アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ハイパーコンバージドインフラにより新たに統合仮想化基盤を構築

概要

課題

  • 住民情報系と内部事務系の 2 つの基盤が存在し、運用とコストが二重化
  • リソースの全体最適化を図りたい

ソリューション

  • ハイパーコンバージド インフラで基盤と運用を統合、一元化

結果~今後

  • 止められない住民サービス基盤として、耐障害性と移行しやすさが有効
  • オールフラッシュ メモリ ストレージによる高パフォーマンス
  • 運用工数が削減され、本来業務に集中できる
  • 機器および構成がシンプル化して、障害発生ポイントが削減
  • 従来比 1/3 の省スペース化を実現
  • 働き方改革への取り組みを進める

"運用工数とコスト、リソースの全体最適化を目指し、
住民情報系と内部事務系を共通の仮想化基盤上に統合しました。"

─武蔵野市 総務部 情報管理課長 武田 将人 氏

 

武蔵野市役所

所在地  東京都武蔵野市
規 模 職員数 741 名(平成 29 年 4 月現在)
総人口 146,465 人/世帯数 76,791 世帯
URL http://www.city.musashino.lg.jp/

こちらもご覧ください。

Cisco HyperFlex システムの詳細は www.cisco.com/jp/go/hyperflex を参照してください。