アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

アクセスポイントってなに ?
Wi-Fi に必要不可欠なアクセスポイントとは何か?
無線ルータなど他の機器との違いについて解説します。

Wi-Fi:無線ネットワークについて

アクセスポイントは、無線(Wi-Fi)でネットワークを構築するための機器です。
パソコンやプリンタをネットワークに接続するために、ケーブルではなく電波を使用するのが無線ネットワークです。
有線でネットワークを構築する場合、パソコンやプリンタをスイッチと呼ばれる機器に接続しますが、無線でネットワークを構築場合は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの機器をアクセスポイントに接続します。

ルータと回線終端装置について

オフィスや家庭のネットワークからインターネットに接続するためには、回線終端装置ルータいうネットワーク機器が必要になります。
それぞれの役割は次のとおりです。

  • 回線終端装置:
    オフィスや家庭につながる光回線や電話回線で使用する信号と、パソコンやネットワーク機器で使用するデジタル電気信号を変換する。光回線では回線終端装置として ONU(Optical Network Unit)を使用し、光信号と電気信号を相互に変換する。
  • ルータ:
    パソコンやスマートフォンなど複数の機器が、同時にインターネットに接続できるようにする。たとえばスマートフォンで動画を観ながらパソコンでネットショッピングができるように、正しい経路でデータを送受信できるようにする。

ホームゲートウェイや Wi-Fi ルータについて

このように、たとえばスマートフォンから Wi-Fi でインターネットに接続する場合、アクセスポイント、スイッチ、ルータ、回線終端装置と、4 種類のネットワーク機器が必要になります。
ところが、とくに自宅でインターネット環境を構築したことがあればわかるように、実際にはこの 4 種類の機器すべてが必要になることは滅多にありません。フレッツ光などインターネット回線を契約すると、回線終端装置をレンタルすることになりますが、自宅での契約の場合は回線終端装置からアクセスポイントまでの各機能が 1 台に内蔵されたホームゲートウェイをレンタルできるケースが多くなっています。
このホームゲートウェイのように、本来は複数台の機器が必要な機能を 1 台に内蔵したネットワーク機器は他にもあり、家電量販店などで見かける Wi-Fi ルータは、アクセスポイント、スイッチ、ルータの機能を内蔵しています。

アクセスポイントが必要なワケ

では、ホームゲートウェイや Wi-Fi ルータがあれば、アクセスポイントは必要ないのでしょうか?
そんなことはありません。ホームゲートウェイや Wi-Fi ルータには設置場所が制限されるという問題があるために、アクセスポイントを単体で別途導入するほうがよいケースが多々あります。広いエリアで安定した Wi-Fi を必要とする場合にはアクセスポイントの導入が効果的です。
パソコンやタブレット、スマートフォンとアクセスポイントは、電波で接続および通信します。そのため、アクセスポイントを設置する場所はできるだけ、電波を遮る障害物がない、天井や壁面上部など見通しが良い場所が望ましくなります。これは、アクセスポイントの機能を内蔵しているホームゲートウェイや Wi-Fi ルータでも同じです。
ところが、ホームゲートウェイや Wi-Fi ルータは、ケーブルの長さに限界があり、回線の差し込み口から離れた場所に設置することが難しい場合がほとんどです。仮に問題なく見通しが良い場所に設置できたとしても、パソコンなど接続した機器の数だけケーブルが、見通しが良い場所だけにいっそう目立って室内の景観を損ねてしまいます。

さらにホームゲートウェイや Wi-Fi ルータなどの一体型の機器では、処理能力が足りずにネットワーク速度が低下する場合もあります。高速で安定したWi-Fi環境を構築するには、一体型の機器ではなく、アクセスポイントを設置することが最善の選択肢になります。

アクセスポイントの種類

アクセスポイントには屋内用だけでなく、屋外用があります。屋外用アクセスポイントの主な特長は、耐久性です。屋内よりもはるかに厳しい環境で使用されることを前提に、ほこりに強い防塵性能や、雨に強い防水性能、屋内よりも幅広い動作温度が求められます。

Cisco Meraki Go 屋内用

無線 LAN Wi-Fi アクセスポイント

Cisco Meraki Go 屋外用

無線 LAN Wi-Fi アクセスポイント

製品や購入方法に関するお問い合わせ