モバイル インターネット

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社、西武ドームにおける「スタジアム Wi-Fi ソリューション」導入

西武ドームにおける「スタジアムWi-Fiソリューション」導入
〜	アクセスポイントの高密度配置により大容量かつ高品質なWi-Fi環境を構築、
	多様なコンテンツ提供で新たなファン体験を実現〜

日本全国に約12万ものアクセスポイントを設置し、NTTグループにおける無線LANの戦略会社として、インフラからサービス・アプリケーションまで 、Wi-Fiを活用した新しいサービス開発とビジネス展開を積極的に進めているエヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTT BP)。同社では、2013年3月、埼玉西武ライオンズの本拠地である西武ドームにおいて、スタジアム全域をカバーした高密度かつ高品質なWi-Fi環境の実現と、それを活用し、スマートフォンやタブレット端末向けに様々なコンテンツを提供する新サービス“Lions Wi-Fi”の提供を開始した。ここで採用されたのがシスコの「スタジアムWi-Fiソリューション」である。採用の理由は、スタジアム専用に設計された狭ビーム幅指向性アンテナでアクセスポイントごとにきめ細かいカバレッジ設定が可能なことと、これらのアクセスポイントを制御、最適運用できるシステムの存在だ。これによって電波干渉を回避しながらアクセスポイントの高密度配置を実現でき、大勢の観客が集まる空間でも大容量かつ安定的なサービス提供が可能になるのである。西武ドームに来場した観客は、快適なネットワーク環境の中で、スマートフォンやタブレット端末を使って様々なコンテンツを楽しむことができる。今後は、サービスメニューをさらに充実させていくほか、西武鉄道との連携も視野に入れ、Wi-Fiによる新たなユーザ体験の提供と価値創造を目指している。

新たなライフスタイルに対応するため
球場全体をカバーする大容量かつ高品質なWi-Fi環境を整備

 2013年3月26日、株式会社西武ライオンズ(以下、西武ライオンズ)、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(以下、NTTBP)、およびシスコシステムズ合同会社(以下、シスコ)3社による共同記者会見が行われた。その内容は西武ドームにおいて、シスコの「スタジアムWi-Fiソリューション」を活用した新サービス”Lions Wi-Fi”を、3月29日のプロ野球公式戦開幕に合わせて利用可能にするというもの。これによって来場した観客に対し、新たなファン体験を提供しようというのである。

 「最近では街中でスマートフォンを利用しながら、動画コンテンツを観たり、友達同士で画像や情報を交換し合うライフスタイルが定着しています」と、Lions Wi-Fi提供の背景を説明するのは、西武ライオンズ 取締役の竹内 晃治氏。「今後は西武ドームで野球を観戦するお客様に対しても、このようなライフスタイルへの対応が必要になると考えました」。

 スマートフォンやタブレット端末などの急速な普及と、写真や動画などのビジュアルコンテンツの拡大にキャッチアップしていくには、大容量かつ高速なネットワークが不可欠。そのために西武ドームでは、球場全体で高品質なWi-Fiアクセス環境を整備し、Wi-Fi経由で様々なコンテンツやサービスを来場者に対して提供していくという。

 発表時に示されたコンテンツ/サービスの概要は図1に示す通り。試合を観戦しながら、「選手名鑑」による選手情報の閲覧、リアルタイムでの対戦データのチェック、西武ドーム内のグルメ情報の参照、「Lions@YouTube」の鑑賞などが行える。インターネットへの接続も、1回90分・1日3回を上限に無償で提供。情報検索やSNSへの投稿も、その場で行えるのである。今後も利用者の声を踏まえながら内容を拡充していく計画であり、外部ゲーム連携やスタンプの提供、アンケート、位置情報サービス、各種商品のオーダリング、チケット予約・変更などが検討されているという。

