アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

IEEE 802.1 データセンター ブリッジング

標準ベースの機能をイーサネット ブリッジングに拡張

IEEE 802.1 データセンター ブリッジング(DCB)は、従来のイーサネットの機能を拡張する、標準ベースの拡張機能セットです。これらの拡張機能によってロスレス(無損失)のデータセンター トランスポート レイヤが実現し、LAN と SAN を 1 つのユニファイド ファブリックに集約できます。

Fibre Channel over Ethernet(FCoE)がサポートされるだけでなく、iSCSI やネットワーク接続ストレージ(NAS)などのビジネスに不可欠なストレージ トラフィックの運用能力も高まります。

データセンターの柔軟性が向上

DCB フレームワークでは、データセンター ファブリックを構成するスイッチやエンドポイントの機能が定義されています。以下のような内容が含まれます。

  • 優先度ベース フロー制御(PFC、IEEE 802.1Qbb)
  • 拡張伝送選択(ETS、IEEE 802.1Qaz)
  • EData Center Bridging Capability Exchange Protocol(DCBX)をサポートする Link Layer Discovery Protocol 規格(IEEE 802.1AB)への拡張

シスコはパイオニアとして、IEEE、IETF、および ANSI T.11 標準化団体においてデータセンター ブリッジングの重要な概念と機能の開発をリードしています。これらの取り組みは、相互運用可能なマルチベンダー データセンター ソリューションの開発と促進に寄与しています。

関連情報