エンタープライズ ネットワーク

Cisco Intelligent WAN with Akamai Connect

データ シート





Cisco Intelligent WAN with Akamai Connect



製品概要


Cisco® Intelligent WAN(IWAN)with Akamai Connect は、次世代のアプリケーションおよびネットワーク最適化を実現する、シスコと Akamai の包括的な統合ソリューションとして、クラス最高レベルの高度な WAN 最適化とインテリジェント キャッシュ技術を、ブランチ オフィスの Cisco サービス統合型ルータ AX シリーズ(ISR-AX)へ直接統合します。このソリューションは、インターネットからブランチ オフィスまでのラスト マイルにおいてエッジ キャッシングの技術で Akamai Intelligent Platform を効果的に拡張し、WAN からのトラフィック負荷を大幅に軽減するだけでなく、帯域幅に制約があるネットワークで圧倒的なユーザ エクスペリエンスを提供します。Akamai Connect は、IWAN のアプリケーション最適化機能を大幅に向上させ、デバイス、接続形態、またはクラウド環境(ビジネス トラフィックで利用される企業のプライベート クラウドやインターネット上のパブリック クラウドなど)に制限されることなく、コンテンツ配信の高速化を実現します。

図 1 Akamai の HTTP キャッシュ インテリジェンスをブランチ オフィスへ拡張

図 1 Akamai の HTTP キャッシュ インテリジェンスをブランチ オフィスへ拡張


IT およびビジネスにおける課題


ビジネス リーダーは、ブランチ オフィスにおける変革に取り組み、お客様との関係を深めて従業員の生産性向上によって収益の増大を図っており、この傾向は、さまざまな業界に波及しています。たとえば、オムニチャネル戦略における顧客接点拡充により顧客エンゲージメントや顧客転換率の拡大、教育機関におけるテクノロジーベースのカリキュラム採用、医療機関における医療用画像システムの導入、一般企業においては、オンライン販売や新入社員向けのオンライン トレーニングの提供など、多岐にわたります。このような新たな取り組みにおいては、通常、膨大なデータを使用するパフォーマンス重視の Web およびメディア アプリケーションを必要とするため、IT 部門は、ネットワークに対するニーズの増大に常に対応しなければならず、しかもネットワークや帯域幅の拡張には高いコストをかけられない、という課題に直面していることも珍しくありません。

もう 1 つの要因として、アプリケーション環境の変化が挙げられます。大半の組織では、IT 部門が、効率性の促進を目的として、パブリックまたはプライベート クラウドへのアプリケーション一元化を実施していますが、一方で、WAN の負荷を増大させる新たなトラフィック パターンを引き起こしています。さらに、バックホール トラフィックによるネットワーク効率の低下、モバイル デバイスの普及、およびクラウド アプリケーションへの移行も、WAN の負荷を増大させる要因となっています。

アプリケーションのパフォーマンスが従業員の生産性や顧客定着率に直接影響していることから、ビジネス リーダーと IT 部門は、WAN の予算を増やすことなくインフラストラクチャの制約に対処し、スムーズなエクスペリエンスを実現する方法を見出そうと連携を強めています。

主な特長


シスコ IWAN ソリューションの一部として、アプリケーション最適化の中核機能と連携する Akamai Connect は、Cisco Application Visibility and Control(AVC)、WAN のパス制御(Cisco Performance Routing(PfR))、および Cisco Wide Area Application Services(WAAS)と統合されています。具体的には、Akamai Connect では、Akamai のインテリジェント HTTP キャッシュ テクノロジーがシスコの WAN 最適化ソリューションである WAAS に統合されています。Akamai Connect は、ISR-AX ポートフォリオおよび Cisco Wide Area Virtualization Engine(WAVE)アプライアンス全体で利用できるため、フルサービスのブランチ オフィス運用が実現します。

図 2 Cisco IWAN with Akamai Connect

図 2 Cisco IWAN with Akamai Connect


Dynamic Multipoint VPN(DMVPN)によるトランスポートの独立性、PfR によるインテリジェントなパス制御、セキュアな接続、および AVC といった IWAN の機能に加えて、Akamai Connect は次の機能を提供します。

