データセンター

Cisco Unified Computing System と Microsoft Windows Server 2012:最高の完成度を誇るソリューション

ホワイトペーパー





Cisco Unified Computing System と Microsoft Windows Server 2012: 最高の完成度を誇るソリューション



このドキュメントの内容


Microsoft Windows Server 2012 は、Microsoft の進化における大きなステップであり、オンプレミス プライベート クラウドとホスト提供型のパブリック クラウドの両方に IT 基盤を提供できる仮想化の世界をリードするプラットフォームを提供します。Microsoft Windows Server 2012 の主な新しい機能には次が含まれます。

  • Microsoft Windows および Linux のワークロードに対応する業界屈指の機能での異種環境の仮想化
  • 1 台のサーバ管理と同じ簡単さで大規模なサーバ管理をサポートできる向上された管理性
  • オンプレミスとオフプレミス展開の両方で共通のフィーチャ セットを使用し、あらゆるクラウドであらゆるアプリケーションを実行できる機能

Cisco Unified Computing System™(Cisco UCS®)サーバ ファミリはこれらの強化点を最大限に活用し、シスコの業界をリードするネットワークおよびデータセンター テクノロジーのプロバイダーとしての経験と革新に基づいた機能を追加して、Hyper-V 搭載 Microsoft Windows Server 2012 をベースとした完全なソリューションを企業に提供します。このドキュメントは、次のような主な Cisco® の補完的テクノロジーについて説明します。

  • Cisco UCS サーバ プラットフォーム
  • Cisco Nexus® 1000V シリーズ スイッチおよび VM-FEX(Cisco Data Center 仮想マシン ファブリック エクステンダ)
  • Cisco UCS Manager およびその他の管理テクノロジー

仮想化テクノロジー


仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)およびセッション仮想化を通して、サーバ展開およびデスクトップ サービスに仮想化を利用することは、焦点を「第一に仮想、例外的に物理」に置いたほとんどの組織にとって標準となっています。仮想化に重点を置くことで、仮想プラットフォームは仮想環境に完全なソリューションを提供し、仮想マシン上のサービスおよびアプリケーションが機能を損なうことなく基盤のコンピューティング リソースの完全な機能と拡張性を利用できるようにする必要があります。Microsoft Windows Server 2012 は、業界をリードするパフォーマンスとフィーチャ セットを提供するオペレーティング システムと仮想化プラットフォームを提供します。

拡張性とパフォーマンス


仮想化は、もはや Tier 2 および Tier 3 アプリケーションのみで使用するテクノロジーとは見なされなくなりました。組織は現在、従来非常に多くのプロセッサとネットワーク リソース、および大容量のメモリとディスク領域を必要とする場合がある Tier 1 アプリケーションを含めたデータセンター内の全アプリケーションの仮想化に取り組んでいます。Microsoft Windows Server 2012 は、320 のプロセッサ コアとメモリ 4 テラバイト(TB)を搭載したサーバを含め、最大規模の x86 ベースのサーバにサポートを提供します。非常に大規模な環境に対するサポートは、仮想マシン構成向けの次の新機能にも反映されています。

  • 仮想マシンあたり 64 基の仮想 CPU(vCPU)
  • 不均一メモリ アクセス(NUMA)を完全サポート、仮想マシンに NUMA トポロジを適用し、物理プロセッサとメモリ トポロジの知識に基づき完全に最適化された状態で仮想マシンの NUMA 対応アプリケーションを実行可能
  • 仮想マシンあたり 1 TB のメモリ
  • 新しい 64 TB の拡張仮想ハード ディスク(VHDX)形式で、これまでの 2 TB VHD の制限と、非常に大容量が必要とされる場合にパススルー ストレージを使用する必要性を排除
  • 64 ノードのフェールオーバー クラスタおよびクラスタあたり 4000 の仮想マシンをサポート

