アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

CCIE Service Provider

このバージョンは 2020年4月27日に終了し、新しい CCIE Service Provider 認定へ移行しました。

新しい CCIE Service Provider 認定

CCIE Service Provider 認定

CCIE Service Provider 認定はエキスパートレベルのサービスプロバイダー トラック認定資格です。拡張可能なサービスプロバイダー インフラストラクチャの構築に関するエキスパートレベルの知識とスキルを認定します。

概要

前提条件

CCIE 認定のための正式な前提条件はありません。そのため必須の試験やトレーニングはありません。受験者は筆記試験に合格した後、対応するハンズオンラボ試験に合格する必要があります。試験のブループリントに掲載されているトピックについて深い理解を有していることが望ましく、3〜5年の実務経験を経てから受験することを強く推奨します。

ステップ 1:CCIE Service Provider 筆記試験

終了:2020年2月24日

パケットベースのネットワーキング インフラストラクチャについて、諸概念および機器のコマンドに関する 2 時間の認定筆記試験に合格すると、ラボ試験の受験資格が与えられます。

ステップ 2:CCIE Service Provider ラボ試験

終了:2020年4月26日

8時間のラボ試験では、実機の設定を行い、制限時間内にサービス プロバイダー ネットワークを稼働させることができるかどうかをテストします。認定を受けるためには、筆記試験に合格してから3年以内にラボ試験に合格する必要があります。1回めのラボ試験は、18か月以内に受験する必要があります。

試験

認定を取得するには、次の試験に合格する必要があります。

CCIE Service Provider 筆記試験

終了:2020年2月24日

この試験では、サービス プロバイダーの機能とテクノロジーを導入、最適化、トラブルシューティングするのに必要な専門知識をテストします。 デュアル スタック ソリューション(IPv4 および IPv6)に重点が置かれています。 受験者は、サービスプロバイダーネットワークエンジニアとしてのエキスパートレベルの知識を保有することを推奨します。

CCIE Service Provider ラボ試験

終了:2020年4月26日

ラボ試験は 8 時間の実技試験です。既定の時間内に、サービス プロバイダー ネットワークが動作するようラボ機器を設定する能力をテストします。

再認定

CCIE/CCDE 認定は3年間有効です。

シスコ継続教育プログラム

シスコ継続教育プログラム

シスコは、エキスパートレベル認定保有者に向けて新しい再認定要件を発表しました。再認定を受けるために、関連試験に合格するという現在の要件、またはシスコ継続教育プログラムを通じてクレジットを獲得するという新しい要件から選択することができます。

リソース

CCIE 関連リンク