エンタープライズ ネットワーク ユーザ事例
Lufthansa Systems GmbH and Co.KG
企業ネットワークの能力を最大限に引き出す Cisco IWAN

Lufthansa Systems GmbH & Co.KG は Cisco® Intelligent WAN(IWAN)を使用して運用を簡素化し、Lufthansa Group やその世界中のパートナーをサポートしています。


スマートで拡張性に優れたネットワークによって、アライアンス メンバーをすべてサポートすることができます。 SkyConnect は、WAN、LAN、音声のすべてに対応するオールインワン ソリューションです
- Lufthansa Systems GmbH & Co.KG、シニア システムズ & デザイン エンジニア、Markus Voegele 氏

Lufthansa やその他の航空会社は、Amadeus、Sabre、Worldspan などのパートナーとフライト情報を共有するための、インテリジェントな IT 管理機能とインフラストラクチャを必要としています。


課題

  • Lufthansa とその他の Star Alliance メンバーをサポートする
  • 拠点全体のネットワーク設備を管理する
  • 帯域利用率を高め、コストを削減する

Lufthansa は 81 ヵ国に展開する欧州最大の航空会社です。運行のサポートは非常に重要なタスクであり、IT インフラストラクチャは Lufthansa Group の 100% 子会社である Lufthansa Systems GmbH & Co.KG によって管理されています。
同社はまもなく IBM Holding Germany の100% 子会社となり、多額の投資と規模の経済を活用し IBM Deutschland Aviation and Industry Services GmbH として業務を開始します。


数年前、Lufthansa Systems GmbH & Co.KG は、Lufthansa および Star Alliance メンバーが利用する世界規模のネットワークの構築に着手しました。
SkyConnect ソリューションにより、1,800 以上の拠点と多くの顧客がつながります。
SkyConnect が拡張するにつれ Lufthansa Systems GmbH & Co.KG は、社内外のコストが増加し、ネットワークがより複雑になっていくという課題に直面しました。


「当社のカスタマー サービスを強化するには、パフォーマンス ルーティングやロード シェアリング、そして効率性の向上が必要でした」と、Lufthansa Systems GmbH & Co.KG のシニア システムズ & デザイン エンジニアである Markus Voegele 氏は述べています。「つまり、インテリジェント ネットワークを必要としていたのです。Cisco Intelligent WAN ソリューションにより、自社のシスコ ルータを使って規模とパフォーマンスを最適化することができます」。


Cisco IWAN は、アプリケーション トラフィックを動的にルーティングすることにより、低コストで優れたパフォーマンスを実現します。


ソリューション

  • Cisco Intelligent WAN を導入し、あらゆる拠点で規模に応じた最適化を行う
  • インフラストラクチャを標準化し、管理をシンプル化する

ロード バランシングによる利用率の改善

Performance Routing(PfR)では、インテリジェントなパス制御ポリシーに基づき、動的なロード バランシングを行います。そのため、Lufthansa Systems GmbH & Co.KG では、クリティカルではないアプリケーションをオフロードして、ブッキングや予約機能を常に稼働させることが可能です。これにより、使用可能な帯域幅が 30% 増加し、ダウンタイムは短縮されます。


無駄の減少によるコストの削減

Cisco IWAN の導入前、同社では接続を確保するためにバックアップ回線を必要としていましたが、これらの回線が実際に使用されることはほとんどありませんでした。現在は低価格のインターネットを利用して MPLS ネットワークを増強し、より低コストで最高のパフォーマンスを得て、帯域幅を広げています。


数百もの拠点を接続

数百もの拠点を接続

Lufthansa Systems GmbH & Co.KG は卓越したサービスの提供を目指しています。そのため、シスコのダイナミック マルチポイント VPN(DMVPN)を使用して、Lufthansa、Malaysian Airlines、Royal Air Maroc、Ethiopian Airlines、Star Alliance メンバーをはじめ、世界各国の航空会社や顧客とのコミュニケーションをシンプル化しています。


標準構成による管理のシンプル化

Lufthansa Systems GmbH & Co.KG は、同社がサービスを提供している航空会社のニーズに対応するため 3 段階のレベルの WAN サービスを提供しています。
エコノミー、ビジネス、ファースト クラスの 3 レベルです。シスコ機器の標準的な設定を提供することにより、同社の IT チームはその設定を再利用して、中央拠点からすべてのルータを制御できます。これにより、運用がさらに容易になります。
Cisco Application Visibility and Control(AVC)は、ネットワーク全体でのフローのモニタやパフォーマンス測定指標の識別に特に有効です。


効果

  • 帯域幅が 30% 増加
  • 標準化されたインフラストラクチャにより管理がシンプル化
  • 冗長化が不要になり使用率が向上

今後に向けて

Lufthansa Systems GmbH & Co.KG は、すでに次世代の SkyConnect に対する作業を開始しています。次期リリースでは、ネットワークの管理と新しい拠点のプロビジョニングをさらにシンプル化するために、Cisco Application Policy Infrastructure Controller(APIC)エンタープライズ モジュールおよび Cisco Prime. Infrastructure が使用される予定です。


「当社はシスコのゴールド パートナーかつ顧客として、長年の間シスコと取り引きしています。パフォーマンスに対する当社の考えを実現してくれる企業は他にはありません」(Voegele 氏)

メディアを選択

Lufthansa Systems GmbH & Co.KG

規模:従業員 1,400 人
拠点:世界各国
業種:IT サービス

製品 & サービス

データセンター

  • Cisco UCS® B シリーズ ブレード サーバ

ルーティングとスイッチング

  • Cisco 1941 ルータ
  • Cisco 2900 シリーズ サービス統合型ルータ
  • Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ
  • Cisco 7606 ルータ

次のステップ

Cisco Intelligent WAN の詳細