Guest

国立情報学研究所

国立大学 80 校で共同設立する SOC に  次世代ファイアウォールを導入して運用を支援

国立大学 80 校で共同設立する SOC に次世代ファイアウォールを導入して運用を支援

概要

課題

  • 国立大学 80 校のセキュリティ対策強化の一環として、共同で設立する SOC の運営を専門的な知見を基に支援
  • 大学でセキュリティ対策に携わる人材が不足しており、その育成が急務

ソリューション

  • ファイアウォール製品として、Cisco Firepower 9000 シリーズを導入
  • Snort ベースの製品で検知ロジックやシグネチャなど仕組みを理解しやすく、チューニングも行いやすい
  • 人材の育成にあたり、バランスが良く扱いやすい製品として選択

結果~今後

  • SOC の運用において実地検証を継続
  • 検知したインシデント情報を基にしたベンチマークデータの作成と提供を予定

"これからセキュリティ対策に取り組む人たちにとって扱いやすく、検知ロジックやシグネチャの仕組みを理解しやすいバランスのとれた製品として Cisco Firepower 9000 シリーズを導入しました。"

高倉弘喜氏
国立情報学研究所
サイバーセキュリティ研究開発センター・センター長
アーキテクチャ科学研究系教授博士(工学)

 

1300-nii-logo

国立情報学研究所

所在地 東京都千代田区
設立 2000 年 4 月
規模職員数   472 名(平成 29 年 4 月現在)