新しい仮想マシンの拡張性指標により、Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V でほぼあらゆるワークロードを仮想化する能力が提供されます。図 1 に示すように、Cisco UCS サーバ プラットフォームは、(シャーシベースの製品に加えて)ブレードベースのソリューションを提供し、限界に達するまで Microsoft Hyper-V の拡張性引き出す最新の x86 ベースのサーバ環境を提供すると同時に、ユニファイド ファブリックに接続する統合型ネットワーク アダプタ(CNA)が各ブレードに 1 つの 40 GB ネットワーク接続を提供します。Cisco UCS 管理フレームワークを使用して、この 1 つの接続を最大 256 の仮想アダプタに分割でき、各仮想アダプタが Cisco UCS ブレード上で物理ネットワークとして、またはファイバ チャネル ホスト バス アダプタ(HBA)デバイスとして、稼働するオペレーティング システムにより認識されます。

この複数のネットワークと HBA デバイスを形成する機能により、Cisco UCS プラットフォームは、物理スロットの数が限られるためにアダプタ接続について一般に強い制限があるその他のブレードベースのソリューションと区別されます。多くの Microsoft のベスト プラクティスでは、特に仮想化を使用する際、複数の個別のネットワークおよびストレージ接続を必要とします。CNA は、企業のプラットフォームに対する投資が、今日の Microsoft のベスト プラクティス、および将来のベスト プラクティスに対するガイドラインを確実に満たせるよう支援します。図 1 の例では、Cisco UCS Manager を使用し、適用されたホスト プロファイルを介して多様な帯域幅の 3 つのネットワーク アダプタとファイバ チャネル HBA が形成されています。

図 1 ユニファイド ファブリックに接続する CNA を含む Cisco UCS サーバ プラットフォーム

図 1 ユニファイド ファブリックに接続する CNA を含む Cisco UCS サーバ プラットフォーム


CNA の柔軟性はパフォーマンスを犠牲にすることがありません。最近の TechEd 2012 Europe では、900,000 I/O 処理/秒(IOPS)のスループットを実現する Cisco UCS プラットフォームが展示され、これは最も過酷なワークロードでも仮想化をサポートし、Cisco UCS が将来的なワークロードの要求を満たすことを示しています。

ストレージ独立型の Cisco UCS プラットフォームは、最新のストレージ テクノロジーをサポートし、サーバ メッセージ ブロック(SMB)3.0 プロトコルを使用したストレージへのクライアント アクセスおよび Cisco UCS プラットフォームからの SAN へのダイレクト アクセスの両方において、新しい Microsoft Windows 2012 ストレージの改善点を生かすことができます。Microsoft Windows Server 2012 は主要な SMB プロトコルの新バージョンを導入しており、Microsoft Office ドキュメントなどの従来型のデータ アクセスでの使用に加え、SMB を Microsoft SQL Server および Hyper-V などの Tier 1 アプリケーション向けストレージ プロトコルとして使用することを可能にします。Small Computer System Interface over IP(iSCSI)も Microsoft Windows Server 2012 のコア ファイル サービスです。SAN 上でのデータ重複排除と移動のパフォーマンスは、新しいオフロード データ転送(ODX)機能を搭載した Microsoft Windows Server 2012 で大幅に向上されており、この機能は多くの主要な SAN ベンダーによりサポートされるようになります。ODX は Microsoft Windows Server 2012 が SAN ベースのストレージと相互作用する方法を変えます。従来 SAN でのデータ操作で、Microsoft Windows オペレーティング システムは SAN からデータをホスト メモリに読み出してからデータを SAN に書き込むため、遅延が生じていました。ODX により Microsoft Windows Server 2012 をデータ重複排除と移動処理から除外し、代わりに SAN に対して必要なデータ操作の指示が提供され、SAN が直接内部でそれらを実行することで、操作を分単位から秒単位に短縮することが可能になります。

