アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ケーブル アクセス ソリューション

Cisco Infinite Broadband ソリューションでビジネスを変革

電子書籍をダウンロード

概要

ケーブル ネットワークでは、高帯域幅化、大容量化、サービス刷新への移行が進んでいます。 そのため事業者はコンバージド ケーブル アクセス プラットフォーム(CCAP)を構築する必要があります。 シスコのケーブル アクセス ソリューションは、フル CCAP およびオール IP インフラストラクチャに向けた、効果的でシンプルかつコスト効率の高い移行パスを用意しています。ソフトウェア定義型ネットワーキング(SDN)および仮想化技術を利用することにより、アクセス アーキテクチャの仮想化、統合、自動化を実現します。

AR30192-600x400

ビジネス変革の促進

シスコのケーブル アクセス ソリューションが、ネットワークの簡素化と OpEx の削減を支援します。その方法をご確認ください。

コンバージド ケーブル アクセス プラットフォーム(CCAP)

シスコのコンバージド ケーブル アクセス プラットフォーム(CCAP)では、DOCSIS データ サービスや MPEG ビデオ サービスを含むすべてのサービスを単一のシャーシに統合できます。既存のネットワーク アーキテクチャやサービス計画に基づいて、包括的な CCAP を確保できるアプローチを 3 種類(Evolved CCAP、Modular CCAP、Distributed CCAP)ご用意しています。

CCAP の詳細
evolved-ccap

Evolved CCAP

シスコの cBR-8 コンバージド ブロードバンド ルータは最先端 CCAP ソリューションとして、収益性の高いマルチギガビット サービスを実現できるようにケーブル事業者を支援します。 DOCSIS 3.1 向けに設計された統合型 CCAP 製品である cBR-8 は、すべてのサービスを統合するフルスペクトル プラットフォームです。Cisco Remote PHY 技術により、Distributed CCAP アーキテクチャ(DCA)もサポートします。

sfr-france-launches

SFR France 社では Cisco cBR-8 ケーブル アクセス プラットフォームを活用して、最新の 4K VoD サブスクリプション サービス「Zive」を提供開始しました。

光同軸ハイブリッド(HFC)アクセス

シスコの HFC アクセス ポートフォリオには、ノード、オプトエレクトロニクス、トランスポンダ、アンプ、タップが含まれています。これらはすべて、次世代 DOCSIS 3.1 およびコンバージド ケーブル アクセス プラットフォーム(CCAP)アーキテクチャに迅速に移行できるように設計されています。 

HFC の詳細

Remote PHY

cBR-8 と Remote PHY を利用して、アナログ ファイバ ネットワークをデジタル ファイバに変換できます。 cBR-8 は、ファイバ ディープ アーキテクチャ(ファイバ ノードでの Remote PHY)とハブ統合ソリューション(Remote PHY シェルフ)の両方をサポートします。