Internet of Things(モノのインターネット)

Internet of Things で新たな製品や収益機会をつかむ

シスコは、2020 年までに 500 億のデバイスやモノがインターネットに接続されると予測しています。しかし今日では、世界に存在するモノの 99 % 以上はまだネットワークにつながっていません。インターネット上で、プロセス、データ、モノなどさまざまな要素が拡大し、互いが融合していくと、ネットワークを介したつながりによる関連性が増し、今までにない価値が生み出されます。この融合により、産業界、企業、人々に空前の機会がもたらされます。

IoT は、限定された地域でも世界的にも、あらゆる業界を変革する可能性を秘めています。これまでネットワークを利用できない、あるいは利用が現実的ではなかった場所にもネットワーク テクノロジーの導入を可能にします。課題は、適切なインフラストラクチャを構築することです。企業は、絶えず変化する規模やデータ管理の要件に対処する必要があり、安全性の高い相互運用性のある標準ベースのインフラストラクチャの構築を迫られています。

シスコでは、クラウドやデータセンターでデータを管理および保存する新しい方法を提供しています。製造石油・ガス運輸公共機関において生産性と効率性を改善できるシスコの製品、コンサルティング サービス、および業界別ソリューションをご確認ください。

シスコをフォロー

シスコによる IoT の定義

IoT をさらに拡張した Internet of Everything は、人、データなどあらゆるモノをつなげます。(2:00 min)[英語]

ビデオを観る