機能


大規模な拡張性はすべてのアプリケーションの仮想化に不可欠です。しかし、仮想化したワークロードの完全なソリューションには単に多数のプロセッサと大容量のメモリが必要なだけではありません。Microsoft Windows Server 2012 は Cisco UCS サーバ ファミリとの組み合わせで、このドキュメントで後述するように、優れた機能と卓越した管理の容易さの両方を実現するフィーチャ セットを提供します。

ファイバ チャネル サポート


前述のユニファイド ファブリックおよび CNA によってサポートされるアダプタ タイプの 1 つがファイバ チャネル HBA で、ストレージへの通信を提供します。このアダプタは、Cisco UCS ブート環境のストレージおよびデータと仮想マシン用のストレージのため Cisco UCS ブレードにおいて不可欠ですが、Microsoft Windows 2012 によってファイバ チャネル アクセス ストレージに新たな可能性が登場します。Microsoft Windows Server 2012 が登場するまでは、ゲスト オペレーティング システムが SAN にアクセスするには、標準のネットワーク接続で動作する IP ベースの iSCSI プロトコルが唯一の方法でした。このアプローチは、ゲストレベルのクラスタリングにおいて、iSCSI 経由であらゆる共有ストレージにアクセスする必要があることを意味し、これにより多くの SAN に対するアクセスが制限され、ゲスト システム内の多くの SAN 管理ツールの使用が禁じられていました。Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V は仮想ファイバ チャネルをサポートしているため、仮想マシンがファイバ チャネル接続された SAN に直接アクセスでき、これまでの仮想マシンの SAN アクセスにおける制限から解放されます。

ライブ マイグレーション


Cisco UCS プラットフォームは数百のブレードを単一のユニットとして管理することができますが、新しい Microsoft Windows Server 2012 の 64 ノード クラスタの拡張性向上をもってしても、組織は単一の Microsoft Windows 2012 クラスタに配置可能な数を超えるブレード サーバを有する場合があります。従来、複数のクラスタを使用すると、クラスタによる制限を受ける Microsoft Hyper-V のライブ マイグレーション テクノロジーを使用してゲスト オペレーティング システムにダウンタイムを生じることなく物理ホスト間で仮想マシンを移動する能力が制限されていました。Microsoft Windows Server 2012 は SMB ファイル共有上で仮想マシンを実行する機能を導入しており、これはクラスタ共有ストレージの必要がないことを意味します。

また、Microsoft Windows Server 2012 は新しいタイプの仮想ライブ マイグレーション(「シェアード ナッシング」ライブ マイグレーションとも呼ばれる)もサポートしており、共通のストレージまたは構成の必要なく、仮想マシンにダウンタイムを生じずに、任意の 2 つの Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V ホスト間で仮想マシンを移動できます。仮想マシンは稼働を続けながら、仮想マシンのストレージ、メモリ、デバイスの状態がすべてコピーおよび同期化され、仮想マシンはオンラインでクライアントに中断なく提供されたまま、新しいホストに切り替えられます。シェアード ナッシング ライブ マイグレーションは、スタンドアロンのホスト間、ホストのクラスタ間、クラスタ化および非クラスタ化ホスト間で使用することができます。このアプローチは、仮想マシンの完全なモビリティと柔軟性を組織に提供します。Cisco UCS サーバ ファミリ独自のユニファイド ファブリックは、仮想および従来のライブ マイグレーションが完全に使用できる接続性を提供し、データセンター間の迅速なマイグレーションを実現します。また、複数の同時マイグレーションもサポートしており、利用可能な帯域幅に基づいて同時ライブ マイグレーションの最大数を動的に調整し、最良のエクスペリエンスを実現できます。仮想マシンのストレージも、新しい Microsoft Hyper-V ストレージ移動機能を利用して、仮想マシンを稼働させながら移動することができ、稼働中の仮想マシンに中断を生じることなく、直接接続、SAN、SMB などあらゆる対応ストレージに移動機能を提供します。