  • WAN 最適化およびアプリケーション アクセラレーションによる帯域幅の最大化
    このソリューションでは、Akamai Connect が Cisco WAAS に統合されており、Cisco WAAS の WAN 最適化コンポーネントがすべて含まれています。そのため、コストを伴うアップグレードを行うことなく、WAN リンクのトラフィックを最大限に高めることができます。
    • トラフィックの最適化:Cisco WAAS は、トランスポート フロー最適化(TFO)を使用して、公平性を維持しながら、パケット損失や小さな初期ウィンドウなどの好ましくない WAN 条件にあるアプリケーション パケット フローを改善し、データ冗長性排除(DRE)を使用して、以前に参照した TCP トラフィックや冗長なトラフィックを非常に小さなシグニチャに置き換えることで、トラフィックを圧縮します。また、適応型で永続的なセッションベースの圧縮を使用して、ネットワーク上のトラフィックをさらに圧縮します。
    • アプリケーション アクセラレーション:さらに、Cisco WAAS は、暗号化アプリケーションと非暗号化アプリケーションの両方にアプリケーション固有のアクセラレーション機能を提供します。たとえば、Common Internet File System/Server Message Block(CIFS/SMB)プロトコル、Messaging Application Programming Interface/encrypted Messaging Application Programming Interface (MAPI/eMAPI)、Citrix ICA、HTTP や Secure HTTP(HTTPS)、SharePoint などが対象となります。
  • さまざまなレベルの HTTP オブジェクト キャッシュを使用して、ブランチ オフィスにおける WAN トラフィックの大幅な軽減と優れたアプリケーション パフォーマンスを実現
    • トランスペアレント キャッシュ:Akamai の高パフォーマンス HTTP オブジェクト キャッシュは、HTTP ベースのコンテンツをローカルにキャッシュする機能を提供し、LAN と同様のパフォーマンスを実現します。このキャッシュ機能は、Web アプリケーションが企業のプライベート クラウドまたはインターネット上のパブリック クラウドのどちらに配置されていても有効です。
      Basic、Standard、および Advanced という 3 種類のキャッシュ プロファイルが用意されており、利用したいキャッシュ レベルに対応できます。Basic キャッシュ プロファイルは最も低レベルのキャッシュで、HTTP ヘッダー内のクライアント キャッシュ ディレクティブに厳密に準拠します。Standard キャッシュ プロファイルはデフォルトで有効になっており、キャッシュ ディレクティブを持たないオブジェクトを対象に含めることで、キャッシュ オブジェクトの範囲を拡張します。たとえば、Standard キャッシュでは、現在の応答経過時間に対して 10 % の期間だけオブジェクトがキャッシュされ、その後、更新されます。Advanced キャッシュ プロファイルを使用すると、特定の有効期限を持たないオブジェクトがキャッシュされる期間がさらに拡張され、適切な状況下でキャッシュの量を積極的に増やすことができます。
    • Akamai Connected キャッシュ:Akamai 独自のキャッシュ ルールと Akamai Intelligent Platform のエッジ サーバへの接続により、他の方法ではキャッシュ不可とみなされるトラフィックであっても、ブランチ オフィス内のコンテンツをキャッシュして配信できます。このコンテンツは、企業独自の Web コンテンツや Akamai Intelligent Platform によって配信される任意のコンテンツなどですが、すべての Web トラフィックの最大 30 % に相当し、これはビジネス関連のほとんどの Web トラフィックに匹敵します。
    • 動的 URL HTTP キャッシュ:Akamai が提供する高パフォーマンスのオブジェクトレベル キャッシュにより、動的に生成された URL からの HTTP コンテンツや、YouTube ビデオのようにキャッシュ不可とマークされているコンテンツのキャッシュが可能です。このようなコンテンツは現在、製品デモやストア内のデジタル サイネージに表示される広告、従業員向けのトレーニングなどで多く使用されています。
  • コンテンツを事前配置してエンドユーザのエクスペリエンスを向上
    コンテンツの事前配置により、組織は一定のスケジュールでコンテンツを事前に取得するポリシーを定義できます。ピーク時間外に HTTP Web キャッシュをあらかじめ確保しておけば、組織はネットワークが最も混雑している時間帯にアプリケーション パフォーマンスを改善し、ネットワーク負荷を最小限に抑えることができます。たとえば、トレーニング用のビデオ、製品デモ、製品カタログなどをキャッシュしておくことが可能です。
  • 一元的な集中管理
    WAAS Central Manager には、Akamai Connect を構成する WAN 最適化および HTTP キャッシュ機能を一元的に制御できる集中管理センターが用意されています。コマンドライン ツールに加え、Cisco WAAS Central Manager には直感的に操作できる Web ベースの管理コンソールが用意されており、機能の管理、パフォーマンスの監視、および帯域幅の節約状況に関するレポートの作成を行うことが可能です。特に HTTP キャッシュから得られる利点を詳細に分析してまとめることで、使用パターンを可視化し、利点を最大限に活かすための微調整を加えることができます。

