Cisco Virtualized Packet Core(VPC)

イントロダクション

安全性、効率性、モビリティを向上

シスコの統合ネットワークが、交通や運送のあらゆる画面でのデータ共有を可能にします。[英 語]

業界で最も競争力が高く、完全に仮想化された進化したパケット コアとして、新しい Cisco Virtualized Packet Core(VPC)ソリューションは、サービス プロバイダーの俊敏性に関するパラダイムを塗り替えます。とりわけ、急増する Internet of Everything(IoE)および Machine-to-Machine(M2M)接続において、このソリューションは未開拓の収益機会をサービス プロバイダーにもたらすことができます。

Cisco VPC では、すべてのパケット コア サービス(4G、3G、2G、Wi-Fi、およびスモール セル ネットワーク)が 1 つのソリューションに組み込まれています。これらのネットワーク機能は仮想化サービスとして提供されるため、容量の拡張や新サービスの導入をより迅速かつ高いコスト効率で実現できます。

Cisco VPC は、Cisco ASR 5000 シリーズ プラットフォームで使用されている実績ある StarOS を基盤としています。パケット コア機能を物理/仮想リソースにわたって分散およびオーケストレーションできるよう設計されているため、物理パケット コアから仮想化パケット コアのサービスへ容易に移行できます。また、両方を同時に使用することも可能です。

概要

Cisco VPC は業界初のハードウェア プラットフォームにもハイパーバイザにも依存しないソリューションで、Network Functions Virtualization(NfV)と Software-Defined Networking(SDN)が組み込まれています。これにより、サービス プロバイダーは自動車、エネルギー、医療などの市場向けの新しいパケット コア システムにすばやく対応できるようになります。

Cisco VPC を使用することで、サービス プロバイダーは既存の Cisco ASR 5000 シリーズはそのままに、コンシューマー サービスやエンタープライズ サービスを継続して拡張することができます。

Cisco VPC は、サービス プロバイダーが新しいサービスの導入に要する時間を短縮し、運用コストを削減します。

Cisco Visual Networking Index:全世界のモバイル データ トラフィックの予測、2013 〜 2018 年アップデート」によると、2018 年までに、ネットワーク接続数は 190 億(うち 86 億が個人のモバイル デバイス、60 億が M2M)を超えると予想されています。

3G ネットワークに導入された場合、Cisco VPC は広範な変更や機器の追加を必要としないソフトウェア アップグレードにより、LTE EPC へ簡単に移行できます。Cisco UCS または別の x86 ベースのサーバは、独立して、または 1 つのプラットフォームに統合されて、次のようなサービスを提供します。

お問い合わせ