アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

私たちは同じチームの仲間です。シスコとともにリモートワークを推進しましょう。

従業員のセキュリティを無料で確保

シスコ 2020 年版 CISO ベンチマークレポート

新しい 2020 年版レポートの発表:セキュリティの現在と未来

レポートの主な調査結果

CISO ベンチマークレポートは、2019 年後半に世界各地で合計 2,800 人を対象に実施したダブルブラインド方式の調査に基づいています。CISO アドバイザが専門知識を駆使し、調査結果から導き出されたベストプラクティス、侵害の影響に関する見識、セキュリティテクノロジーのトレンドを報告しています。

86%

ベンダーの統合が進み、業界の勢力図は以前よりもシンプルになりつつあります。現在利用している製品のベンダー数が 20 社以下の組織は全体の 86% でした。

42%

サイバー疲労を覚えている回答者は今年 12% 増加し、42% となりました。この傾向にはマルチベンダー環境が関係しています。

55%

組織がアウトソーシングを進める理由として費用対効果を挙げている回答者が最も多く、全体の 55% に上ります。

61%

侵害を自発的に公表する組織の割合は過去最高の 61% に達しました。

2020 年版 CISO ベンチマークレポートを読む

新しいレポートで 2020 年に考慮すべき 20 の事項をご確認ください。

シスコ サイバーセキュリティ レポート シリーズ

最新の 2020 年版レポートのテーマは、セキュリティの現在と未来です。

概要

シスコの Steve Martino(シニアバイスプレジデント兼 CISO)が『2020 年版 CISO ベンチマークレポート』を発表しました。

絶えず変化する脅威の情勢から組織を守る方法をご確認ください。

David Lewis(シスコ アドバイザリ CISO)が展示会場でレポートの内容について話した様子を、動画でご覧ください。

その他のレポート

レポートをお楽しみいただけましたか?シスコの最新のセキュリティ調査については、セキュリティ レポート シリーズのページをご覧ください。