利点


  • IT コストの削減:トラフィックを最適化し、コンテンツをローカルにキャッシュすることにより、Akamai Connect は WAN からのトラフィックの負荷を大幅に軽減できます。この結果、トラフィックが通常 50 〜 60 % 削減され、多くの場合 90 % 近くの成果をあげています。既存の帯域幅を節約し、最適化することで、高コストを伴うネットワークのアップグレードが不要となるため、新しいビジネス アプリケーションの導入や、さらに多くのユーザへのサービス提供が可能となります。
  • ブランチ オフィスの収益の拡大に貢献:Web アプリケーションの配信速度が 20 倍以上向上し、Web ページのロード時間が 95 % 削減されるなど、Akamai Connect から得られるパフォーマンス上の利点により、俊敏性に優れた IT の提供が実現し、ブランチ オフィスにおける現状のデジタル エクスペリエンスの改善だけでなく、新しいデジタル エクスペリエンスの展開が期待できます。これにより、インタラクティブなデジタル ディスプレイ、オムニチャネル、ゲスト Wi-Fi、オンデマンド チュートリアル、情報豊富なオンライン カリキュラムなど、ビジネスの成長へとつながる新たなチャンスが広がります。
  • ユーザ満足度の向上:ブランチ オフィスにおける現在の Web エクスペリエンスをスムーズに拡大し、独創的なリッチメディア アプリケーションの導入を進めることで、お客様と従業員両方の満足度が高まり、収益の拡大と生産性の向上が実現します。Akamai Connect は、幅広い種類のコンテンツに応じて、任意のデバイスで LAN と同様のパフォーマンスをユーザに提供します。
  • 包括的なネットワーク ソリューション:シスコ IWAN ソリューションに統合された Akamai Connect によって、必要なものがすべて整い、ブランチ オフィスのネットワーク接続において妥協のないエクスペリエンスを提供できます。IT 部門は、価格競争力のある WAN トランスポート オプションを活用して、パフォーマンス、セキュリティ、および信頼性を損ねることなく、ブランチ オフィスのネットワーク接続を適正な規模に調整できるようになります。

対応プラットフォーム


Cisco IWAN with Akamai Connect は、Cisco WAAS に追加できる拡張ライセンスです。対応するすべての WAAS モデルで、該当の Cisco IWAN with Akamai Connect ライセンスをご利用になれます。表 1 に対応プラットフォームを示します。

表 1 対応プラットフォーム

Cisco WAAS の導入 シスコ プラットフォーム WAAS の詳細
ルータ上のモジュール ISR2911-AX
ISR2921-AX
ISR2951-AX
ISR3925-AX
ISR3945-AX
Services-Ready Engine モジュール上の Cisco WAAS
Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS®)モジュール上の Cisco Virtual WAAS(vWAAS)
(vWAAS6K 以下)
統合された WAAS ISR4451-X-AX ISR でネイティブに実行されている Cisco WAAS
(ISR-WAAS750、ISR-WAAS1300、または ISR-WAAS2500)
WAAS アプライアンス WAVE-294-K9
WAVE-594-K9
WAVE-694-K9
WAVE アプライアンス上の Cisco WAAS
Cisco UCS サーバ - Cisco UCS® サーバ(vWAAS6K 以下)で実行されている Cisco Virtual WAAS


ライセンス


Cisco IWAN with Akamai Connect は、Cisco WAAS に追加できる拡張ライセンスです。Cisco IWAN with Akamai Connect のライセンスは、対応する各 WAAS モデルで最適化される接続数に応じて異なります。