 「球場内全体を網羅したこのような大規模かつ高密度なWi-Fiアクセスの提供は、日本国内では初めての試みです」というのは、Lions Wi-Fiの提供と運用を担当する、NTTBP 代表取締役社長の小林 忠男氏。西武ドーム全体での通信容量は少なくともLTEの約100倍(※NTTBP計測値)に達し、携帯回線契約を持たない外国人の観客でも、Wi-Fi対応端末さえ持っていれば利用できると説明する。これに加え、3月29日から西武鉄道全駅で公衆無線LANサービスを開始することにも言及。「鉄道駅とスタジアムをシームレスにつなぐWi-Fiサービスという意味でも、日本初の取り組みだといえます」と言う。

大勢の人々が集まるスタジアム
容量確保の決め手はAPの高密度配置とその制御

 Lions Wi-Fiは来場者に対してリッチな情報体験を提供するサービスであり、西武ドームに新たな価値をもたらすものだといえる。しかしその実現は一筋縄でいくものではなかった。スタジアムは数万人規模の人々が集まる、特殊な環境だからだ。

 「一般的なWi-Fi設計では機器構成の経済性を考慮し、各アクセスポイントがカバーするエリアをできるだけ大きく設定するのが一般的ですが、スタジアムでは面積当たりのユーザー数が非常に多いため、動画や写真など情報量の多いコンテンツを送ることが難しくなってしまいます」と小林氏。この問題を解決するにはアクセスポイントを高密度に配置しエリアを小さくする必要があるが、Wi-Fiで使えるチャネル数は限られているため、今度は電波干渉が起きやすくなるのだと言う。「スタジアムでのWi-Fi環境では、電波干渉を避けながらアクセスポイントの高密度配置を実現するという、非常に難しい課題をクリアする必要があります。これを可能にしたのがシスコのスタジアムWi-Fiソリューションです」。

図1 Lions Wi-Fiで提供されるコンテンツ/サービスの概要。今後利用者の声を踏まえながら、その内容を拡充していく計画だという。

図1 Lions Wi-Fiで提供されるコンテンツ/サービスの概要。今後利用者の声を踏まえながら、その内容を拡充していく計画だという。
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

 その最大の特徴は、スタジアム専用設計の狭ビーム幅指向性アンテナによって、アクセスポイントから発せられる電波を特定エリアだけに集中できる点にある。また高度な無線リソース管理機能(Radio Resource Management:RRM)も用意されており、多数のアクセスポイントで構成された高密度なWi-Fi環境でも、ネットワーク全体のパフォーマンスを自動的に最適化できる。これによって電波干渉のリスク回避とアクセスポイントの高密度配置を両立でき、ユーザー当たりの帯域も確保しやすくなるのである。(図2)

図2 シスコの「スタジアムWi-Fi ソリューション」のアクセスポイント設置イメージ。指向性アンテナで電波をビーム状に形成し、対象となるエリアを絞ることで、電波干渉を回避しながらアクセスポイントの高密度配置が可能になる。これによって1ユーザ当たりで利用可能な容量を増加できる。

図2 シスコの「スタジアムWi-Fi ソリューション」のアクセスポイント設置イメージ。指向性アンテナで電波をビーム状に形成し、対象となるエリアを絞ることで、電波干渉を回避しながらアクセスポイントの高密度配置が可能になる。これによって1ユーザ当たりで利用可能な容量を増加できる。
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

 スタジアムWi-Fiソリューションの日本国内での大規模展開はこれが最初だが、海外ではすでに米国サンフランシスコのAT&Tパーク等、複数のスタジアムへの導入実績がある。西武ドームへの導入では、これらの経験が活かされている。もちろん海外のスタジアムにおけるアクセスポイントの配置の仕方を、西武ドームにもそのまま流用できるわけではない。西武ドーム全体の構造に合わせた形でアクセスポイントの最適配置を行い、西武ドーム全体をくまなくカバーするエリア設計を実現しているのだ。このような設計プロセスに関するノウハウの存在も、スタジアムWi-Fiソリューションの特徴の1つだと言える。

