Cisco Solution Partner Program Japan

株式会社日立情報通信エンジニアリング - 音声データ利活用プラットフォーム RecwareL

株式会社日立情報通信エンジニアリング

株式会社日立情報通信エンジニアリング


〒220-6122
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3番3号
クイーンズタワーB 22階
http://www.hitachi-ite.co.jp/

資料ダウンロード

音声データ利活用プラットフォーム RecwareV (PDF - 819KB)


音声データ利活用プラットフォーム
RecwareV

 RecwareVは電話の会話を録音するシステムです。 ネットワーク上を流れるIP電話の音声パケットをキャプチャすることにより録音します。10数年間にわたって蓄積したコンタクトセンタ対応CTI技術のノウハウを生かして、使い勝手を向上しています。また証券会社や通信関係会社、放送会社など、信頼性が必要なユーザへの多数の導入実績があります。

 Cisco Unified CMサーバーとの相互接続認証試験を行い、Cisco Compatibleに認定されました。ソフトウェア化により、 RecwareVがCisco UCS EシリーズサーバーなどCisco UCSのサーバー上で動作することを可能にしました。

製品コンセプト

RecwareVの利用シーン

RecwareVの利用シーン


※画像をクリックすると、大きな画面で表示されます

略号
CS:Customer Satisfaction 顧客満足
SOX:Sarbanes-Oxley Act SOX法(企業改革法)
CSR:Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任
VoC:Voice of Customer 顧客の声

音声データの利活用でお客さまと共に新たな価値を創出します。

RecwareVプラットフォーム

※画像をクリックすると、大きな画面で表示されます

特長

●システム構成
RecwareVは、主にマネージャーサーバー(MNG)、ロガーサーバー(SLGR)とPBXゲートウェイ(GW)などから構成されます。 PBXゲートウェイは、各社のIP-PBXやCTIシステムから通話(呼)情報を取得します。

システム構成

※画像をクリックすると、大きな画面で表示されます

  1. 呼制御に依存しないVoIP対応の音声パケットキャプチャー方式
  2. 音声認識に対応した送受話分離録音
  3. ロガー(SLGR)で音声ファイル化し、マネージャー(MNG)で管理する機能分担方式
  4. キャプチャー対象パケットのみを抽出するフィルタ機能部(SFLT部)+ファイル化部(SLGR部)構造のSLGR
  5. 検索等に使える豊富な付加情報
  6. CRM等連携用SDKの提供
  7. IP-PBX GW(CS-GW)が、Cisco Unified CMと連携し、Cisco TSP (TAPI)を使用して通話(呼)情報を取得
  8. ネットワークにやさしい録音データ転送方式 (http転送、暗号化、スケジュール転送)

●高性能ソフトロガー サーバー
 録音を行うロガーサーバーあたり1,000通話超の同時録音が可能です。データセンターへのシステムの統合などによる録音数増大に対して、必要なサーバー台数を削減でき、センター内ラック占有エリアの削減および消費電力の低減を図ることが可能になります。

●マネージャー統合管理
 音声録音マネージャサーバーは、IP電話機端末台数換算で10,000端末の録音を管理でき、さらに複数マネージャーサーバーの統合管理(横断的検索など)により大規模化へスケーラブルに対応可能です。

●ソフトウェア化によるクラウド対応を実現
 オンプレミス、クラウドいずれの環境でも、物理サーバーの効率的利用を可能にします。

●外部アプリケーションとの連携が可能
 CRMから検索・再生、CRMに登録された「顧客名」「顧客社名」「問い合わせ種別」「問い合わせ品名」などの情報を追加しての検索、あるいは各種音声認識システムとの連携を可能にするAPIを提供します。

●追いかけ再生機能による通話中の会話の確認
 お客さま応対中(通話録音中)に問題が起きたとき、管理者がそれ以前の会話を高速で再生して通話内容を把握後、解決のための支援が可能です。

●音声系ネットワーク構築から通話録音までワンストップ対応
 国産の自社開発システムなので、開発〜保守まで一貫サポートします。

Cisco製品との連携と効果

Cisco UCSサーバーと連携した効率的音声データ活用基盤を実現します。

【1】 RecwareVの各種サーバー類をCisco UCSに集約することにより、運用容易化やコスト削減が可能です。 (独立したサーバーハードウェアが不要)

【2】 Ciscoスイッチのリモートミラーリング機能の活用によって、モニター対象の設定が容易となり、ロガーサーバーを仮想環境に設置することが可能です。 (構築期間短縮)
  導入時の既存環境への影響が少なく、RecwareVのソフトウェアインストールのみでクラウド環境への集約が可能です。

Cisco製品との連携と効果

※画像をクリックすると、大きな画面で表示されます

製品情報
製品の詳細 http://www.hitachi-ite.co.jp/products/recware3/index.html
認定済みシスコ製品 Cisco Unified Communications Manager 8.6
お問い合わせ 日立情報通信エンジニアリング 050-3163-5775