Guest

Cisco ONS 15454 シリーズ マルチサービス プロビジョニング プラットフォーム

ONS 15327、ONS 15454、および ONS 15600 のパスワード回復手順

はじめに

このドキュメントでは、Cisco ONS 15327、ONS 15454、および ONS 15600 のパスワード回復手順について説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識が推奨されます。

  • Cisco ONS 15327

  • Cisco ONS 15454

  • Cisco ONS 15600

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco ONS 15327 バージョン 3.3.0 以降(XTC)

  • Cisco ONS 15454 バージョン 2 - 2.3.3 以降(TCC)

  • Cisco ONS 15454 バージョン 3 - 3.3.0 以降(TCC+)

  • Cisco ONS 15454 バージョン 4 - すべて(TCC2)

  • Cisco ONS 15454E バージョン 3.3.0 以降

  • Cisco ONS 15600 バージョン 1.0 以降

本書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、初期(デフォルト)設定の状態から起動しています。稼働中のネットワークで作業を行う場合、コマンドの影響について十分に理解したうえで作業してください。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

パスワードの回復手順

パスワードを回復するための前提条件は次のとおりです。

  • 回復手順は、オンサイトで実施する必要があります。

  • Network Element(NE; ネットワーク要素)に IP 接続できる必要があります。

  • パスワード回復ケーブルが必要です。パスワード回復ケーブルがない場合は、Cisco TAC に連絡してサービスリクエストをオープンしてください。TAC エンジニアがケーブルを発注いたします。部品番号は次のとおりです。

    • ONS 15327 および 15454 用の部品番号:15454-15454-EPC=

    • ONS 15600 用の部品番号:15600-TPC=

パスワードを回復するには、次の手順を実行します。

  1. スタンバイ TCC/TCC+/TCC2 カードを取り外します。

    注:このドキュメントの残りの部分では、TCC/TCC+/TCC2カードをTCCカードと呼びます。

  2. パスワード回復ケーブルの一端を、取り外した TCC カードに取り付けます(図 1 を参照)。

    これらのピンは、TCC カードの右側の前面/下部の近くにあります。ピンには RS232-DBG のラベルが付いています。TCC カードには RS232-DBG ピンが 2 組あります。カードの前面に近い方のピンを使用してください(図 1 のマウスポインタを参照)。

    注:TCC側接続で上部のピンスロットを使用しないことをお勧めします。これにより、パスワード回復ケーブルからの干渉なしでTCCカードを再挿入できます。

    図1:TCC/TCC+/TCC2への接続

    password_01.gif

  3. ケーブルの DB9 の部分を、シリアル ポートを通じて PC のシリアル ポートに接続します。

  4. Hyper Terminal を実行します。

  5. シリアル ポートで次の設定を指定します(図 2 を参照)。

    • ビット/秒:9600

    • データ ビット:8

    • パリティ:なし

    • ストップ ビット:1

    • フロー制御:なし

    図 2 – シリアル ポートの仕様

    password_02.gif

  6. TCC を再装着します。

  7. TCC をブートします。

  8. TCC がブートし、Power On Self Test(POST; 電源投入時自己診断テスト)情報が画面上でスクロール表示されているときに、任意のキーを押してブート プロセスを中断します。

  9. c 」と入力しブート パラメータを変更します(図 3 の赤い矢印を参照)。

  10. Enter キーを押します。

    図 3 – システム ブート:「c」と入力

    password_03.gif

    メニューが表示されます。

  11. startup script が表示されるまで、Enter キーを押してメニューをスクロールします。

  12. pwd_recov 」と入力します(図 4 の赤い矢印を参照)。

    図 4 – システム ブート:「pwd_recov」と入力

    password_04.gif

  13. メニューの最後まで選択項目をスクロールします。

  14. ブート プロンプトで「@」と入力します。

  15. Enter キーを押して、ブート サイクルを続けます(図 5 を参照)。

    図 5 – システム ブート:「@」と入力

    password_05.gif

  16. スタンバイ モードになるまで、TCC にブート サイクルを継続させます。

  17. アクティブ TCC をリセットします。

  18. Cisco Transport Controller(CTC; シスコトランスポートコントローラ)を使用して ONS 15600、ONS 15454 または ONS 15327 ノードにログインし、デフォルト設定へのリセットが成功したかどうかを確認します。デフォルト設定には、CISCO15 というユーザ名とブランクのパスワードが含まれています。

  19. ノードに PING できることを確認してから、Telnet で ONS 15454 または ONS 15327 ノードにログインします。telnet <ip address> コマンドを使用して、NE にアクセスします。CTC と同じユーザ名とパスワードを使用します。パスワードのリセット後は、CISCO15 がユーザ名で、パスワードは設定されていません。

  20. システム プロンプト(->)で、「bootChange」と入力します(図 6 の矢印 A を参照)。 startup script が表示されるまで Enter キーを押し続けます。TCC で変更したものです。そのため、アクティブ TCC からこのパラメータを削除する必要があります。

    図 6 – bootChange と . を入力してpwd_recov を削除する

    password_06.gif

  21. . と入力し、Enter キーを押して、startup script フィールドをクリアします(図 6 の矢印 B を参照)。 この操作で pwd_recov が削除されます。

  22. 再度、「bootChange」と入力し、startup script フィールドを確認します。pwd_recov が削除されたことを確認します。

  23. Telnet セッションからログアウトします。

  24. ONS 15454 バージョン 3.4.2 を使用している場合は、スタンバイ TCC カードにデータベース書き込みを行うために、さらに変更作業が必要になります。これには、CTC でサイト情報またはサイト連絡先を編集します。この操作を実行しないと、アクティブ TCC をリセットしたときに、データベースが古いパスワードに戻ってしまいます。

  25. CTC でアクティブ TCC をリセットします。

  26. シャーシから TCC を取り外します。

  27. パスワード回復ケーブルを取り外します。

  28. TCC を再装着します。

    注:この手順に関して質問がある場合は、TACにお問い合わせください。

関連情報