サーバ仮想化

イントロダクション

サーバ仮想化のための強固な基盤を確立

Cisco Unified Computing System(UCS)は仮想化に最適化された、クラウド時代の次世代サーバです。コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセスを 1 つのシステムに統合するプラットフォームです。

Cisco UCS によるサーバの仮想化には、次のような利点があります。

  • ワークロードの統合と使用率の向上、さらに運用、導入、設置スペース、電力、冷却に必要なコストの削減
  • 仮想化プール内での動的なワークロードの移動による柔軟性の向上
  • パフォーマンスとサービス レベルの最適化
  • リソース プールを使用して多くの仮想マシンを作成できるため、既存のアプリケーションの拡張や新しいアプリケーションの導入が容易
  • 高可用性および障害回復の迅速性
ソリューション

Microsoft との連携によるサーバ仮想化 [英語]
Cisco Unified Computing System(UCS)で Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V を稼動させることにより、Microsoft のエンタープライズ アプリケーションを仮想化します。


Red Hat との連携によるサーバ仮想化 [英語]
Cisco VN-Link と Red Hat Enterprise Virtualization(RHEV)のテクノロジーを組み合わせることで、ハードウェア アクセラレーションによる仮想化 I/O の利点を活用できます。


VMware との連携によるサーバ仮想化 [英語]
シスコと VMware の共同ソリューションは、広範なアプリケーションに対応するサーバ仮想化の導入を促進します。

注目のコンテンツ

お問い合わせ