していることを推奨します。

  • コンピュータに関する基本知識
  • PC の操作に関する基本的なスキル
  • インターネットの利用に関する基本的スキル
  • IP アドレスの基本知識

CCNA 認定には正式な前提条件はありませんが、試験のトピックを十分に理解しておく必要があります。

概要

このクラスは、講義のセクションといくつかの自習セクションで構成されます。インストラクターが実施するクラスでは、講義はリアルタイムで直接行われるか、またはビデオ会議を介して配信されます。E-Learning クラスでは、講義は録画されたビデオで行われます。

セクションタイトル 形式
VLAN およびトランクの実装 講義
VLAN 間のルーティング 講義
OSPF の基本 講義
冗長化スイッチ トポロジの構築 自習
EtherChannel による冗長化スイッチ トポロジの改善 講義
レイヤ 3 冗長化の詳細 自習
WAN テクノロジーの基本 自習
基本的な ACL 講義
インターネット接続の有効化 講義
QoS の基本 自習
ワイヤレスの基礎 自習
アーキテクチャ/仮想化の基本 自習
インテリジェント ネットワークの発展 講義
システム モニタリングの基本 講義
シスコ デバイスの管理 講義
セキュリティ脅威の状況 自習
脅威防御テクノロジーの実装 自習
管理アクセスのセキュリティ保護 講義
デバイス ハードニングの実装 講義

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

ラボ演習の概要

  • Cisco Command-Line Interface (CLI:シスコ コマンドライン インターフェイス) の基本
  • スイッチの動作の観察
  • スイッチでの基本的コンフィグレーションの実施
  • スイッチの初期設定の実装
  • TCP/IP アプリケーションの検査
  • Cisco ルータでのインターフェイスの構成
  • レイヤ 2 ディスカバリ プロトコルの構成
  • ルータの初期設定の実装
  • デフォルト ゲートウェイの構成
  • パケット転送の詳細
  • スイッチ メディア/ポートの問題のトラブルシューティング
  • ポート デュプレックスの問題のトラブルシューティング
  • 基本的な IPv6 接続の構成
  • IPv4 スタティック ルートの構成と検証
  • IPv6 スタティック ルートの設定
  • IPv4 スタティック ルーティングの実装
  • IPv6 スタティック ルーティングの実装
  • VLAN および トランクの構成
  • VLAN およびトランクのトラブルシューティング
  • スティック上のルータの構成
  • 複数 VLAN の構成と VLAN 間の基本的なルーティング
  • シングルエリア OSPF の構成と検証
  • EtherChannel の設定と検証
  • EtherChannel による冗長化スイッチ トポロジの改善
  • IPv4 の ACL の構成と検証
  • IPv4 の 番号/名前付き ACL
  • プロバイダーに割り当てられた IPv4 アドレスの構成
  • Static NAT の構成
  • Dynamic NAT および PAT (Port Address Translation) の構成
  • PAT の実装
  • WLC へのログイン
  • WLC のモニタ
  • ダイナミック VLAN インターフェイスの構成
  • DHCP スコープの構成
  • WLAN の構成
  • RADIUS (Remote Access Dial-In User Service) サーバの定義
  • 管理オプションの詳細
  • Cisco DNA™ Center の詳細
  • NTP の構成と検証
  • システム メッセージ ロギングの構成
  • Cisco IOS イメージのバックアップ
  • Cisco IOS イメージのアップグレード
  • Wi-Fi Protected Access 2 (WPA2) 事前共有キー (PSK) を使用した WLAN の構成 (GUI を使用)
  • コンソールおよびリモート アクセスのセキュリティ保護
  • リモート アクセス接続の有効化と制限
  • デバイスへの管理アクセスのセキュリティ保護
  • ポート セキュリティの構成と検証
  • デバイス ハードニングの実装