IPv6

このコンテンツを表示するには、最新バージョンの Adobe Flash Player(JavaScript 対応)が必要です。
Flash Player のダウンロード

お問い合わせ先


変化するインターネット

2011 年末までに、IPv4 アドレスは枯渇します。新規のお客様やインターネット トラフィックは、次世代インターネット プロトコルである IPv6 を使用することになります。インターネットの加速度的成長は、私たちの働き方、暮らし方、遊び方、学び方を変える大きなチャンスにつながります。


シスコの IPv6 ソリューションは、お客様が業績を伸ばし、成長するインターネットのパワーを活用できるよう支援します。シスコはお客様の業界に応じて、これまでの投資価値を最大限に活かしつつ、インターネットの成長の次の波に備えるお手伝いをいたします。


サービス プロバイダー
Cisco Carrier-Grade IPv6(CGv6)ソリューションは、サービス プロバイダーの成長の維持継続を支援します。


スモール ビジネス
スモール ビジネスがインターネットの成長を存分に活用できるよう、準備を整えます。

概要

何年にもわたり、専門家は IPv4 アドレス空間の枯渇を予測してきました。アドレス変換などのテクノロジーのおかげで、これまではほとんどの組織が IPv6 計画を先送りにすることができました。しかし、アドレス空間の枯渇が目前に迫った今、この重要な移行を計画する必要があります。


過去の大多数のテクノロジーとは異なり、IPv6 には明確な ROI が定義できません。しかし何もしないでいると、顧客の損失、グローバル展開の縮小、反動による想定外の出費など、その代償は高くつきます。


移行の実施

シスコは 10 年以上にわたり、革新的な IPv6 技術に投資してきました。この投資の成果を御社でもご活用ください。シスコでは、次の 3 段階でのアプローチを提唱しています。

  • 保護:既存システムの監査
  • 準備:計画の策定と管理された移行の開始
  • 展開:IPv6 完全対応のインターネットへの移行

今すぐ始めましょう

シスコのサービスは、大企業、政府機関、世界の主要なサービス プロバイダーの IPv6 移行を支援してきました。この移行において、シスコは信頼できるアドバイザーとなります。

ソニーはグローバル IPv6 化プロジェクトにシスコ ソリューションを採用

ソニーはグローバル IPv6 化プロジェクトにシスコ ソリューションを採用

ソニーは「One Sony」実現のために、グローバルかつ事業部を越えたコラボレーション、ビジネスの加速を目的とし、IPv6 環境へ移行を実施中。シスコの包括的なソリューションがソニーの IPv6 化に貢献。

詳しくはこちら

Cisco Carrier-Grade IPv6 ソリューション

IPv4 アドレスが枯渇すると予測されている 2012 年が近づく今、サービス プロバイダーには、今後、IPv6と共に成長を続けるための戦略が必要です。Cisco Carrier-Grade IPv6 ソリューション(CGv6)はこのような課題への対策です。


>> 詳しくはこちら