ヨルダンにおける HealthPresence の活用

農村地域向け医療を変革するテクノロジー

「Cisco の HealthPresence により、Prince Hamzah Hospital と Al-Mafraq Governmental Hospital の専門医同士におけるコラボレーションの水準はすでに向上されています。このソリューションに対する患者の反応も非常に好評です」

— Dr.Ali Hyasat、Prince Hamzah Hospital 局長

特別な治療が必要なヨルダンの地方に住む人々にとって、首都アンマンへの旅は過酷なものです。Haifa Abd-El Karim Omoush は 5 人の子供を持つ 34 歳の既婚女性で、心臓疾患を抱えています。ただし、この疾患は治療可能なものです。Haifa の地元にある Al-Mafraq Governmental Hospital(MGH)の医師は、自分の診断の確認と治療計画の立案のため、アンマンの専門医を Haifa に紹介しました。しかし、Haifa には子供の世話を頼むことができる人がいなかったため、彼女は紹介先の病院に行く余裕がありませんでした。 Haifa は病院の予約に間に合わなかったり、受診を延期し、彼女の容体は次第に悪化していきました。

アンマンの Prince Hamzah Hospital(PHH)には、Haifa と同様に、家族や住み慣れた環境を後にして、数百キロメートルを移動しなければならない患者が毎日のように訪れます。こうした患者が、受付を待つ長い列を 作っています。病院での仕事量が非常に多いため、専門医たちがそれぞれの患者の診察や治療に割くことができる時間はごくわずかです。地元に戻った患者に対 しては、現地の医療提供者が専門医の推奨事項に従うよう、できるだけのことをしています。予約に間に合わないことや予約のキャンセルに加え、診察時間が短 いことが、あらゆる場面で治療の質を低下させる原因となっています。ヨルダンの医療現場では、今、遠隔地同士の接続が行われています。

地方患者をつなぐ遠隔医療テクノロジー

政府の医療推進計画における最優先事項は、専門医と地方患者とを、移動の負担なしに接続することです。これは、ヨルダン国王 Abdullah 2 世が提唱する、ヨルダンの医療提供システムの変革ビジョンの一部です。

保健省および ICT 省はシスコと協働して中東およびアフリカ地域初の遠隔医療クリニックを設立しました。この遠隔医療クリニックは、都市にある PHH の心臓病、腎臓病、および、皮膚病の専門医と、地方の MGH にいる患者および医師とを接続するものです。

これらの現場は Cisco HealthPresence テクノロジーによって接続されます。このテクノロジーでは、コミュニケーション、コラボレーション、およびビデオ テクノロジーが組み合わされており、遠隔地にいる患者と医療提供者を接続します。このソリューションを利用しているユーザは、遠隔地の医療現場から、あたかも実際に会っているかのように対話できます。このクリニックには、資格を持つ医療のプロフェッショナルが配置されており、専門家による患者の診察を支援 します。ネットワーク接続された医療機器(体温計、血圧計、多目的スコープ、聴診器、およびハンドヘルド カメラ)により、患者情報がクリニックから病院へと転送されるので、病院では重要なデータへ素早くアクセスできます。 

患者はアンマンへ行くか、遠隔医療クリニックでスケジュールされた専門医の診察を受けるかを選択できるようになりましたが、現地での診察を選ぶ患者が増加しつつあります。Haifa が遠隔医療クリニックでの治療について知ると、Haifa の地元の医師は、PHH の心臓病医との遠隔診療の手はずを整えました。PHH の医師は Haifa をただちに診断し、治療計画を策定しました。

ネットワークによるアクセス向上とコラボレーション推進

テクノロジーを利用して、都市の医師と地方にいる患者およびその主治医とをつなぐことにより、医療提供者による対応を拡張し、医療を利用しやすくし、コストを削減し、ヨルダン全体の患者を支援することができます。
導入後最初の 18 ヵ月で、マフラクの遠隔医療クリニックでは、皮膚病、腎臓病、および心臓病の 444 件を診察することができました。 

このプログラムには 2012 年 9 月より南ヨルダンの Queen Rania Governmental Hospital も参加しており、2012 年 12 月までに 196 件の診察を遠隔で行うことができました。中東およびアフリカ初の Cisco HealthPresence テクノロジーの導入によって、ヨルダンにおける医療に対する取り組みは、医療提供における変革を先導することになりました。

「シスコの HealthPresence により、Prince Hamzah Hospital と Al-Mafraq Governmental Hospital の専門医同士におけるコラボレーションはすでに向上しています」と、 ヨルダンの Prince Hamzah Hospital の局長である Dr. Ali Hyasat は述べています。「このソリューションに対する患者の反応も非常に好評です」 

Haifa の場合、遠隔医療クリニックにより、彼女の置かれた状況からは困難だった、健康への道のりの一歩を踏み出すことができました。Haifa は、自分の容体が改善され、家族の世話に割くことができる時間が増えたと伝えています。

「私は自分の心臓の状態について、心臓病の専門医から非常に詳しい説明を聞くことができました。これは大変有意義でした」と Haifa は述べています。「おかげさまで、私の症状は格段に良くなりました。この仕組みは、私の暮らしを変えてくれたのです」