Cisco Solution Partner Program Japan

富士通株式会社 - ContactFind

富士通株式会社

富士通株式会社


〒144-8588
東京都大田区新蒲田1-17-25
富士通ソリューションスクエア
http://jp.fujitsu.com/ 

資料ダウンロード

ContactFind (PDF - 304KB)


「 ContactFind 」は Unified IP PhoneやPHS と連携したパソコンのブラウザに加え、スマートフォン、タブレットなどさまざまなデバイスから簡単にご利用いただくことが可能な Web ベースの電話帳アプリケーションです。
電話、プレゼンス、インスタントメッセージ、Web 会議など多彩なコミュニケーションツールと連携可能です。

イメージ

電話機能のみならず、インスタントメッセージ、Web 会議 ( Cisco WebEx Meeting Center ) など多彩な コミュニケーションツールと連携可能となっており、相手と連絡する場合のポータルアプリケーションとして利用できます。

FUJITSU Network 統合コミュニケーションシステム
ContactFind コンタクトファインド
特長

  •  電話帳からさまざまなコニュニケーションを実現
    • 電話帳画面の電話番号をクリックすることで相手に電話発信が可能です。
    • プレゼンス※1を確認し、相手の状態に合わせた最適なコミュニケーション手段を選択できます。
    • 通常の接続 (クリック TO コール) 方法の他に、会社側から発信元 (本人) と発信先 (通話した相手) の双方を呼び出す二者接続発信が可能です。二者接続発信では通話料金が会社課金となりますので、公私分計の課金管理が可能です。
    • 電話帳画面から、簡単な操作で Web 会議の開催や招待ができます。 
  • スマートデバイスでどこからでも簡単に利用
    • スマートデバイス専用アプリで素早く検索できます。
    • スマートフォンやタブレットに検索結果を残さず、万が一の場合でもアクセス ID を停止するだけで、安心して利用可能です。
    • FENICSU ユニバーサルコネクト 携帯ブラウザ接続サービスで提供する「 FENICS ブラウザ※2」を利用することで、スマートフォンやタブレットからも Web ブラウザでセキュアに Web 電話帳へのアクセスが可能です。  
  • 運用の負担軽減を実現
    • 管理者によって連絡先情報を一元管理でき、利用者全体で共通の電話帳として利用可能です。
    • Active Directory※3(以下AD)のデータ(アドレス情報や部門情報など)を Web 電話帳に取り込むことが でき、構築やメンテナンス作業の効率化を図ることができます。
    • AD と連携することで、AD で管理しているユーザIDとパスワードで Web 電話帳にログインできます。( LDAP 認証)

※1: Cisco Unified Presence および、富士通 UnifiedLink プレゼンスサーバなどと連携して、プレゼンス情報を表示することができます。
※2:FENICS ブラウザとは端末に業務データを残さない、スマートフォン・タブレット端末などのスマートデバイス専用の富士通独自ブラウザです。 なお、スマートフォンから FENICS ブラウザ経由で Web 電話帳にアクセスした場合、プレゼンスは表示されません。
※3:Active Directory(アクティブディレクトリ)はマイクロソフト社にて提供されているディレクトリ・サービス・システムです。


製品情報
製品の詳細 http://fenics.fujitsu.com/products/uc/contactfind/ 
認定済みシスコ製品 V01 Cisco Unified Communications Manager 7.0, 7.1, 8.5, 8.6, 9.1
※ ピックアップ機能は 8.5以上が必要となります
V02, V03 Cisco Unified Communications Manager 9.1
V04 Cisco Unified Communications Manager 10.0
お問い合わせ 富士通コンタクトライン 0120-933-200