Guest

ワールドニュース


Jazan Economic City がシスコの Smart+Connected Communities マスター プランを採用、サウジアラビアに世界水準のスマート シティ サービスを開発へ

居住者にスマートなライフスタイルを提供する、多国籍企業の誘致に有利な環境を構築

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2010 年 2 月 1 日、サウジアラビア ジェッダ発

米国シスコ(本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ)は、約 100 平方キロメートルの広さを持つ「スマート シティ」建設プロジェクト、Jazan Economic City(JEC)の情報通信技術(ICT)マスター プラン構築の支援企業に任命されました。この Smart+Connected Communities プロジェクトは JEC のマスター プラン開発を行っているマレーシアの MMC Corp. および Saudi Ben Laden Group(SBG)との協力のもとに実施されるもので、1,000 億サウジ リアル以上の大規模な海外投資を呼び込み、エネルギー生産、素材、人材、ライフスタイル産業などの主要産業をこの都市内に確立することを目的としています。また、JEC に新たに設立される多様な産業やサービス業から、50 万人分以上の新たな雇用の創出を目指しています。

概要

  • シスコの Smart+Connected Communities は、物理的なコミュニティから接続されたコミュニティへの移行を通じて、持続可能な経済成長の実現、リソース管理や効率的な運用による環境保全、生活の質の向上に貢献します。シスコは構想段階から実現段階までお客様と一緒に作業を行います。ネットワーク上の垂直型ソリューションをオープンな統合プラットフォームとし、また、パートナーの広範なエコシステムと革新的なビジネス モデルを活用することにより、全く新しい方法でコミュニティの設計、建設、管理、改善に取り組みます。Smart+Connected Communities の住民は、家庭、学校、交通機関などに広がるテクノロジー ソリューションを通じ、生活を豊かにするさまざまな情報やサービスを享受できます。
  • シスコは、住民が自由に生活し、働き、学び、遊ぶことのできる、安全で活気に満ちたコミュニティの育成に、政府と民間企業が協力して取り組むことが重要だと考えています。これを実現するため、シスコは、コミュニティのプランニングや日常の運用管理に役立つソリューションを開発してきました。シスコは、自社の Connected Real Estate を 活用したネットワーク アーキテクチャを ICT 基盤とし、JEC のすべての建物を相互接続して、セキュアなスマート サービスを提供する計画です。
  • Jazan Economic City は、ジーザーン市から 60 km 北西の紅海沿岸に開発される予定となっています。この場所は国内外の市場に近く、紅海沿岸の重要なハブとして機能するため、アジアやアフリカとの貿易に有利であり、重要な投資機会を提供するとともに港湾利用や貨物輸送にも便利です。この経済都市は、3 分の 2 を先進産業地域が占め、残りは湾岸の周辺区域に建設される住宅地域となります。この湾岸の住宅地域は、この都市に住むと予測される約 250,000 人の勤労者のライフスタイルに合う多様な住居を提供できるように設計されています。
  • この都市計画では、主要産業、技術交流、商業、貿易、雇用機会、教育訓練、住居、そして、約 300,000 人と見込まれる住民の多様な社会経済活動に対応できるよう質の高い環境が用意されています。
  • シスコの Smart+Connected Communities 計画は、民間不動産市場にソリューションとサービスを提供し、不動産の建設と運用から利益を得ようとする個人や企業に付加価値を提供できるような設計となっています。Connected Real Estate の原則を適用することで、収益拡大、コストの軽減とそれに伴う利益の増大、株価の上昇が期待できます。
  • JEC では、都市サービスの運用をスマート データセンターのネットワーク インフラで集中管理し、運用コストの軽減を図ります。JEC のネットワークは、商業ビル、住居ビル、産業地域にまたがるデータ、音声、ビデオ、無線の通信に対応できるように設計されます。
  • このプロジェクトは、若年層の雇用創出や、海外からの投資、国際貿易、商工業の振興によって経済を活性化させようとするサウジアラビアの施策の一環として計画されています。

コメント

  • JEC のプロジェクト ディレクタ、アズリーン・アジズ氏
    「シスコは世界各国で Smart+Connected Communities の構築や管理に取り組んでいます。このようなシスコの豊富な経験は、JEC の情報通信サービスの計画や実現に大きく役立っています。シスコの提供する実際的かつ 妥当な枠組みによって、JEC は、住民にとっても投資家にとっても、安全かつ便利で活気に満ち、費用効果の高い魅力的な都市になるでしょう」
  • シスコ アドバイザリ サービスのシニア ディレクタ、キャスパー・ヘルツバーグ
    「シスコの Smart+Connected Communities 計画は世界のどこにでも適用できるように開発されており、地域における不動産開発を大きく変えていく可能性を秘めています。シスコは、MMC および SBG と協力し、世界水準のスマート サービス プラットフォームの提供を通じて JEC の構想の実現に貢献したいと願っています」

参考リンク

Jazan Economic City(JEC)について

Jazan Economic City(JEC)は、サウジアラビア最先端の重工業区域であり、洗練された都市設計にエネルギー集約型産業が誘致された、これまでにない環境を実現します。

JEC はジェッダの南 725 km の紅海沿岸に計画されている総面積約 100 平方キロメートルの経済都市で、予測される総人口は 30 万人、総投資額は 270 億ドルにのぼります。JEC では、共生開発を基本方針として、相互促進型の産業クラスタの構築が計画されています。港湾、発電、脱塩、石油、アルミニウム、鋼鉄、銅といった主要産業の強みを活かし、成長を続ける地域環境に製薬、食品加工、先端農業技術など多様な産業の育成機会を提供します。

JEC は人口増加地域の中心でもあります。人口減が予測されている欧州とは対照的に、サウジアラビア王国、イエメン、スーダン、エチオピア、エリトリアといった JEC 周辺地域では今後 25 年間に人口が倍増すると見込まれています。また、欧州や米国市場が縮小しつつあるのに対し、アフリカやアジアの市場は今後も拡大が期待されています。詳細については、http://www.jazanecity.com/en/index.html を参照してください。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)