アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

2020年2月24日、CCIE 認定を改定

2020年2月24日に、新しい認定試験を開始する予定です。

既に CCIE Collaboration 認定の取得に向けて学習をしている方は、そのまま続けてください。新しいプログラムでは、現行のプログラムで達成した成果に応じてクレジットを獲得することができます。

詳しくはこちら

Cisco Expert-Level Training for CCIE Collaboration

コラボレーション ネットワークの専門知識を深めるシスコ認定トレーニング プログラムです。

詳しくはこちら

概要

CCIE Collaboration 認定は、複雑なコラボレーション ソリューションの設計、実装、トラブルシューティングを行うコラボレーション設計者、ユニファイド コミュニケーション設計者、音声およびビデオ ネットワーク マネージャを対象としています。この認定は、複雑なネットワークでのコラボレーション ソリューションの統合と相互運用、設定、トラブルシューティング、さらにはワークプレイス コラボレーション ソリューションの基盤としてのビデオ、モビリティ、プレゼンスの課題に関する知識とエクスペリエンスを確証するエキスパート レベルの認定です。

音声、ビデオ、IM、プレゼンス、コールセンター ソリューションおよびトレーニングにおけるシスコのノウハウは、ユーザの生産性を向上させ、顧客のエクスペリエンスを改善し、適応性を発揮してシームレスなユーザ エクスペリエンスを提供するコラボレーション システムとサービスを導入するのに役立ちます。

前提条件

CCIE 認定のための正式な前提条件はありません。他のプロフェッショナル認定またはトレーニング コースは必要ありません。受験者はまず筆記試験に合格してから、対応する実技ラボ試験に合格する必要があります。受験者は、評価項目について深い理解を有していることが望ましく、3~5年の実務経験を経てから受験することを強く推奨します。詳細については、このページで示す受験要領に関する資料を参照してください。

ステップ 1: CCIE Collaboration 筆記試験

最終試験日:2020年2月23日

シスコのエンタープライズ向けソリューションを構成するテクノロジーおよびアプリケーションに関し、2 時間の認定筆記試験に合格すると、ラボ試験の受験資格が与えられます。

ステップ 2: CCIE Collaboration ラボ試験

最終試験日:2020年2月23日

8 時間のラボ試験では、制限時間内にセキュア ネットワークを稼動させることができるかどうかをテストします。認定を受けるには、筆記試験に合格してから 3 年以内にラボ試験に合格する必要があります。1 回めのラボ試験は、18 か月以内に受験する必要があります。

学習

自習教材

シスコ ラーニング ネットワーク

ラーニング パートナー コンテンツ

トレーニング

シスコ認定試験に備えるには、シスコ認定トレーニングが最適です。

Cisco Expert-Level Training for Collaboration バージョン2.0 - 準備中

試験

最終試験日:2020年2月23日

認定を取得するには、次の試験に合格する必要があります。

CCIE Collaboration 筆記試験 (400-051 CCIE Collaboration)

試験の内容には、UC ソリューションにおける仮想化、IPv6、ILS/URI ダイヤリング、SAF/CCD、Medianet、Cisco Jabber などが含まれます。

CCIE Collaboration ラボ試験

ラボ試験は 8 時間の実技試験です。既定の時間内に、エンタープライズネットワークが動作するようラボ機器を設定する能力をテストします。

再認定

2020年2月24日に、再認定ポリシーが変更される予定です。

CCIE/CCDE 認定の有効期間は 2 年間です。

アクティブな CCIE ステータスは、組織の成功に欠かせないエキスパートレベルの知識を維持していることを表します。CCIE 認定保有者は、継続的に技術的な知識を拡大することが奨励されており、隔年で再認定試験に合格する必要があります。 有効期間が満了する前に再認定試験に合格しなかった場合、CCIE 認定は1年間資格停止になり、CCIE 認定保有者およびその雇用主は、エキスパートのステータスに関する恩恵を失うことになります。 1年間の資格停止期間中に再認定試験に合格しなかった場合、資格は無効となり、特権および特典をすべて失います。資格が無効となった場合、認定を得るには、CCIE 認定のすべての要件を再度満たす必要があります(筆記試験とラボ試験の両方に合格する必要があります)。

再認定の期限

  • 再認定の期限は、いつでもオンラインの認証ステータスで確認できます (ログイン要)。
  • 以降の再認定期限は、最後に再認定試験を受けた時点ではなく、常に最初の認定日に基づいて決まります。
  • 受験者は、CCIE 筆記試験の合格から18か月以内に、最初の CCIE ラボ試験を受験しなければなりません。ラボ試験に合格しなかった受験者は、筆記試験の有効性を保つために、最後にラボ受験した日から12か月以内に再びラボ試験を受験する必要があります。筆記試験の合格から3年以内にラボ試験に合格しない場合、再びラボ試験の受験資格を得るには、改めて筆記試験から受験し直さなければなりません。

再認定の詳細

  • 認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。
    • シスコ継続教育プログラムを通じて所定数のクレジットを獲得
    • 現行の CCIE 筆記試験またはラボ試験の 1 つに合格
    • 現行の CCDE 筆記試験または実技試験に合格r
    • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格.
  • CCIE 認定を取得すると、CCNA 認定や CCNP 認定など他の認定の有効期間は自動的に延長されます。
  • 受験者は、24カ月の再認定期間ごとに1つの筆記試験に合格、または継続教育プログラムを通じて所定数のクレジットを獲得することで、再認定を取得することができます。
  • 筆記試験を再受験するには、前回の試験から 15 日間経過している必要があります。
  • 認定保有者は、保有する認定の有効期間にあわせて、再認定を受ける計画を立てる必要があります。 有効期間が満了する前に再認定試験に合格しなかった場合、CCIE 認定は1年間資格停止になり、その通知が雇用主に通知されます。 1年間の資格停止期間中に再認定試験に合格しなかった場合、資格は無効となり、特権および特典をすべて失います。資格が無効となった場合、認定を得るには、CCIE 認定のすべての要件を再度満たす必要があります(筆記試験とラボ試験の両方に合格する必要があります)。
  • CCIE 認定の取得または再認定を受けた場合、現在保持する有効な認定(エントリー、アソシエイト、プロフェッショナル、エキスパート、スペシャリスト)の有効期限は、新たに取得または再認定を受けた CCIE/CCDE/CCAr 認定資格の有効期限まで延長されます。
  • プロファイルが正しく更新されるように、常に同じ ID を使ってください。ID については、CCIE サポートまでお問い合わせください。

シスコ継続教育プログラム

シスコは、エキスパートレベル認定保有者に向けて新しい再認定要件を発表しました。再認定を受けるために、関連試験に合格するという現在の要件、またはシスコ継続教育プログラムを通じてクレジットを獲得するという新しい要件から選択することができます。