表 2 に Cisco IWAN with Akamai Connect のスタンドアロン ライセンスを示します。

表 2 Cisco IWAN with Akamai Connect のスタンドアロン ライセンス

Cisco IWAN with Akamai Connect ライセンス 説明 プラットフォーム
SL-200-AKC 最大 200 の WAAS 接続まで使用できる Akamai Connect ライセンス WAVE294
SL-750-AKC 最大 750 の WAAS 接続まで使用できる Akamai Connect ライセンス WAVE594
SL-1300-AKC SL-1300-AKC= 最大 1300 の WAAS 接続まで使用できる Akamai Connect ライセンス ISR2900/ISR3900*:
WAAS(SRE)、または vWAAS1300 以下のいずれかのモデル(UCS-E)
WAVE594
UCS サーバ:
vWAAS1300 以下のいずれかのモデル
SL-2500-AKC SL-2500-AKC= 最大 2500 の WAAS 接続まで使用できる Akamai Connect ライセンス ISR2900/ISR3900*:
WAAS(SRE)、または vWAAS2500 以下のいずれかのモデル(UCS-E)
ISR4451:
ISR-WAAS2500 以下のいずれかのモデル
WAVE694
UCS サーバ:
vWAAS2500 以下のいずれかのモデル
SL-6K-AKC SL-6K-AKC= 最大 6000 の WAAS 接続まで使用できる Akamai Connect ライセンス ISR2900/ISR3900*:
vWAAS6000 以下のいずれかのモデル(UCS-E)
WAVE694
UCS サーバ:
vWAAS6000 以下のいずれかのモデル


* 実際の WAAS 接続の数は、WAAS が実行されているハードウェア モジュールによって異なります。


表 3 に Cisco UCS E シリーズおよび ISR-WAAS で vWAAS with Akamai Connect を使用するためのハードウェア要件を示します。

表 3 Cisco UCS E シリーズおよび ISR-WAAS で vWAAS with Akamai Connect を使用するためのハードウェア要件

Cisco WAAS モデル vWAAS with Akamai Connect に必要なメモリ WAAS with Akamai Connect に必要なディスク容量
vWAAS1300 6 GB 600 GB
vWAAS2500 8 GB 750 GB
vWAAS6000 11 GB 900 GB
ISR-WAAS750 4 GB 170 GB
ISR-WAAS1300 6 GB 170 GB
ISR-WAAS2500 8 GB 360 GB


注 1:ISR-WAAS を ISR 4451-X 上でネイティブに実行するには、メモリを 16 GB にアップグレードし、フラッシュ メモリを 32 GB にアップグレードする必要があります。また最大 2 台の 200 GB SSD ストレージ ドライブが必要です。

注 2:vWAAS を Cisco UCS E シリーズ サーバで実行するには、上記のメモリおよびディスクの要件に加えて、vWAAS インスタンスに割り当て可能な CPU コアがシステムに存在することを確認してください。この表には、VMware の最小メモリ要件である 2 GB、および vCPU のメモリ オーバーヘッドと必要メモリ量は含まれていませんが、インストールの計画にあたっては、これらの要件も考慮する必要があります。一般に、Cisco UCS E シリーズ サーバに vWAAS モデルをインストールして実行するには、デフォルトの 8 GB 以上のメモリが必要です。

発注情報


発注情報については、『Cisco IWAN with Akamai Connect Ordering Guide(Cisco IWAN with Akamai Connect 発注ガイド)』を参照し、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。

サービスとサポート


Cisco IWAN with Akamai Connect のサポートは、Cisco WAAS のサポートに含まれています。シスコは、お客様の成功を支援する幅広いサービス プログラムを用意しています。シスコの革新的なサービス プログラムは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーを独自のアプローチで融合しており、お客様から高い評価をいただいています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化し、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業の拡張を進めていただくために、シスコのサービスをぜひお役立てください。シスコ サービスの詳細については、シスコ テクニカル サポート サービスおよびシスコ アドバンスド サービスを参照してください。

詳細情報


Cisco IWAN with Akamai Connect の詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/solution/enterprisenet/intelligent-wan-akamai/index.html を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。