Guest

シスコとSky、CES 2015でSky AdSmartの取り組みを紹介


シスコとSky、CES 2015でSky AdSmartの取り組みを紹介

広告主が視聴者を選択可能な、有料テレビ放送コマーシャルの革新的なアプローチ 開始1年目ですでにキャンペーン総数1,000件を突破

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2015年1月7日

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)はCES 2015において、2,000万を超える契約者を持つ欧州地域有数のエンターテインメント企業Sky (以下、Sky)と共同で、最先端の手法によって成功を収めたアドレス指定ができるTVコマーシャルの紹介を行いました。

Skyが展開するSky AdSmartでは、150種類を超える基準に基づいてSkyの契約世帯を細かく区分し、同じ番組を視聴しながら世帯ごとに異なるターゲットのコマーシャルを流すことができます。これまで1年間、英国とアイルランドで数百万戸におよぶSkyの契約世帯に対してSky AdSmartの取り組みを展開してきた結果、新たな広告主を呼び込み、Sky Mediaに新たな収益をもたらすようになりました。

Sky AdSmartのテクノロジーは、衛星放送事業者のマルチキャスト環境下においてターゲット広告の持つユニキャスト特性を克服しています。ターゲットとなるコマーシャルを契約家庭に設置したDVRに保存し、番組放送中にどのコマーシャルを挿入すべきかのシグナルを伝達することによって、さまざまな形や規模の企業やブランドが視聴者に合ったコマーシャルを特定できるようになり、衛星事業者は新たな収益機会の可能性を追求できるようになります。広告主は、年齢や住んでいる場所、ライフスタイルなど、さまざまな要素から適切なものを選択し、Skyが独自に収集したデータと、公的に入手可能な消費者のプロファイル分析を専門とするExperian社からの情報を組み合わせたデータを基に、特定の視聴者を対象にしてコマーシャルを流すことができます。Skyは欧州の放送事業者として初めて、個々のレベルまで細かく対象を選別したターゲット リニア広告の配信を実現し、世界で初めてターゲット広告をエンドツーエンドで提供する大規模広告システムを実現しました。Skyはこの広告配信システムによって、企業や広告代理店のテレビコマーシャルへの投資拡大を実現させています。

Skyはシスコと連携し、Sky AdSmartのエコシステム用に新たなサービス制御ソリューションを開発し、社内やサードパーティによって開発されたコンポーネントを含んだ既存のビデオインフラに統合しました。シスコはVideoscape Cloudソリューションのポートフォリオを活用し、Sky AdSmartのエコシステムに以下のような機能を提供しています。

  • チャンネルの放送スケジュールおよび送受信の自動インターフェース
  • デジタル エンコーダの制御と管理
  • メタデータの作成および生成
  • デジタル多重化とアップリンク機能
  • DVRディスクストレージとファイリング制御
  • 条件付きアクセスとデバイス アドレサビリティ
  • ライブ、保存のトランスポートストリームのデマックスおよびデコーディング
  • ビデオ プレゼンテーション技術
  • オーディエンス評価システム
  • アプライアンスレベルのイベントロギングとIPリターンパス データのレポーティング

これらすべての機能をエンドツーエンドにフレーム単位の正確なタイミングで効率的に管理するため、シスコはSkyと共同でこのターゲット広告配信システムの多様な要素を自動化する次世代の制御プレーンソリューションの開発にも取り組みました。

2014年初頭にSky AdSmartが発表されて以来、英国を拠点とする357の広告主がこのテクノロジーを利用しておよそ1,000本以上の独自のキャンペーンを実施してきました。これまでSky AdSmartを利用した広告主の77%は、それまでTVやSkyで広告展開をしたことのない企業です。Skyの契約世帯にこれまで送達されたSky AdSmartのインプレッション数は合計8億9,500万にも達しています。

コメント

  • Sky、グループCFO兼コマーシャル ビジネス担当マネージング ディレクター、アンドリュー・グリフィス(Andrew Griffith)氏
    「当社とシスコの協力によって開発されたSky AdSmartによって、業界で初めて、視聴者層をここまで細かく区分できるようになり、多くの企業にとってテレビをより身近なメディアにすることが可能になりました。Skyとシスコのテクノロジーを組み合わせることによって、これまでテレビメディアは対象が余りにも広すぎると考えていた企業や、視聴者を十分に絞り込むことができないと感じていた各地域の地元企業にとってもテレビ広告が利用しやすくなりました。Sky AdSmartを利用することで大きな成果を上げる企業が急増しており、2015年には広告主がさらにSky AdSmartの利用を拡大するものと期待されます。」
  • シスコ、開発・セールス担当プレジデント、ロブ・ロイド(Rob Lloyd)
    「シスコとSkyは長期にわたってこの意欲的なプログラムに取り組んでいます。Sky AdSmartによって広告主はより正確にターゲットを定めてキャンペーンを展開できるようになり、有料テレビ放送広告での収益増加の可能性を広げると同時に、メディアに革新的なツールを提供してカスタマイズやパーソナライズ、アナリティクスなど広告主のための機能を強化することで新たな広告主を獲得できるようになります。Sky AdSmartはシスコのVideoscape Cloudソリューションがメディア・放送業界の新たな成長機会を切り拓くことにいかに貢献しているかを示す一例であり、この革新的な広告モデルの果てしない可能性を今回のCESでご紹介できることを嬉しく思います」

関連リソース

Skyについて

Skyはイタリア、ドイツ、オーストリア、英国、アイルランドの5カ国で展開する欧州有数のエンターテインメント企業で、グループ全体の契約件数は2,000万戸を超えています。質の高い多彩な放送コンテンツを提供すると同時に、業界トップクラスのカスタマーサービスを実現し、革新的な最新技術を活用していつでもどこでも好きな番組を楽しむことのできる優れたテレビ体験を顧客に提供しています。

Skyは年商110億ポンドを越える欧州有数のテレビネットワークとして、グループ全体で番組制作に46億ポンド以上を投じています。ロンドン証券取引所の上場企業(SKY)であり、現在、約31,000人の従業員を擁しています。

# # #

*Cisco およびシスコ ロゴは、シスコまたはその関連会社の米国およびその他の国における商標です。シスコの商標の一覧については、http://www.cisco.com/web/JP/trademark_statement.htmlをご覧ください。記載されているサードパーティの商標は、それぞれの所有者に帰属します。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1305R)

* 米国で発表されたニュースリリースの内容は、以下をご参照ください。
<Cisco and Sky Showcase Sky AdSmart at CES 2015>