WLAN を利用したユニファイド コミュニケーション

イントロダクション

エンタープライズ モバイル コミュニケーションの拡大

業務にモバイルを利用する従業員が増えるにつれて、シームレスなコラボレーションとビジネス効率向上を可能にするユニファイド モバイル ワークスペースの重要性が高まっています。シスコ ユニファイド コミュニケーションを WLAN にまで拡大し、Cisco Unified Wireless Network を活用すれば、WLAN 上で単に音声を配信するという以上のものが可能になります。モバイル従業員は、エンタープライズ キャンパスやブランチのどこからでも、重要な情報やコラボレーション ツールにアクセスできるようになります。適切なネットワーク、適切なアプリケーション、そして適切なデバイスによって、常に同じユーザ エクスペリエンスが作り出されます。

適切なネットワーク

今日のモバイル ワーカーの要望を満たす適切なネットワークは、エンドポイント、アプリケーション、および VoIP(Voice over IP)ゲートウェイの間のマルチメディア コミュニケーション処理を管理する シスコ ユニファイド コミュニケーション インフラストラクチャに、ユニファイド コミュニケーションをサポートするための重要な機能を備えた有線/ワイヤレス完全統合ソリューションである Cisco Unified Wireless Network を組み合わせることで実現します。このようなネットワークでは、次のような機能がサポートされます。

  • QoS(Quality of Service)
  • 1 つのワイヤレス ネットワークの中での高速セキュア ローミング
  • バッテリ電力管理
  • 中央集中型の RF プランニング/音声最適化ツール
  • シスコ サービス

適切なデバイス

適切なデバイスとは、各ユーザの作業に最も適したデバイスのことです。モバイル ワーカーが選択できるデバイスには、Cisco Unified Wireless IP Phone 7921G の他に、Cisco Compatible Extensions プログラムを通して認定されたサードパーティ製のモバイル デバイス、たとえばデュアル モード電話機やワイヤレス ノート PC があります。

適切なアプリケーション

ユニファイド モバイル ワークスペースでは、どこからでもアプリケーションにアクセスできることが必要です。これにより、モバイル ワーカーの生産性が維持できるからです。これに該当するアプリケーションには、任意のモバイル デバイスから実行できるユニファイド メッセージング、オンデマンド コラボレーション会議、およびプレゼンス、あるいはマルチメディア クライアント(コール制御、プレゼンス、およびディレクトリの機能を実行)などがあります。

主な製品とソリューション

注目のコンテンツ

Cisco Unified Communications over Wireless LAN がモビリティと収益性を促進

ワイヤレス ネットワークのモバイル性と柔軟性をシスコ ユニファイド コミュニケーションに取り入れ、モバイル性の高い従業員に、コストの削減、生産性を高めるツールの利用、安全性と管理性をもたらします。

モビリティ ソリューションによるシスコ ユニファイド コミュニケーションの拡充

シスコ ユニファイド コミュニケーションのモビリティ コンポーネントの強化と拡張により、従業員はどこにいてもシスコ ユニファイド コミュニケーションを利用して効率的で迅速なコミュニケーションを実現できます。

Voice over Wireless によるコストの削減と生産性の向上

モビリティを音声テクノロジーと組み合わせることで、コミュニケーションを改善して生産性を向上させながら、テレコミュニケーション コストを減らすことができます。

音声サービスによるビジネス モビリティの向上

音声サービスをワイヤレス ネットワークに組み込むことで、コラボレーションと迅速な対応をさらに改善し、新たなコスト削減を実現できます。

お問い合わせ