アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

国立研究開発法人 国立がん研究センター

多要素認証と PC 健全性確認で安全性を高め、テレワーク拡大に向けた先行導入を実施

概要

課題

  • COVID-19 感染拡大によりテレワークの拡大が急務に
  • 貸与 PC の調達が難しい緊急事態に、自己保有 PC の利用を決断
  • 多要素認証によるユーザ確認とデバイスの健全性チェックを実施したい

ソリューション

  • 従来の Cisco Any Connect(VPN)によるリモートデスクトップに Cisco Secure Access by Duo による多要素認証とデバイス健全性チェックを追加
  • ユーザの利便性を損なわずテレワークの安全性を強化
  • 検討から約 1 ヵ月の短期間で立ち上げ

結果~今後

  • 事務系職員 約 20 名を対象としたテレワーク拡大トライアルを実行
  • ユーザのリテラシーやコスト面などを勘案しベストな方策を継続して検討

「Cisco Secure Access by Duo はいま、対応が求められる多要素認証がスピーディに実現できる、まさにテレワークのためのソリューションだと思います。」

─国立研究開発法人 国立がん研究センター 情報統括センター 副センター長 田中 勝弥 氏

 

国立研究開発法人 国立がん研究センター

所在地  東京都中央区
設置 1962 年
職員数 3,774 名(2020 年 4 月 1 日時点)
URL https://www.ncc.go.jp/

この事例をご覧の方は以下の事例も閲覧されています