アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

日産自動車株式会社

「生産技術のインテリジェント化」を目指し、最新技術を採用した IoT ネットワークを構築

概要

課題

  • 労働集約型の生産を脱却しつつ“匠”の技術を継承するため、ロボットや IoT を活用した生産技術のインテリジェント化が重要に
  • 様々な機器やデジタル技術を工場に導入する際は、それらの稼働を見える化し、適切に管理・制御する仕組みが不可欠
  • 生産ラインはビジネスの生命線であり、稼働を支える IoT ネットワークにも、高い安定性・信頼性・拡張性が求められる

ソリューション

  • 製造業界向けの多彩な製品ポートフォリオとグローバルの実績で培った技術力を評価
  • 産業用イーサネットスイッチの Cisco IE シリーズをベースに、生産系と情報系を連携した統合ネットワークを構築
  • Cisco Industrial Network Director(IND)と Cisco Identity Services Engine(ISE)を活用した IoT ネットワーク接続デバイスのセキュリティ管理を実現

結果~今後

  • 正式稼働に向け、新ネットワークを活用したe-パワートレイン自動生産ラインの立ち上げ作業が進行中
  • 新ネットワークは生産ラインのテスト段階から活用し、品質課題や設備稼働ロスなどの洗い出し・改善を進めている
  • 情報系ネットワークとの連携メリットを活かしたリモートコミュニケーションを実施。コロナ禍でも現場業務を継続
  • 栃木工場で実現したネットワークデザインを標準化し、統一されたポリシーをグローバルに展開していく

「最新のデジタル技術をキャッチアップして生産技術をインテリジェント化していく。これが次世代のクルマづくりのカギになっています。この活動を推進する上で、ネットワークは極めて重要な役割を担います」

─日産自動車株式会社 パワートレイン技術企画部 主管 村井 勇一氏

 

日産自動車株式会社

所在地(本店)  神奈川県横浜市
設立 1933 年(昭和 8 年)12 月
従業員数 2 万 2791 名(単独)、13 万 8893 名(連結)
URL https://www.nissan-global.com/JP/

この事例をご覧の方は以下の事例も閲覧されています