テレプレゼンス ソリューション

Cisco TelePresence で実現する“Any-to-Any”コラボレーション

シームレスな相互接続性【字幕付き】

シームレスな相互接続性【字幕付き】

ビデオ会議デバイスがあれば、誰でも Cisco TelePresence ミーティングに参加できます。(1:49 min)

この組み込みビデオを表示するには、最新バージョンの Adobe Flash Player (JavaScript 対応)が必要です。


Flash Player を入手する

Cisco TelePresence は、ビジネスのスピードアップや生産性向上を支援し、ビジネスに大きな価値をもたらします。生産性をより高めるだけでなく、既存のビデオ会議設備を活用することができるよう、Cisco TelePresence では H.323 などのオープンな標準規格を採用しています。そのため通常画質(SD)および高画質(HD)のビデオ会議、Cisco WebEx、その他のコラボレーション用アプリケーションと相互接続が可能です。

Cisco TelePresence の長所を生かして既存の投資を保護しつつ、あらゆる接続方法が可能な真の“Any-to-Any”コラボレーションを提供できます。

長所

  • 1つの会議に様々な種類のエンドポイントから Cisco TelePresence の会議に参加できます。SD なら 120、HD なら 30 のエンドポイントが同時に接続できます。
  • 各種標準規格(SIP、H.264、G.711/G.722、RTP) をサポートしています。H.323、SIP、または SCCP 標準に準拠しているビデオ会議エンドポイントであれば、どの機種でも Cisco TelePresenceと相互接続できます。また、Microsoft Office Communicator などの非標準エンドポイントとの相互接続も可能です。
  • ボタン 1 つで会議に参加できるなど、Cisco TelePresence エクスペリエンスが SD ビデオ会議ユニットを使用した会議でも同じように利用できます。HD 会議ユニットを使用する場合、映像の画質は 720p に変換されます。
  • ほかのシステムを既存の Cisco TelePresence システムに追加するだけで、会議に参加できるようになります。エンドポイントの変更も、接続手順、ゲートキーパー、マルチポイントなどの変更は必要ありません。ユーザはトレーニングなしにすぐ使い始められます。
  • マルチポイント ポートにより、1つの会議で最大 48 の Cisco TelePresence ルーム、または 最大 47 のビデオ会議を接続できます。ビデオ会議はすべて単一のマルチポイント Cisco TelePresence ストリームになるので、1 つの会議に、より多くの場所からより多くの人が参加できます。

Cisco TelePresence を知る

ビデオによる解説

お問い合わせ