アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

シスコ機器に記録されたデータの消去に関するポリシー


概要

本ポリシーは、(a)製品の返品、修理、および廃棄プロセスにおけるシスコの一般的な製品取り扱い方法についてお客様に説明するとともに、(b)お客様が製品を廃棄またはシスコに返却する際に製品から事前に「データ」(以下で定義)を消去する場合に必要となる情報を提供することを目的としています。

定義

本ポリシーにおける「データ」とは、お客様によって作成または収集されたあらゆるデータ、事実、またはその他の情報を指し、氏名、電子メールアドレス、役職、職業、業種、電話番号、会社、自宅や郵送先などの物理的な住所、その他の連絡先、生年月日、性別などの個人の特定を可能にする情報が含まれますが、これに限定されません。「データ」には、直接的または間接的に身元が特定されるか、あるいは身元の特定が可能な個人に関る財務情報またはその他の情報も含まれます。このような情報には社会保障番号、運転免許証番号、クレジットカード番号、口座番号、パスワードおよびこれに類する情報、ならびに、人種または民族、宗教的/思想的またはその他の信条、政治的見解、政党/労働組合/団体への加入状況、宗教的/思想的/政治的/労働組合的な性質を備えた組織への加入状況、犯罪歴、健康状態、および性的行動を明らかにするデータが含まれます。

返却された機器および廃棄する機器の取扱いに関するシスコの処置

シスコに製品を返却する際に製品から事前に「データ」を消去する責任はお客様にあります。ただし、お客様から製品が返却されたのち、シスコでは製品の修理および廃棄に関する内部処理の一環として、通常以下の処置を行います。

  • メモリ
    メモリを搭載したシスコ製品については、シスコはメモリを消去してリセットします。
  • IOSおよびコンフィギュレーション
    IOS(製品のオペレーティングシステム)およびコンフィギュレーションを搭載したシスコ製品については、シスコは(a)現在のIOSを消去して新たにIOSを製品にダウンロードし、(b)お客様のIOSコンフィギュレーションおよびパスワードを消去します。
  • ディスク ドライブ
    ディスクドライブを搭載したシスコ製品については、シスコはハードドライブをフォーマットするか、一部の製品モデルについては以前の「データ」を消去します。
  • 修理不可能な製品
    修理不可能と判断されるシスコ製品については、シスコは製品を物理的に破砕するか、製品を本来の目的には使用できないようにするためのその他の処置を行います。
  • 処理を行うまでの製品の保管
    上記に従ってシスコ製品を処理するまでの間、シスコは施錠した倉庫またはその他の保管施設に製品を保管します。
  • 特定の政府機関の機器の扱い
    米国政府の要求およびその他の適用規則に基づき、シスコは特定の状況において特定の政府機関に対して、(a)政府の極秘情報または機密情報を含む可能性のある機器をシスコに返却すること、または(b)当該機器を廃棄したことの証明をシスコに提出することを要求しない場合があります。
お客様がデータを消去する場合の推奨事項

お客様が機器を廃棄またはシスコへ返却する際に機器から事前に「データ」を消去する場合、シスコはお客様に以下の事項に従うことを推奨します。

  • メモリ
    メモリを搭載したシスコ製品については、お客様はメモリを消去してリセットする必要があります。多くの製品では、製品の電源をオフにするとほとんどのメモリ(フラッシュ メモリと NVRAM を除く)が消去されます。
  • IOSおよびコンフィギュレーション
    IOS(製品のオペレーティングシステム)およびコンフィギュレーションを搭載したシスコ製品については、お客様はメモリ(フラッシュメモリを含む)を消去してリセットする必要があります。
  • ディスクドライブ
    ディスクドライブを搭載したシスコ製品については、お客様は「データ」を消去する必要があります。ディスクドライブから「データ」を消去する個々のコマンドは、製品によって異なります。
    NM-CUE製品のoffline コマンドの例については、以下を参照してください。
    NM-CUE製品のoffline コマンドの例
  • コマンドを実行できない製品の場合
    コマンドを実行できないシスコ製品の場合、お客様は業界で一般的に使用される代替方法(消磁など)を講じるか、サードパーティのデータ消去サービスを利用して、製品から「データ」を消去することができます。上記に示したコマンドはあくまで一例です。

上記のコマンドはシスコの全製品に対して使用可能なものではなく、また全製品に有効に機能するものではありません。シスコ製品で使用可能なその他のコマンドについては、該当する製品のマニュアルや関連資料、IOSコマンド検索ツール、またはその他の関連情報(http://www.cisco.com)を参照してください。

本ポリシーは、以下に示すシスコの関連ポリシーを補完し、これらのポリシーと整合性を有することを意図して作成されています。

Third Party Repair Sources: Cisco Warranty and Service Support Implications (PDF 179KB)
Return Material Authorization(RMA) Return Instructions
Privacy Statementおよびその他のプライバシーおよび個人情報保護規定(http://www.cisco.com

本ポリシーの内容は、「現状のまま」提供され、シスコはいかなる保証または担保責任も負いません。