アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

スイッチの仕組み

スイッチがデバイスを相互に接続するネットワークの重要な構成要素となる仕組みについて説明します。

スイッチは、あらゆるネットワークの重要な構成要素です。スイッチは、建物またはキャンパス内の同じネットワーク上にあるコンピュータ、ワイヤレスアクセスポイント、プリンタ、サーバなどのさまざまなデバイスを接続します。接続されたデバイスは、スイッチによって情報を共有し、互いに通信できます。

アンマネージドスイッチ

アンマネージド ネットワーク スイッチは、接続するだけで機能するように設計され、構成不要です。アンマネージドスイッチは通常、基本的な接続に使用されます。多くの場合、ホームネットワークや、デスク、ラボ、会議室など、さらにいくつかのポートが必要とされる場所で使用されます。

マネージドスイッチ

マネージドスイッチは、ネットワークに合わせて構成をカスタマイズできるため、セキュリティが向上し、機能と柔軟性が強化されます。きめ細かく制御することでネットワークをより適切に保護し、ネットワークにアクセスするユーザへのサービス品質を向上できます。

ネットワークハブとスイッチ

ネットワークハブは、ローカルエリアネットワーク(LAN)内のデバイスが接続する中心的なポイントです。しかし、ハブベースのネットワークでユーザが共有できる帯域幅の量には制限があります。ネットワークハブに追加されるデバイスが多いほど、データが宛先に到達するまでに時間がかかります。スイッチにより、そうしたネットワークハブの制限を回避できます。

大規模なネットワークでは、異なるコンピュータシステムのグループを複数のスイッチで接続する場合があります。これらのスイッチは通常、ルータに接続され、ルータに接続されたデバイスはインターネットにアクセスできるようになります。

ルータの役割とネットワークにおける機能

スイッチによりネットワーク上のさまざまなデバイスが通信可能となる一方、ルータは異なるネットワーク間の通信を可能にします。

ルータは、コンピュータネットワーク間でデータパケットを転送するネットワークデバイスです。ルータはネットワーク化されたコンピュータをインターネットに接続できるため、複数のユーザが接続を共有できます。ルータは、組織内のネットワークを接続したり、複数の拠点にある支店をネットワーク接続したりするのに役立ちます。また、ルータはディスパッチャとして機能します。情報がネットワーク上を移動する最適なルートを選択して、最大限効率的に送信されるようにデータトラフィックを誘導します。

ネットワークスイッチとルータの設定方法

ルータに接続できるポートの数を増やす必要がある場合、ネットワークスイッチを設定してルータに接続できます。ネットワークスイッチはルータのポートの 1 つを介してルータに接続し、小規模オフィスネットワーク内でインターネットに有線接続されているデスクトップコンピュータ、プリンタ、ラップトップなどのデバイスの台数を増やすことができます。

環境に最適なネットワークデバイスを選ぶには、お客様の要件を把握しているシスコのセールスアドバイザにお問い合わせください。シスコは、安全で信頼性が高く、手頃な価格のネットワークをお客様の現在のニーズに合わせてカスタマイズしつつ、未来への明確な道を拓くお手伝いをいたします。

詳細は以下をご確認ください。

セキュリティ

シスコのリソースは、セキュリティの状況を把握し、ビジネスを保護するためのテクノロジーを選択する際に役立ちます。

コラボレーション

これらのツールや記事は、ビジネスの規模を拡大し、つながりを維持するために重要なコミュニケーションの決定に役立ちます。

ネットワーク

ネットワークを設計および保守するための適切な決定を行い、ビジネスの成功を支援する方法について説明します。

ツールとヒント

これらのニーズを満たし、ビジネスの拡大と成功に役立つ手引き、チェックリスト、およびその他のヒントをご紹介します。