ネットワーキング


仮想化がデータセンターで標準となった今、可能な限り最善の機能を提供できるようにするために、インフラストラクチャのあらゆる側面を評価し、実装を検証する必要があります。仮想化の進化と普及において軽視されてきたデータセンターの最重要要素の 1 つが、ネットワーク ファブリックと呼ばれるネットワーク インフラストラクチャです。仮想化は、仮想ハード ディスクを通したストレージの仮想化に加え、CPU やメモリなどのコンピューティング リソースを仮想化し、抽象化しています。仮想環境で使用されるネットワークは仮想化の恩恵を受けず、物理ネットワーク ファブリックのトポロジに縛られており、仮想環境は基盤ネットワークの構成に縛られ、仮想ネットワーク スイッチの管理は Microsoft Hyper-V 専用ツールで実行されています。この仮想マシン ネットワークと物理ネットワーク ファブリック間の緊密なつながりは、オーバーラップする IP 構成を求める組織もあれば、完全な分離を必要とする組織もあるなど、複数の組織を企業が単一のインフラストラクチャ上でホストしようとするときに多くの複雑さをもたらします。また、仮想マシン ネットワーク構成の変更を必要とせずに、データセンター間で、および潜在的にパブリック クラウドへと仮想マシンを移動する機能が必要な場合も問題となります。

ネットワーク仮想化


Microsoft Windows Server 2012 とシスコのテクノロジーは、今求められているネットワーク機能を提供します。Microsoft Windows Server 2012 は、基盤の物理ネットワーク ファブリックから完全に抽象化された仮想ネットワークを定義できるネットワーク仮想化をもたらします。組織は、たとえば、物理的には同一の物理ネットワーク ファブリック上に、オーバーラップする IP 構成を使用し、オンプレミス サーバとオフプレミス サーバの混合を含む複数の物理的な場所にわたる、赤いネットワークと青いネットワークを作成することができます。各仮想ネットワークは他の仮想ネットワークから見えず、完全に分離されたネットワーク通信を異なるテナントに提供できます。ネットワーク仮想化はソフトウェア IP アドレス書き換えメカニズムを通して有効にすることができ、このメカニズムにより仮想ネットワークで使用される IP アドレスが物理ネットワークでルーティング可能なものに変換され、その後トラフィックがターゲットの仮想マシンをホストする Microsoft Hyper-V ホストに到達すると再度元通りに変換されます。ハードウェアによりサポートされる方法もGRE(Generic Routing Encapsulation)を通して使用されています。GRE は Cisco UCS が完全サポートし、最高レベルの Microsoft Hyper-V ネットワーク仮想化パフォーマンスとエクスペリエンスを提供します。しかし、シスコ ソリューションのユーザにはさらに別の選択肢があります。

ほとんどのデータセンターは、3 つのレイヤのネットワーク ハードウェアで構成されており、これらはネットワーク事業者によって管理されています。

  • ラック内のすべてのホストに接続を提供するアクセス スイッチ
  • 複数のアクセス スイッチを接続する集約スイッチ
  • 集約スイッチを接続し、ネットワーク バックボーン接続を提供するコア スイッチ

ネットワーク事業者はこれら 3 つのレイヤのネットワーク ハードウェア管理の経験があり、一貫した管理手法を使用します。データセンターへの仮想化導入は、ネットワーク事業者に 3 つの問題をもたらします。

  • 仮想化により、ホスト間での仮想マシンの移動が可能になります。セキュリティやバランシングなどのネットワーク ポリシーを定義した後、仮想マシンがどこに移動されてもそのポリシーが確実に維持され、適用されるようにすることが重要です。
  • ネットワーク事業者は仮想トラフィックを把握していません。仮想トラフィックは往々にして物理スイッチに到達せず、仮想スイッチ内でルーティングされています。この可視性の不足が仮想マシン間のネットワーキング問題のトラブルシューティングを困難にしています。
  • 一般的な仮想化管理ツールは、仮想化の管理者に対して負担をかけすぎており、管理者には通常ネットワーク管理者とセキュリティ管理者によって管理されるネットワーク ポリシーやセキュリティ ポリシー、ロードバランシング ポリシーなどを学ぶことが強いられます。

