セキュリティ ソリューション

Cisco Cognitive Threat Analytics

クラウドベースの脅威防御

高度な統計モデリングによって新たな脅威を特定して持続的な対処を可能にします。

クラウドベースの脅威防御

進化するセキュリティ

現在の高度な脅威を阻止するには、従来の防御型セキュリティ手法では不十分です。多くの高度な手法はネットワークに侵入するために、ポイントインタイム方式の弱点をついて、防御を回避する戦術を取ります。既存の脅威監視とインシデント対応ソリューションで、複雑なルール セットを手動(マニュアル)で設定して、新しく出現する脅威には追いつけません。

この課題に対するシスコの回答が Cognitive Threat Analytics による取り組みです。このクラウドベースのソリューションは、個々のネットワークの内部で動作する脅威の検出時間を短縮します。ふるまい分析や異常の検出により、マルウェアの感染やデータ漏洩の兆候を特定して、境界型防御が抱える現実とのギャップに対処します。

従来の監視やインシデント対応システムとは異なり、マニュアル ルール セットに依存しません。その代わりに、高度な統計モデリングと機械学習を活用した手法により、新たな脅威を個々に特定し、検出内容から学習して、持続的な対処を可能にします。

Cisco Cognitive Threat Analytics は、非常に優れた保護を提供し、脅威の変化に応じて進化します。次のような機能があります。

  • 自律的に脅威を検出し、人間の介入は不要
  • 攻撃手法ではなく兆候に注視し、異常なふるまいを監視
  • アルゴリズムと機械学習によって脅威と戦い、学習と対処を実行

次のメリットがあります。

  • 検出までの時間を短縮し、感染の範囲とダメージを緩和
  • 脅威に応じてセキュリティが進化し、出現した脅威を防御
  • セットアップとメンテナンスが簡単で、自動化によりコストを削減し、セキュリティを強化

Cisco クラウド Web セキュリティ(Cisco CMS)でサービスを利用しましょう

Cisco Cognitive Threat Analytics は Cisco クラウド Web セキュリティ ソリューションへのライセンスの追加で簡単に利用できます。複雑さを軽減しながら、脅威の変化に応じて進化する優れた保護を利用できます。

詳細はこちら

お問い合わせ