Guest

Master Collaboration スペシャライゼーション

シスコ プログラムへの申し込みがさらに簡単に

認定、スペシャライゼーション、ATP、Cloud and Managed Services のすべてを 1 つのプロセスで処理
詳細はこちら

収益性の向上をサポート

このスペシャライゼーションの活用により、音声およびユニファイド コミュニケーションの販売機会を拡大できます。
(1:43 min)[英語]

収益性の向上をサポート

メリット

Master Collaboration スペシャライゼーションは、コラボレーション ソリューション [英語] に基づく最高レベルの専門性を実証するものです。音声およびユニファイド コミュニケーション ソリューションを導入することで、顧客による迅速かつ効果的なコミュニケーション、カスタマー サービスの向上、時間と経費の節約が実現します。

Master Collaboration

シスコ チャネル パートナー プログラムは、パートナーによる市場機会の獲得能力を高める目的で設計されています。Master Collaboration スペシャライゼーションを取得済みのパートナーは、シスコ チャネル インセンティブ プログラムに参加できます。

  • ステップ 1:監査前の確認

    オンサイト監査のスケジュールを設定する前に、シスコは次の各条件をリモートで確認します。

    • 必要条件 証明手段
      Advanced Collaboration Architecture スペシャライゼーション Advanced Collaboration Architecture スペシャライゼーションを保持している必要があります。
      Certification & Specialization Application(CSApp)ツール上で確認します。
      CCIE Voice または CCIE Collaboration CSApp ツールで担当者をアサインしてください。
      プロジェクト管理の認定(1 名): PMI Project Management Professional(PMP)[英語]
      または
      OGC PRINCE2 [英語]
      パートナーは、Certification and Specialization Application(CSApp ツール)に証明書をアップロードしてください。
      カスタマー リファレンス:セキュリティ認定基準に基づいた高度な導入実績 5 件を実証する文書(Master Security および Master Collaboration のカスタマー リファレンス チェックリストを参照してください)。 カスタマー リファレンス チェックリストを完成してください。この文書には、5 件* のカスタマー リファレンスについて、導入実績の概要を記載してください。
      * 再認定(更新)の場合は、3 件のカスタマー リファレンスが必要です。
      シスコ チャネル システム エンジニア(SE)がご提出いただいたカスタマー リファレンスの内容を確認し、導入実績を検証します。SE はカスタマー リファレンス チェックリストを CSApp ツールにアップロードするか、SE が署名したカスタマー リファレンスをパートナーの管理者がアップロードします。これにより、カスタマー リファレンス チェックリストの確認と検証が完了したこととなります。
  • ステップ 2:オンサイト監査

    シスコのサーティフィケーション プログラム マネージャは、申請の確認後、外部監査法人にその申請を転送します。監査法人は監査の実施日について申請者に連絡します。

  • 注:パートナーが該当するスペシャライゼーションまたはサーティフィケーションの必要条件を満たすことができなくなった場合、シスコは任意の時期にそのスペシャライゼーションまたはサーティフィケーションを取り消す権利を留保します。パートナーは該当する条件を満たすことができなくなった場合、その事実を認識してから 30 日以内にシスコにその旨を通知しなければなりません。この通知が受領されると、パートナーは該当するスペシャライゼーションまたはサーティフィケーションの必要条件を再度満たすための猶予期間を得ることができます。この通知を怠ると、猶予期間を取得できなくなる場合もあります。猶予期間を得られなかった場合、または猶予期間の終了時までに該当するスペシャライゼーションまたはサーティフィケーションの必要条件を満たすことができなかった場合、シスコは当該スペシャライゼーションまたはサーティフィケーションをただちに取り消す権利を留保します。必要条件への不適合に関する詳細については、監査およびポリシーに関する資料をご覧ください。

    リファレンス ライブラリ