アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

マルチクラウド管理をより簡単に

Cisco CloudCenter Suite では、クラウドの管理、コストの最適化、エコシステムの拡張を担う複数のモジュールを一体的に利用できるため、マルチクラウド管理を簡素化できます。複数のクラウドにわたってインフラとアプリケーションを安全に設計、展開、および最適化できるため、コストとコンプライアンスの目標を達成するのに役立ちます。

Cisco CloudCenter Suite を使う利点

一元管理

IT部門、DevOps や開発部門は、アプリケーションのモデル化、展開、管理を単一のセルフサービス ポータルから行えます。管理者は、アプリケーション、クラウド、ユーザに対して可視性とガバナンスを確保できます。

投資の最大活用

マルチクラウド、クラウドネイティブ機能、および(Cisco ACI、ServiceNow、シングルサインオンなどとの)ネイティブ統合機能といった先端技術が蓄積された新しいモジュールにより、高い付加価値を得られます。

管理性の向上

一貫性のある IT ポリシーと IT コントロールを適用できるため、信頼性と再現性のある方法でリスクを軽減し、セキュリティを向上させます。

エンドツーエンドの管理

オンプレミスおよびマルチ クラウドのどちらでも、既存(VM、ベアメタル)および新規(コンテナ)のインフラとアプリケーションのライフサイクルを管理可能になります。

特長

マルチクラウドのブループリント

クラウド間でアプリケーション ライフサイクル管理を標準化するため、インフラからアプリケーション プロファイルを抽象化できます。1 つの自動化アーティファクトを使用するだけで、マルチ クラウドまたはオンプレミスにおけるインフラとアプリケーションの設計、配置、最適化が可能になります。

マルチクラウドのガバナンス

オンプレミスとパブリック クラウドの両環境で、インフラとアプリケーションのポリシーベースのセルフサービス展開を可能にします。目的に沿ったガバナンス ポリシーを作成し、可視化と管理を一元化できます。

コストの最適化

包括的なコスト レポートと、ワークロード、ネットワーク、ストレージや拡張サービスの可視化をパブリック/プライベート クラウド インフラ全体で可能にします。インスタンス規模の最適化や、予約済みインスタンス、停止ポリシーなどに関する推奨策が提供されるため、クラウド消費量を大幅に削減できます。

DevOps の統合

技術統合やビジネス プロセスを確立することでワークフローや反復作業を自動化し、ビジネス プロセスを簡素化して人的ミスを減らします。プロジェクト ダッシュボードおよび CI/CD ツールとのネイティブ統合により、開発、テスト、実稼働の各段階で、アプリケーションの導入パイプラインでアーティファクトを効率的に管理できます。

エコシステムによる拡張能力

簡素化されたオーケストレーションとワークフローの自動化を実現します。これにより、Suite 内だけでなく、広範な種類のアダプタと標準インターフェイスを介して外部ともシームレスに統合できます。

Cisco CloudCenter Suite 向け Cisco Quick Start Services

3 種類のライセンスのいずれをお使いでも、Cisco CloudCenter Suite の迅速な導入をサポートします。シスコの専門知識と一元サポートを活用すれば、クラウド アプリケーションを迅速かつ効率的に設計、展開、最適化できます。

CloudCenter 4.9 に関する情報

2019 年 2 月現在、CloudCenter Suite 5.0 のみ新規インストールが可能です。CloudCenter 4.9 の製品サポート、ダウンロード、およびドキュメントは引き続きご利用いただけます。

販売促進

シスコ パートナーまたはシスコの従業員の場合は、  ログイン して関連資料を参照してください。

シスコ パートナーのソリューションをお探しですか?シスコのパートナー エコシステムにお問い合せください。