 「シスコとはこれまでにも様々なプロジェクトでお付き合いしていますが、豊富な経験に基づいた一気通貫のソリューションを提供している点が、大きな特徴だと感じています。プロジェクト推進のノウハウや技術力が高いことも、改めて認識しました」(小林氏)。

指向性アンテナで電波ビームを形成
合計141台のAPでドーム内外をカバー

 それでは西武ドームでは、Wi-Fiアクセスポイントをどのように配置しているのか。これを示したのが図3である。

図3 西武ドームにおけるWi-Fiアクセスポイントの配置。観客席を一定の幅に切り分けた上で、さらに上段・中段・下段に分け、それぞれに対してアクセスポイントを設置している。

図3 西武ドームにおけるWi-Fiアクセスポイントの配置。観客席を一定の幅に切り分けた上で、さらに上段・中段・下段に分け、それぞれに対してアクセスポイントを設置している。
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

 まず観客席全体を、同心円状のラインによって一定の幅に切り分け、フィールドに向かって縦長のエリアを設定する。このエリアをさらに、上段、中段、下段に分ける。

 上段エリアに対しては、観客席上方のキャットウォーク内にアクセスポイントを設置し、下向きにビームを形成する。中段エリアでは、中段エリア最上部の座席下に強度の高い防水ボックスを設置してアクセスポイントを格納、座席下裏側にパッチアンテナを設置してフィールドに向けてビームを形成する。そして下段エリアは、フィールド沿いの壁に鉄製のボックスを設置してアクセスポイントを格納、ボックスの蓋にパッチアンテナを設置し、観客席に向けてビームを形成する。このようなアクセスポイント配置を同心円状に展開することで、観客席全体を網羅しているのである。

 設置されたアクセスポイント数は、ドーム内に82台、ドーム周辺に59台、合計141台。インターネットアクセスのスピードは、10〜20Mbpsに達するという。「実際に使ってみましたが、とても軽快で、Lions@YouTubeの動画もスムーズに動きます」と竹内氏。これまでに経験したWi-Fiサービスと比べても、非常に高速という印象だという。

 その一方で小林氏は「運用が容易な点も大きなメリット」だと指摘する。これだけ多数のアクセスポイントを高密度に配置すれば、設計段階で最適化を行ったとしても、運用段階でのきめ細かい調整を欠かすことができない。これを人手で行っていては、膨大な労力と時間がかかってしまうと言う。しかしシスコの「スタジアムWi-Fiソリューション」には、コントロールを自動化するシステムが用意されているため、人手に頼る必要がない。高密度かつ大容量のWi-Fi環境を、常に最適化された状態で運用できるのである。

来場者の声や動向を見極めながら
より良いサービスの実現を目指す

 Lions Wi-Fiは第一歩を踏み出したばかりであり、これがどのような効果をもたらすのかはまだ未知数だ。しかし来場者に快適なネットワーク環境とこれまでにない体験を提供することで、来場者の満足度をさらに高めることが可能になると期待されている。「そのためにはお客様の声や動向を見極めながら、より喜んでいただけるサービスを創り上げる必要があります」と竹内氏。また野球の試合だけではなく、コンサート等のイベントでも活用していきたいと言う。「Wi-Fi環境を活用した様々な提案を行うことで、日本中から注目されるサービスを展開していきたいと考えています」。

 西武鉄道の駅に設置されたWi-Fiアクセスポイントと、連携したサービスの提供も検討されている。これが実現されればスタジアムの中にいる時だけではなく、その前後の時間も楽しい時間に変わっていくだろう。西武ドームに向かう時のワクワク感、そして帰り道の余韻を、さらに高めることが可能になるのだ。

