アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Developing Applications Using Cisco Core Platforms and APIs (DEVCOR) v1.0

本コースの概要

Developing Applications Using Cisco Core Platforms and APIs(DEVCOR)v1.0 コースは、Cisco DevNet Professional 認定の準備として、またプロフェッショナルレベルのネットワーク オートメーション エンジニアにも最適です。ソフトウェアの初期設計から多様なシステム統合、テストや展開の自動化まで、シスコ プラットフォームをベースに使用したネットワーク アプリケーションを実装する方法を学びます。このコースでは、Cisco API(Application Programming Interfaces)と最新の開発ツールを使用して、実社会の問題を解決するのに必要な実践的な技術を習得できます。

本コースは、350-901 Developing Applications Using Cisco Core Platforms and APIs(DEVCOR)試験の対策に役立ちます。この試験に合格すると、Cisco Certified DevNet Professional に必要なコア試験の要件を満たし、Cisco Certified DevNet Specialist – Core 認定を取得できます。

最新 IT トレーニングソリューションについてはお問い合わせください。

お問い合わせ

コース日数

  • インストラクターによるトレーニング:5 日間のクラス、3 日間の自習
  • バーチャル トレーニング:5 日間のクラス指導と 3 日間の自習に相当
  • E-Learning:8 日間のクラス指導に相当

得られるメリット

本コースは、次のような方に最適です。

  • ビジネス ニーズを満たすために、ネットワークやソフトウェア開発の技法を十分に活用したアプリケーションを実装したい
  • アプリケーション、自動化、およびシスコ プラットフォームの技術に習熟したい
  • 350-901 DEVCOR 試験(Cisco Certified DevNet Professional に必要なコア試験の要求を満たし、Cisco Certified DevNet Specialist – Core 認定を取得できる)の準備をしたい

出題内容

350-901 DEVCOR 試験は、API、シスコ プラットフォーム、アプリケーション展開とセキュリティ、インフラストラクチャと自動化の使用など、ソフトウェア開発と設計の知識を認定します。 

350-901 DEVCOR に合格すると、Cisco Certified DevNet Professional に必要なコア試験の要件を満たし、Cisco Certified DevNet Specialist – Core 認定を取得できます。

参加対象者

このコースは、開発者として勤務している方、またはキャリアを求める方で、シスコ プラットフォーム上に構築されたアプリケーションの開発と保守に関する 1 年以上の実務経験を持つ方を対象としています。

このコースでは、シスコ API およびプラットフォームを使用したアプリケーションの設計、開発、デバッグ、およびシスコ インフラストラクチャ上でのアプリケーションの管理と展開に関する専門的な知識をカバーします。このコースを十分に活用するには、シスコプラットフォーム上に構築されたアプリケーションの設計と実装に関する 3 ~ 5 年の経験が必要です。

このコースは次の職種の方に最適です。

  • スキルベースをソフトウェアや自動化まで拡大したいネットワーク エンジニア
  • 自動化や DevOps に関する専門知識を拡大したい開発者
  • シスコのエコシステムへの移行を進めるソリューション アーキテクト
  • 強化された運用環境の設計に携わるインフラストラクチャ開発者

このコースの内容は次の職種の方に最適です。

  • 上級ネットワーク オートメーション エンジニア
  • 上級ソフトウェア開発者
  • 上級システム インテグレーション プログラマ

また、次の職種の方にも受講をお勧めします。

  • 上級インフラストラクチャ アーキテクト
  • 上級ネットワーク設計者
  • 上級テストエンジニア

Cisco Certified DevNet Professional および Cisco Certified DevNet Specialist – Core 認定の取得を目指す方にとっても有益な教材です。

技術分野

自動化

ネットワーク プログラマビリティ

コースの詳細

目的

本コースを修了すると、次のことができるようになります。

  • アプリケーションのメンテナビリティを向上させるアーキテクチャの特徴とパターン
  • アプリケーションの保守性を向上させるアーキテクチャの特徴とパターン
  • ChatOps アプリケーションを設計/構築する手順の特定
  • ネットワーク エラー処理、ページネーション、エラーフロー制御を備えた堅牢な Representational State Transfer(REST)API の統合/実装
  • アプリケーションのユーザおよびシステムデータのセキュリティを保護するために必要な手順
  • アプリケーションのセキュリティを保護するために必要な手順
  • 自動化されたアプリケーション リリース プロセスの一般的なタスクの特定
  • アプリケーション展開のベスト プラクティス
  • 分散システムを設計するための方法論
  • インフラストラクチャの構成管理およびデバイス自動化の概念
  • Yet Another Next Generation(YANG)データモデルを使用したネットワークの構成とテレメトリ
  • さまざまなリレーショナル データベースとノンリレーショナル データベースの比較と要件に基づいて
    適切なタイプを選択する方法

前提条件

本コースを受講する前に、次の知識およびスキルを習得していることが推奨されます。

  • プログラム設計およびコーディングの知識(主として Python)
  • イーサネット、TCP/IP、およびインターネット関連のネットワーキングに精通
  • API の利用
  • ソフトウェア開発/設計手法に関する知識
  • プログラミング言語(特に Python)に関する実務経験

準備に役立つシスコの学習リソースは次のとおりです。

  • Developing Applications and Automating Workflows Using Cisco Core Platforms(DEVASC)
  • このコースと認定に関連する特定の試験内容とラボについては、DevNet 認定のページを参照してください。
    https://developer.cisco.com/certification/

概要

このクラスは、講義のセクションといくつかの自習セクションで構成されます。インストラクタートレーニングでは、講義はリアルタイムで直接行われます。バーチャルトレーニングでは、ビデオ会議を介して配信されます。E-Learning では、講義は録画されたビデオで行われます。いずれの場合でも、認定試験を受ける前に、自習セクションの学習内容を十分に確認しておく必要があります。

セクション タイトル

形式

メンテナビリティの設計 自習
保守性の設計 自習
ChatOps アプリケーションの実装 講義
高度な REST API の統合 講義
アプリケーション データのセキュリティ保護 自習
Web / モバイル アプリケーションのセキュリティ保護 自習
アプリケーションリリースの自動化 講義
アプリケーションの展開 講義
分散システムの理解 講義
ネットワークとインフラストラクチャのオーケストレーション 講義
YANG を使用したデータのモデリング 講義
リレーショナル / ノンリレーショナル データベースの使用 自習

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

ラボ演習の概要

  • シーケンス図の作成
  • Web シーケンス図の作成
  • Cisco Webex Teams™ API を使用した ChatOps の有効化
  • Cisco Meraki™ API の統合による、Service Set Identifiers(SSID)のリストとロケーション データの収集
  • ページ分割されたREST API エンドポイントの使用
  • REST API のエラー制御フロー テクニックの活用
  • 一般的な Open Web Application Security Project(OWASP)の脆弱性に対応するアプリケーションの評価
  • Git でのマージコンフリクトの解決
  • 継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)パイプライン障害の診断
  • Docker を使用したアプリケーションのコンテナ化
  • 既存の CI/CD 環境へのアプリケーションの統合
  • アプリケーション ログを使用した問題の診断
  • Ansible と Puppet を使用したネットワーク パラメーターの構成
  • Firepower デバイス コンフィグレーションの同期
  • ネットワーク コンフィグレーションでの RESTCONF の利用
  • リレーショナル データベースのクエリ
  • ドキュメント ストアのクエリ
  • 時系列データベースのクエリ
  • グラフ データベースのクエリ