Guest

国立大学法人 横浜国立大学

Cisco PresenterTrack 機能で話者を自動追従し自然な遠隔授業を実現

Cisco PresenterTrack 機能で話者を自動追従し自然な遠隔授業を実現

概要

課題

  • 遠隔講義で話者が画面外に出てしまうと音声だけが聞こえている状態になり、不自然な体験になる
  • カメラを追従させるにはスタッフを別途配置する必要がある
  • 教材や資料をカメラで撮影して配信すると見づらいことがあり、授業の理解促進の妨げになる
  • 参加できなかった学生や、再学習のための録画が必要となる

ソリューション

  • Cisco TelePresence シリーズで利用できる Cisco PresenterTrack 機能で、固定カメラでありながら話者の自動追従を実現
  • Cisco WebEx の画面共有で教材や資料を直接学生の PC 画面に映し出し、見づらさを解消して授業の理解を促進
  • Cisco WebEx の録画機能を用いて講義を動画で保存

結果~今後

  • 講義の録画、配信など学内の情報システムと連携した運用を検討

"学生に情報ネットワークの先進技術を理解してもらうことはとても重要です。今回の遠隔講義は、シスコが持つ最先端の技術と機能を教育の分野で活用する好例となりました。 "

徐 浩源 氏
国立大学法人 横浜国立大学 国際戦略推進機構 理事補佐 国際担当
教授 工学博士

 

国立大学法人 横浜国立大学

国立大学法人 横浜国立大学

所在地   神奈川県横浜市
創立 1876 (明治 9 )年
規模 学生数 9,841 名
(学部、大学院 総計。 2016 年 5 月 1 日現在)
学部 / 学科数 4 学部 2 課程 10 学科
( 2017 年 4 月より 5 学部 1 課程 9 学科)
大学院 1 研究科、 4 学府
URL http://www.ynu.ac.jp