Microsoft Hyper-V ネットワーク スイッチの拡張性


Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V は、Microsoft Hyper-V ネットワーク スイッチに拡張性をもたらし、パートナーがすでに熟知している、ファイアウォールのための Microsoft Windows Filtering Platform(WFP)や侵入防御ソリューション、ネットワーク パケット インスペクション、フィルタリング、転送向けのネットワーク ドライバ インターフェイス仕様(NDIS)フィルタなど、既存の Microsoft Windows のメカニズムを使用して、サード パーティが Microsoft Hyper-V ネットワーク スイッチに接続し、機能を拡張することを可能にします。シスコは新しい Microsoft Hyper-V スイッチの拡張機能を利用して、業界をリードする Cisco Nexus 1000V シリーズと Microsoft Hyper-V 仮想スイッチの統合を可能にしています。Cisco Nexus 1000V シリーズは、仮想化がもたらす新しい仮想アクセス レイヤの完全な管理を提供し、仮想化によってもたらされる 3 つの課題を解決します。Cisco Nexus 1000V シリーズを使用することでネットワーク事業者は Cisco UCS 管理ツールを通した物理ネットワーク インフラストラクチャとの統合と一貫した方法での Microsoft Hyper-V 仮想マシンのネットワークの管理とエクスペリエンスを取り戻すことができます。Cisco Nexus 1000V シリーズは、高度なネットワーク ポリシーに加えて次のネットワーク仮想化機能を提供し、卓越した柔軟性と選択の自由を実現します。

  • ホストのプロセッサに大きな負荷をかけることなく、直接ホスト間で非常に高速なネットワーク データ転送を可能にするダイレクト メモリ アクセス(DMA)
  • QoS(Quality of Service)の運用などハードウェアレベルのネットワーク サービスにサポートを提供するデータセンター ブリッジング(DCB)

しかし、Cisco VM-FEX は、最も要求の厳しいワークロード向けのベアメタル ネットワークのスループットに合わせ、最高レベルのネットワークのパフォーマンスを実現します。

VM-FEX はユニファイド ファブリック テクノロジーと CNA を拡張し、もう 1 つの新しい Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V の機能、Single Root I/O Virtualization(SR-IOV)をサポートします。従来、仮想スイッチは Microsoft Hyper-V 内で作成され、これらが物理ネットワーク アダプタに接続されて、仮想スイッチに接続された仮想マシンに外部接続を提供します。仮想スイッチは仮想マシンに多数のサービスを提供し、サード パーティによる拡張性をサポートします。ネットワーク トラフィックが仮想スイッチを通して処理されるため、スイッチングは若干の通信の遅延を生じさせます。SR-IOV は仮想マシンが直接仮想デバイスと通信することを可能にし、ネットワーク アダプタにより提供される仮想機能を使用して、仮想スイッチを直接バイパスし、ベアメタルのパフォーマンスを実現します。SR-IOV 対応のネットワーク アダプタは特定の数の仮想機能をサポートし、各仮想機能はある特定の時点で単一の仮想マシン仮想ネットワーク アダプタに割り当てられます。Cisco Data Center VM-FEX は SR-IOV にサポートを提供し、ユニファイド ファブリックと組み合わせて最高レベルのパフォーマンスを提供すると同時に、標準の Cisco UCS 管理フレームワークを通して管理および監視を可能にします。Cisco Data Center VM-FEX は本質的に、スイッチのインターフェイスを仮想マシンに直接拡張します(図 2)。

