ユニファイド コミュニケーション管理ソリューション

イントロダクション

統合型ネットワークによる生産性の向上とコストの削減を実現するために、音声およびコミュニケーション アプリケーションをデータ ネットワークに移行しようとする企業は、ますます増加しています。従来の PBX ベンダーが勧めるハイブリッド ソリューションでは、最終的にネットワークの容量が制限されます。これに対し、シスコの柔軟でスケーラブルなユニファイド コミュニケーション システムは、生産性とコスト効率を最大限に向上させるコミュニケーションを提供します。


ユニファイド コミュニケーションとデータ ネットワークが統合されると、これまでとは異なるネットワーク管理が必要になります。統合型ネットワークは、安全性と復元性を備える一方で、エンド ユーザに対してだけでなく、バックオフィスの音声およびデータ管理に関しても、生産性の大幅な向上を実現するものになっている必要があります。


管理のライフサイクル

管理のライフサイクル

ユニファイド コミュニケーション ソリューションでは、生産性の大幅な向上を実現するために、管理アクティビティのライフサイクル全体を網羅する必要があります。また、ユニファイド コミュニケーション ソリューションは単に音声やデータを扱うのでなく、むしろ音声アプリケーションとして捉えるべきものなので、それを管理する ユニファイド コミュニケーション管理ソリューションでは、ユニファイド コミュニケーション全体のステータスを提示するダッシュボード ビューを提供することが重要になります。


Cisco Unified Operations Manager と Cisco Unified Service Monitor によって提供されるシスコ ユニファイド コミュニケーション管理ソリューションは、数百台から 10 万台以上の電話で構成される音声ネットワークに対応します。これらのツールは、管理ライフスタイルのすべての段階を網羅します。


シスコ ユニファイド コミュニケーション

シスコ ユニファイド コミュニケーション※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。popup_icon

Cisco Unified Operations Manager は、シスコ ユニファイド コミュニケーション システム全体の統合ビューを提供し、ユニファイド コミュニケーション ネットワークの各要素の現在の動作ステータスを示します。Cisco Unified Operations Manager は、Cisco Unified CallManager、Cisco Unified CallManager Express、Cisco Unity、Cisco Unity Express、Cisco Unified Contact Center、ゲートウェイ、ルータ、電話などのさまざまな IP コミュニケーション要素の現在の動作ステータスを継続的に監視すると共に、トラブルをすばやく特定して解決するための診断機能を提供します。音声ソリューションやデータ インフラストラクチャの一部のみに焦点を当てた他の製品と異なり、Cisco Unified Operations Manager はソリューション全体の単一のダッシュボード ビューを提供します。


Cisco Unified Service Monitor は、シスコ ユニファイド コミュニケーション システムの呼の品質を監視および評価してユーザ エクスペリエンスを最適化するための、低コストで信頼性の高い方法を提供します。Cisco Unified Service Monitor は、アクティブな呼を監視し、呼の音声品質がユーザ定義の品質規定を満たさない場合に、リアルタイムで通知を提供します。問題をすばやく識別することで、問題の発生後しばらく経過してからデバッグを行うのではなく、リアルタイムで簡単にデバッグを行えるようにします。


Cisco Unified Service Monitor は、Cisco 1040 センサーを使用して、通話中の呼に関する情報を収集します。Cisco 1040 センサーは、スイッチのスパン ポートに差し込むだけで使用できます。このセンサは PoE(Power over Ethernet)で動作します。そして構成を自動的に行い、通話中の呼に関する情報の収集を開始します。Cisco Unified Service Monitor は、ユーザ定義のしきい値を超えた呼についての警告をリアルタイムで提供し、MOS(Mean Opinion Score)と、考えられる原因を表示します。

関連製品

ネットワーク管理



ユニファイド コミュニケーション



お問い合わせ