 「西武ドームでのWi-Fiソリューションの提供は、現時点では大変うまくいっています」と小林氏。今後はこれと同様のソリューションを、日本各地のスタジアムに展開することも視野に入っていると言う。「これまでにないファン体験を提供できれば、スタジアムの価値が高まり、集客力にもつながります。また飲食や物販の活性化や広告事業の拡大によって、収益も向上するはずです」。

 写真や動画などのビジュアルコンテンツの利用は今後さらに拡大し、モバイルネットワーク負荷はさらに増大すると予測されている。そのため通信容量を確保しやすいWi-Fiが果たす役割は、今後さらに大きくなると期待されている。NTTグループでもWi-Fiは、移動・固定に続く「第3のアクセス」として位置付けられており、NTTBPではすでに約12万に上るアクセスポイントを展開、公衆無線LANサービスの提供を積極化していると言う。

 西武ドームでの取り組みは、膨大な人々が集まる大規模施設でもWi-Fiが有効であることを示す、新たなチャレンジだ。そしてその成功は、Wi-Fiの持つポテンシャルの高さを、改めて示すことになるだろう。あらゆる場所がWi-Fiでつながるようになれば、利用者のサービス体験やマーケティングのあり方も変わっていく。この変化に向けた大きな一歩が、今まさに西武ドームで始まりつつあるのだ。

埼玉西武ライオンズ
日本のパシフィック・リーグの球団の1つ。1950年福岡にて西鉄クリッパースとして設立、1951年西日本パイレーツを合併し名称を西鉄ライオンズと変更。1979年本拠地を埼玉県所沢市に移転し西武ライオンズとなる。2008年にチーム名を「埼玉西武ライオンズ」に変更。前身の西鉄時代を含め、21度のパシフィック・リーグ優勝、13度の日本シリーズ優勝など、球界を代表する球団として、地域密着とファンから愛される球団を目指している。2013年度からは通年で、西武ドームの運営も手がけている。

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンド
プラットフォーム株式会社
NTTグループにおける無線LAN(Wi-Fi)の戦略会社。無線LANのエリア拡大に向けた「Wi-Fiインフラ事業」や、無線LAN関連のビジネス拡大に向けた「Wi-Fiクラウド事業」「Wi-Fi端末・アプリ事業」を展開。ワイヤレスブロードバンドを用いた新しいサービスの創造、実現を目指している。

埼玉西武ライオンズ
日本のパシフィック・リーグの球団の1つ。1950年福岡にて西鉄クリッパースとして設立、1951年西日本パイレーツを合併し名称を西鉄ライオンズと変更。1979年本拠地を埼玉県所沢市に移転し西武ライオンズとなる。2008年にチーム名を「埼玉西武ライオンズ」に変更。前身の西鉄時代を含め、21度のパシフィック・リーグ優勝、13度の日本シリーズ優勝など、球界を代表する球団として、地域密着とファンから愛される球団を目指している。2013年度からは通年で、西武ドームの運営も手がけている。

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社
NTTグループにおける無線LAN(Wi-Fi)の戦略会社。無線LANのエリア拡大に向けた「Wi-Fiインフラ事業」や、無線LAN関連のビジネス拡大に向けた「Wi-Fiクラウド事業」「Wi-Fi端末・アプリ事業」を展開。ワイヤレスブロードバンドを用いた新しいサービスの創造、実現を目指している。

導入の背景/課題

  • 最近では街中でスマートフォンを利用しながら、動画や画像などのリッチコンテンツを閲覧したり、友達同士で共有するというライフスタイルが定着している。西武ドームでもこのようなライフスタイルに対応した環境整備やサービスの提供が必要になると考えられた。
  • しかしスタジアムは、数万人規模の観客が集まるという特殊な環境である。このような場所で大容量かつ安定的なサービスを提供するには、1つ1つのアクセスポイントでカバーするエリアを小さくすることでその設置密度を上げ、かつ電波干渉を回避できるようそれらを細かく制御する必要があった。また、スタジアムによって異なる施設の特徴や物理環境に合わせたカバレッジ設計のノウハウも必要だった。
  • この要件を満たすために採用されたのが、シスコの「スタジアムWi-Fiソリューション」だった。

