ユニファイド コンピューティング

イントロダクション

パフォーマンスと密度の向上

幅広い用途に利用できるエンタープライズクラスの Cisco UCS B200C220、および C240 M3 サーバのメリットをご確認ください。

パフォーマンスと密度の向上

スマートなインフラストラクチャでスマートに展開

変化の激しいビジネス ニーズへの迅速な対応を必要としているのなら、Cisco Unified Computing System(UCS)にお任せください。Cisco UCS は、スマートでプログラム可能なインフラストラクチャを提供する、業界初の統合型データセンター プラットフォームです。ベアメタル環境、仮想環境、およびクラウド コンピューティング環境において、エンタープライズクラスのアプリケーションおよびサービスをシンプルかつ迅速に展開できます。

この次世代のデータセンター プラットフォームには、モデルベースの管理、エンドツーエンド プロビジョニング、および移行サポートが 1 つに統合されているため、アプリケーションの展開が迅速かつシンプルになるうえに、信頼性と安全性が向上します。

Cisco Unified Computing System:

  • シスコ サーバ、ネットワーク、および I/O リソースを 1 つのシステムに統合
  • エンタープライズ アプリケーションの可用性とパフォーマンスの向上
  • サービスをスケーラブルに提供でき、ビジネスの俊敏性向上に貢献
  • データセンター リソースを効率化して総所有コストを削減
  • セットアップ、管理、電源供給、冷却、ケーブル接続が必要なデバイスの台数を大幅に削減

製品コンポーネントを見る

注目のコンテンツ

業界を牽引する Cisco UCS
いくつもの記録を樹立するアプリケーション パフォーマンス
詳細はこちら

データセンターにイノベーションを
Cisco UCS が多くのデータセンター サーバに選ばれる理由をご確認ください。
詳細はこちら

ユニファイド コンピューティングとは?
次世代のデータセンター テクノロジーとパフォーマンスの世界へと進みましょう。
Flash ムービーを観る

競争が激しく急速に変化する現在のビジネス環境において、業務の効率改善はますます難しい課題となってきています。データセンターには、高いコスト効果とパフォーマンスと同時に、素早く動的に対応可能な拡張性と俊敏性が求められています。

Cisco UCS の特長は、シンプルで統合されたシステム アーキテクチャと、自動化と一元化を実現した管理システムにあります。Cisco UCS では、設定、管理、保守の対象となるコンポーネント数が減少しています。そのため、拡張に要する時間を短縮し、コストを削減することができます。結果として、企業の IT 部門はさらに俊敏かつ柔軟になり、コスト効果を上げることができます。

IT チームにとっての Cisco UCS のメリット:

  • データセンターの複雑さを削減
  • 業務効率の改善
  • 可視性、制御性、パフォーマンスの向上
  • 管理機能の統合、一体化、および組み込み
  • 素早く効率的なリソースの割り当て

IT 部門は結局のところ、実際のビジネス ニーズに対応した利点とソリューションをいかに効率的に提供できるかで判断されます。Cisco Unified Computing System(UCS)は、IT マネージャや経営陣が直面するシステム レベルの問題に対処し、組織のビジネス効率の向上に貢献します。また、総所有コスト(TCO)を削減して効率性を高め、ビジネスの手法を変革します。

注目のコンテンツ

Cisco Unified Computing System カタログ
Cisco UCS の製品情報と、関連ソリューション情報がギッシリ詰まった一冊。世界で躍進し続ける UCS の魅力をご紹介。
今すぐダウンロード(PDF 4.41 MB)

今日からはじめるシスコのラックマウント サーバ
ラックマウント サーバ Cisco UCS C シリーズについて、その特長を動画などでわかりやすく解説します。
詳細はこちら

Cisco Unified Computing System でエンタープライズ アプリケーションを強化

Cisco Unified Computing System(UCS)は、高パフォーマンスのサーバ、高速のネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化技術が、スマートに一体化されたインフラストラクチャです。統合モデルベース管理で自動設定される Cisco USC では、ベアメタル環境または仮想化環境で動作するエンタープライズ アプリケーションの展開を簡素化できます。Cisco UCS により柔軟性が大幅に向上し、TCO が削減されます。

Cisco UCS の特徴は次のとおりです。

  • 統一された単一システム:Cisco UCS は従来のブレード シャーシやラックの枠を超え、サーバ、ネットワーク、ストレージ アクセス リソースを 1 つにまとめ、物理的に分散しながらも中央で管理できるシステムを構築しています。
  • スマートなインフラストラクチャ:パーソナリティ、設定、サーバおよび I/O リソースの接続情報などをプロファイルに抽象化することで、これらの属性を自動でプログラムすることを可能にしています。
  • 統合されたモデルベースの管理システム:モデルの設定とシステム リソースを関連付けることにより、IT 部門は一貫したポリシー、サーバ特性、ワークロードを持つことができます。
  • ユニファイド ファブリック:IP、ストレージ、およびプロセス間通信ネットワークを 1 つの I/O インフラストラクチャに統合することで、単一の I/O 接続を追加費用をかけずに実現し、ケーブル配線およびアップストリーム スイッチングが簡易化されます。
  • Cisco ファブリック エクステンダ テクノロジー:ネットワーク ファブリックは、直接ブレード サーバおよび仮想マシンにまで拡張されます。トラフィックが 1 ヵ所にまとまるため、一貫性のある一元管理と仮想化環境での前例のない可視化と制御を実現できます。

増分展開モデルと包括的なパートナー エコシステムにより、Cisco UCS は、エンタープライズ アプリケーションの展開に適したスマートなインフラストラクチャとなっています。

Unified Computing System

Cisco Unified Computing System は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を 1 つの総合的なシステムにまとめた、総所有コスト(TCO)の削減とビジネス敏捷性の向上に貢献する次世代のデータセンター プラットフォームです。


大きな画像を表示

Cisco Unified Computing System は、次のコンポーネントから構築されます。

ブレード サーバ
拡張性と柔軟性に優れたアーキテクチャは、データセンターにおける今日と将来のニーズに応え、総所有コストの削減に貢献します。

ラックマウント サーバ
処理、メモリ、I/O、および内部ストレージ リソースのバランスを変化させることで、変動的なワークロードの課題に対応

ファブリック インターコネクト
管理ドメインを 1 つに集約して可用性を高め、ネットワーク接続と管理機能により接続されたすべてのブレードとシャーシをサポート

UCS 管理
統合されたポリシー駆動型の拡張可能なアーキテクチャにより、すべてのシステム コンポーネントと設定を管理

仮想インターフェイス カード
I/O 管理を簡素化、拡張、集中化し、同時にポリシーの整合性と一貫性のあるネットワークの可視性を実現

ユーザ事例
最新のシスコ ユニファイド コンピューティングの事例をお読みください。

各種資料
最新のシスコ ユニファイド コンピューティングのホワイト ペーパーやプレゼンテーションをご覧ください。

業界における認知度
シスコ ユニファイド コンピューティングの最新の記事と受賞歴をご覧ください

パフォーマンス ベンチマーク
世界をリードするパフォーマンス結果と業界での認知度をご確認ください

ソフトウェアとストレージの相互運用性
Cisco UCS が達成した広範な相互運用性の証をご確認いただけます

データセンター パートナー
エコシステム パートナー