Guest

ゲートウェイ プロトコル

ISDN での VoIP の設計と導入

概要

Integrated Service Digital Network(ISDN)を経由する Voice over IP(VoIP)は、特に IP テレフォニーを使用する企業ネットワークにおいて、望ましい組み合わせである場合があります。 VoIP に必要な Quality of Service(QoS)を提供するために必要な機能(低遅延キューイング(LLQ)、クラスベース重み付け均等化キューイング(CBWFQ)、および Link Fragmentation and Interleaving(LFI))は、ISDN と組み合わせに対してサポートされています。 ただし、考慮する必要のある重要な設計上の考慮事項があります。 このドキュメントでは、これらの VoIP 関連の QoS 機能を ISDN で使用する場合の注意事項および制約事項について解説し、テスト済みの設定例をいくつか紹介します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • ISDN

  • ポイントツーポイント プロトコル(PPP)

  • マルチリンク PPP(MLPPP)

  • LFI

  • LLQ

  • CBWFQ:

  • 圧縮リアルタイム プロトコル(cRTP)

このドキュメントでは、次のテーマの技術トレーニングを提供しませんが、この技術が VoIP ネットワークでどのように連携して動作するかを説明します。 詳細については、「関連情報」を参照してください。