プログラム可能なインフラストラクチャ

イントロダクション

システム管理の自動化

Cisco Unified Computing System(UCS)は、データセンターのプログラマブル インフラストラクチャ コンポーネントです。プログラマブル インフラストラクチャは、インストールされているソフトウェア スタック(ハイパーバイザ、OS、アプリケーション)に識別、監視、設定、制御のための API を提供します。

API を使用すると、そのシステムがデータセンター全体の管理システムに単一の論理エンティティとして統合されます。サーバ、ネットワーク、I/O リソースへの特性指定、プロビジョニング、設定は、サービス プロファイルを適用することで、オンデマンドで実施できます。

このテクノロジーでは、統合された、モデルベースのシステム管理がサポートされます。

プログラマブル ハードウェアとネットワークの設定

このインフラストラクチャのプロパティや設定はすべて、Cisco UCS Manager を介してプログラム可能です。これには次の内容が含まれます。

  • MAC アドレスと Universally Unique Identifier(UUID)
  • ファームウェア リビジョン
  • BIOS および RAID コントローラの設定
  • Host Bus Adapter(HBA)および Network Interface Card(NIC)の設定
  • ネットワーク セキュリティ
  • Quality of Service(QoS)

Cisco UCS が接続されると、システム リソースが柔軟性の高いプールの一部となり、任意のワークロードのためにオンデマンドで迅速に利用できるようになります。システムがサーバおよび I/O リソースの特性、設定、接続を抽象化することで管理が自動化されます。

柔軟性の高い IT 環境の構築

プログラマブル インフラストラクチャによって、人の介在なしに、動的で弾力性のあるクラウド コンピューティング環境がサポートされます。これは、次のようにさまざまな利点をもたらします。

  • システム全体を上位レベルの枠組みで単一の論理エンティティとして管理
  • 手間がかかりミスの発生しやすい手動のプロセスを自動化しながら、導入を迅速化してミスも削減
  • リソース利用率の増加によって総所有コスト(TCO)を軽減
  • リソースが特定のアプリケーションまたはオペレーティング環境に限定されることなく、オンデマンドで再利用できるようになり、ビジネスの俊敏性が向上
  • リソースの追加において Pay-as-You-Grow モデル(成長に合わせた段階的な投資)をサポートし、柔軟性と拡張性を実現

このシステムは、自己統合自と己認識によって、コンポーネントのインベントリを自動的に検出して維持します。このインベントリを使用することで、検出の自動化や設定および変更の管理システムとの統合が可能となります。

お問い合わせ