Guest

500-006J VTVS2

Implementing Cisco TelePresence Video Solution, Part 2

試験番号 500-006J VTVS2
関連資格 ビデオ
試験時間 90 分(75 〜 85 問)
試験言語 英語、日本語
試験登録 ピアソン VUE
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式

Implementing Cisco TelePresence Video Solution 試験は、ビデオ エンジニアの知識を問う試験です。この試験は、Cisco TelePresence Advanced Authorized Technology Provider(ATP)ソリューションの高度な機能、設計、計画、インストール、およびそのインフラストラクチャやエンドポイント導入のサポートに関する内容をカバーしています。

試験の内容

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。試験内容をより適切に反映し、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

エンドポイントの確認

  • エンドポイントのドキュメントの確認
  • 正しいケーブルおよび接続を使用した周辺機器のインストール プロセスの説明
  • リモート制御、Touch 8、Web インターフェイス、およびアプリケーション プログラミング インターフェイス(API)を使用した、特定のタスクに対するコーデックの設定
  • ソフトウェアのダウンロードおよびアップグレードによるメンテナンスの実行
  • エラーのトラブルシューティングとデフォルトへの復元

基本的なコール制御の確認

  • H.323 および SIP(VCS)の基本構成の確認
  • VCS システムのバックアップと復元設定の説明
  • SIP(CUCM)の基本構成の確認
  • VCS と CUCM の隣接関係の確認
  • SIP と H.323(VCS および CUCM)のトラブルシューティングの確認

高度な VCS 機能の確認

  • UCM ダイヤル プランの確認、および VCS ダイヤル プランと UCM ダイヤル プランの違いの理解
  • VCS セキュリティのコンポーネントの理解
  • サブゾーンの基礎の確認
  • VCS ゾーン プランの説明
  • トラバーサル ゾーンの説明および設定
  • トランスフォームの利点と設定の説明、および通話ポリシーの作成
  • FindMe アプリケーションと VCS とのインターワーキングの説明および設定
  • エンドポイントの VCS 検索の確認
  • VCS の診断ファイルとトラブルシューティング オプションの確認
  • セキュリティ証明書の利点とインストールの説明
  • プレゼンスの仕組みと VCS での役割の説明
  • LDAP の使用とセットアップの説明、および LDAP サーバを使用する VCS の設定
  • 正規表現の目的と使用に関する説明およびその作成(ダイヤル プラン)
  • DNS の説明
  • 会議の初期設定とマルチウェイ設定
  • クラスタリングとレプリケーションの仕組みの説明、およびクラスタの設定

ビデオ会議ブリッジ(MCU、TelePresence Server、および MSE8000)の導入

  • MCU の基本設定の確認
  • ネットワーク、H.323、SIP の設定および VCS と UCM の通信設定の説明
  • MCU とエンドポイントからの会議オペレーションの作成および変更
  • MCU カスタマイズの設定
  • グローバル会議の設定の説明
  • ソフトウェアのダウンロード、および MCU のアップグレード
  • MCU のトラブルシューティング オプションの確認
  • MSE 8000 の確認
  • TelePresence Server の説明
  • シスコの相互運用性の説明

TelePresence Content Server(TCS)の導入

  • TCS のインストールの説明
  • TCS の設定の説明
  • TCS の管理操作と機能の確認

TMS の確認

  • TMS のドキュメントの確認
  • TMS のセットアップ
  • TMS の管理操作と機能の確認
  • 会議制御センターを使用した会議オペレーションの作成および変更
  • ゾーンの作成、通話のセットアップおよび確立
  • ユーザ アクセス許可の作成および管理
  • SQL と TMS のやり取りの理解
  • TMS を使用したインフラストラクチャとエンドポイントのトラブルシューティング

プロビジョニング

  • Cisco Jabber for TelePresence のドキュメントの確認
  • プロビジョニング用のシステム コンポーネントの理解
  • コール制御システムでのソフトウェア クライアントのプロビジョニング
  • アカウント プロビジョニングの設定
  • プロビジョニング コンポーネントのトラブルシューティング
  • VCS と CUCM のエンドポイントのプロビジョニング

TelePresence Conductor の確認

  • TelePresence Conductor の概要確認
  • TelePresence Conductor の設定
  • UCM、VCS、TMS、エンドポイントで会議をスケジュールする TelePresence Conductor の設定
  • TelePresence Conductor のトラブルシューティング

この試験の推奨トレーニングは、Implementing Cisco TelePresence Video Solution, Part 2(VTVS2)[英語] です。

上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーが提供しているシスコの IT トレーニング コースで、指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。お近くのシスコ ラーニング パートナーについては、ラーニング パートナー一覧を参照してください。

この試験に関する資料として、各種の Cisco Press を利用することができます。これらの資料は、Cisco Marketplace Bookstore [英語] にて購入できます。

Pearson VUE で試験を申し込む

ご自身の情報を
ご確認ください

シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

トラッキング システム