導入ソリューション

  • シスコ「スタジアムWi-Fiソリューション」
    • Cisco Aironet 3502P Access Point
    • Cisco AIR-ANT25137NP-R 2.4/5GHz Antenna(スタジアム専用高指向性アンテナ)
      - Cisco Aironet 3602 Access Point
    • Cisco AIR-ANT2566P4W-R 2.4/5GHz Antenna(指向性パッチアンテナ)
    • Cisco 5508 Wireless LAN Controller(Radio Resource Management :RRM)

導入効果

  • スタジアム専用設計の狭ビーム幅指向性アンテナと高度な無線リソース管理システムの組み合わせによって、電波干渉のリスクを回避しながら、アクセスポイントの高密度配置が可能になった。1つのアクセスポイントがカバーするエリアを限定することで、ユーザー当たりの帯域を確保しやすくなった。
  • 無線リソース管理システムでWi-Fi環境の最適化を自動的に行えるため、運用管理に必要な時間や手間を削減できた。またシスコが海外のスタジアムで培った経験とノウハウを活用することで、西武ドームの環境に合わせた最適な設計が可能になった。
  • 快適なWi-Fi環境と新たなファン体験を提供することで、来場者の満足度がさらに高まり、集客力や収益の向上につながると期待されている。
株式会社西武ライオンズ 
取締役 
竹内 晃治 氏

「来場されるお客様やクライアントの方々の声を聞きながら、日本中から注目されるようなサービス展開をしていきたいと考えています」
株式会社西武ライオンズ
取締役
竹内 晃治 氏

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社
代表取締役社長
小林 忠男 氏

「スタジアムで最適なWi-Fi環境を実現するには、電波干渉を避けながらアクセスポイントを高密度に配置することが必要です。これを可能にしたのがシスコのスタジアムWi-Fiソリューションです」
エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社
代表取締役社長 小林 忠男 氏

2013年3月26日に行われた記者会見。3月29日のプロ野球公式戦開幕に合わせて「Lions Wi-Fi」の提供を開始することが発表された。左から、シスコシステムズ合同会社
上席副社長 堤 浩幸、株式会社 西武ライオンズ 代表取締役社長 居郷 肇 氏、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社 代表取締役社長 小林 忠男 氏

2013年3月26日に行われた記者会見。3月29日のプロ野球公式戦開幕に合わせて「Lions Wi-Fi」の提供を開始することが発表された。
左から、シスコシステムズ合同会社 上席副社長 堤 浩幸、株式会社西武ライオンズ 代表取締役社長 居郷 肇 氏、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社 代表取締役社長 小林 忠男 氏

スマートフォンでLions Wi-Fiを利用している様子。アクセススピードは10〜20Mbpsに達しており、動画コンテンツの閲覧も快適に行える。

「スマートフォンでLions Wi-Fiを利用している様子。アクセススピードは10〜20Mbpsに達しており、動画コンテンツの閲覧も快適に行える。

観客席上段部をカバーするアクセスポイント。観客席上方のキャットウォーク内に設置されている。

観客席上段部をカバーするアクセスポイント。観客席上方のキャットウォーク内に設置されている。

観客席中段部をカバーするアクセスポイント。座席下に設置された強度のある防水ボックスに格納され、座席下背面にパッチアンテナが設置されている。

観客席中段部をカバーするアクセスポイント。座席下に設置された強度のある防水ボックスに格納され、座席下背面にパッチアンテナが設置されている。

観客席下段部をカバーするアクセスポイント。フィールド沿いの壁に設置された鉄製のボックスに格納され、ボックスの蓋にパッチアンテナが設置されている。

観客席下段部をカバーするアクセスポイント。フィールド沿いの壁に設置された鉄製のボックスに格納され、ボックスの蓋にパッチアンテナが設置されている。