モバイル インターネット

Cisco Virtualized Packet Core

ダウンロード

データ シート





Cisco Virtualized Packet Core



新しい Cisco Virtualized Packet Core(QvPC)ソリューションは、業界でも最も競争力が高く完全に仮想化されたパケット コアとして、サービス プロバイダーの俊敏性に関するパラダイムを塗り替えます。とりわけ、Internet of Everything(IoE)でのオンライン化に伴うモバイル ブロードバンドや Machine-toMachine(M2M)接続において、このソリューションは未開拓の収益機会をサービス プロバイダーにもたらすことができます。

Cisco QvPC は実際の Cisco® ASR 5000 シリーズと共通する機能を持ち、サービス プロバイダーは顧客のニーズを満たす最適なソリューションを柔軟に使い分けることができます。このアプローチでは、プロバイダーはモバイル インターネット ネットワークを仮想環境に移行するため、IT 統合コストの削減につながります。

Cisco QvPC では、4G、3G、2G だけでなく Wi-Fi、およびスモール セル ネットワークのすべてのパケット コア サービスが 1 つのソリューションに組み込まれています。これらのネットワーク機能は仮想化サービスとして提供されるため、容量の拡張や新しいサービスの導入をより迅速かつ高いコスト効率で実現できます。Cisco QvPC は、Cisco ASR 5000 シリーズ プラットフォームで使用されている実績ある Cisco StarOS を採用しており、パケット コア機能を物理/仮想リソースにわたって分散およびオーケストレーションできるように設計されています。これにより、物理パケット コアから仮想化パケット コアのサービスに容易に移行でき、また両方を同時に使用することも可能です。

利点


パケット コア サービスの統合

Cisco QvPC は、すべてのモバイル パケット コア サービスを 1 つの仮想化クラウド ソリューションに統合します。ハードウェアとハイパーバイザのどちらにも依存せず、物理レイヤおよびハイパーバイザからソリューションを抽象化するため、事業者にとってのパケット コア設計の選択肢が大きく広がります。ネットワーク インテリジェンスと併せて容量を追加でき、高度なモバイル データ アプリケーション、ならびに従来の 2G や 3G サービスの増加に対応できます。複雑なレイヤの追加も不要で、モバイル ネットワークのコストもかかりません。

弾力性に富み、コスト効率の高いモバイル パケット コア

Cisco QvPC はパケット コア機能を動的に拡張して現場のニーズに対応します。つまり、ピーク時の容量に合わせてパケット コア インフラストラクチャを構築するのではなく、必要に応じて経済的に最も適したトポロジでサービスを弾力的に導入することができます。

初期投資(CapEx)および運用コスト(OpEx)の削減

このソリューションは、専用のハードウェアを標準のコンピュータおよびストレージ プラットフォームに置き換えることで CapEx を削減します。パケット コア インフラストラクチャの効率化、ネットワークの省スペース化、ネットワーク構成およびメンテナンスの簡素化により、OpEx の削減を支援します。

新しいサービス導入の促進

Cisco QvPC では、リソース管理とオーケストレーション インテリジェンスにより、新サービスの構成、テスト、統合の簡素化と自動化を実現します。より迅速かつ少ないコストで、新サービスの開発や変更、および新規顧客の環境への追加が可能になります。

仮想化クラウド サービスへ容易に統合

Cisco QvPC は Cisco StarOS ソフトウェア インテリジェンスを活用して、物理および仮想の両方のパケット コア インフラストラクチャに柔軟性と高可用性を提供します。つまり、一部のパケット コア サービスは専用のハードウェアで実行し、その他のパケット コア サービスは仮想化クラウド サービスとして実行しながら、自分のペースで仮想化パケット コアへ移行することも選択できます。

表 1 機能と利点

機能 利点
Cisco StarOS
拡張性 ソフトウェアは 4 段階の拡張性に対応するよう設計されており、利用可能なハードウェア リソースに合わせて拡張が可能
冗長性/復元力 ハードウェアまたはソフトウェアのシングルポイント障害なし
ステートフル セッション リカバリおよび Inter Chassis Session Redundancy(ICSR)
障害によるエンドユーザ セッションへの影響なし
ワールドクラスのミッションクリティカルなアプリケーションに対応した設計
弾力性 弾力性に富む非ブレードの分散アーキテクチャ
ユーザ介入不要の動的な拡張/縮小
柔軟性 全世代、全画面対応の単一ネットワーク:すべてのサービスを 1 つのソフトウェアで管理
サービスの抽象化:インスタンスの数に関係ない 1 つの「論理エンティティ」
仮想化へのプロセス Linux ベースの OS で仮想化モバイル ゲートウェイ サービスを提供
サービスを仮想化アプリケーション レベルのタスクとして実装
モバイル クラウドの進化
仮想化への移行 専用のハードウェアから部分的に仮想化された主要機能へと移行して、自分のペースで仮想化を完了


シスコのサービス


シスコとそのパートナーが提供するサービスにより、お客様は Cisco QvPC ソリューションの価値を最大限に活用することができます。サービスは迅速で、かつ高いコスト効果を得られます。シスコはお客様のビジョンをまとめるお手伝いをし、戦略、ロードマップ、スケーラブルな設計を作成します。移行を円滑に進め、お客様のアーキテクチャおよび業務の簡素化を実現します。そして、シスコのノウハウを共有することでお客様のチームの強化を図ります。

市場を変える技術革新の歴史を誇る、実績あるサービスを提供いたします。これには、28 年を超える業界リーダーシップを通じて築かれたソフトウェア対応スマート サービスも含まれます。さらに IP 次世代ネットワーク ソリューションのエンジニアリングおよび大規模なシステムやネットワーク統合プロジェクトの管理において、世界的に認められている専門知識も含まれます。

詳細については、http://www.cisco.com/go/spservices/ を参照してください。

シスコ キャピタル


シスコ キャピタルの OpEx ベースのリースを利用することで、収益に合わせて支払いを行い、現金の無駄遣いを避けることができます。また、支払い対象はテクノロジーからサポート サービスまで全体を網羅するソリューションであり、1 つの便利な支払いプランで他社と比べて非常にお得なレートと優れた残存価値が提供されます。シスコの融資には、シスコおよびベンダーのコスト、事業または CapEx の処理を含めることができ、キャッシュ フローまたは使用ニーズに合わせた定額/不定額の支払い体系、および前払いの猶予もあります。契約は 1 つなので管理が簡単です。詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/capital/ を参照するか、最寄りのシスコ キャピタル代理店までお問い合わせください。

関連情報


Cisco QvPC の詳細については、Cisco LTE EPC のページを参照するか、最寄りの代理店までお問い合わせください。