図 2 SR-IOV とのネットワーク トラフィックの比較

図 2 SR-IOV とのネットワーク トラフィックの比較


モビリティを犠牲にしないベアメタルのパフォーマンス


元来、仮想化は抽象化するもので、仮想環境と物理ファブリック間の結合を排除するものであるため、仮想マシンを物理ハードウェアに直接接続するテクノロジーの利用は、通常不適切なものと見なされます。一般に、物理要素に結合された仮想マシンは、Microsoft ライブ マイグレーションを使用したダウンタイムのない仮想マシンの移動機能を妨げますが、SR-IOV と Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V の場合これは当てはまりません。Microsoft Hyper-V ネットワーク ロジックは、SR-IOV で構成された仮想マシンに SR-IOV を使用して実際に接続を形成し、従来のネットワーク スイッチを通して統合ネットワーク アダプタへの接続を形成しますが、これは仮想マシンのゲスト オペレーティング システムおよび管理者の両方から見ることはできません。通常の状況下では、SR-IOV 接続が使用されますが、Microsoft ライブ マイグレーションが開始されると、仮想スイッチを使用してネットワーク接続が統合ネットワーク アダプタに切り替えられ、ライブ マイグレーションが実行されます。その後、仮想マシンがターゲットの Microsoft Hyper-V ホストで稼働されてから、SR-IOV が利用可能であり、ネットワーク接続が SR-IOV 接続に切り替えられたかチェックが実行されます。このプロセスにより組織は仮想環境のモビリティを犠牲にすることなく、Cisco VM-FEX のベアメタルのパフォーマンスと共通管理のメリットを享受できます。

複数のネットワーク アダプタのチーミングを使用する組織に対し、Microsoft Windows Server 2012 はネイティブのネットワーク カード(NIC)チーミング機能を提供し、最大 32 のネットワーク アダプタを単一のチームで使用することを可能にします。この機能によって、ネットワーク アダプタ ドライバで提供される、より高度な機能が利用可能になる場合があるネイティブの NIC チーミングを使用するか、Microsoft がサポートするチーミング ソリューションを使用するかを選択できるようになります。

Cisco UCS サーバ ファミリは Cisco Nexus 1000V シリーズまたは VM-FEX と組み合わせることで、優れたネットワーク管理機能を提供し、組織は現在使用中の運用プロセスを維持しながら、テクノロジーの導入リスクを低減できます。

管理性


Microsoft Windows Server 2012 は、「複数のパワー、1 台の簡易性」、つまり複数のサーバの管理は 1 台のサーバの管理同様に容易でなければならないという管理の哲学の上に構築されています。Microsoft Windows Server 2012 Server Manager は、この哲学をサポートして複数のサーバの同時管理に対応し、サーバのカスタム グループ作成を可能にすると共に、管理対象サーバ全体の健全性を表示する高レベルのダッシュボードを提供するために再設計されています。新しいサーバ マネージャの機能は非常に強力ですが、真のデータセンター自動化にはスクリプト可能なアクションが必要であり、Microsoft は 2300 を超える直感的なコマンドレットを提供することで、Microsoft Windows PowerShell の機能を大幅に向上し、Microsoft Windows Server 2012 のほぼあらゆる要素の管理を可能にしています。シスコは Cisco UCS PowerTool で Microsoft Windows PowerShell を基礎として、共通の Microsoft Windows PowerShell インターフェイスを通し Cisco UCS の管理を提供するシスコ ライブラリで Microsoft Windows PowerShell の機能を拡張し、管理者が Microsoft 製品に慣れて迅速に Cisco UCS と統合できるようにすると共に、単一の管理プラットフォームを使用して仮想インフラストラクチャのあらゆる要素にアクセスすることを可能にします。

シスコおよび Microsoft の管理ツール


ネイティブの Microsoft Windows Server 2012 管理ツールを超える Microsoft System Center 2012 は、組織のデスクトップ、サーバ、物理インフラストラクチャ、仮想インフラストラクチャ、ハードウェア、アプリケーションまですべてを含む、Microsoft 環境のあらゆる要素に対する Microsoft の主力管理および監視ソリューションです。Microsoft System Center 2012 は、20 年近くにわたる Microsoft の管理ツールにおける経験を基礎としています。Cisco UCS Manager は Cisco UCS プラットフォームのエンドツーエンドの管理を提供するシスコの管理ツールで、Cisco UCS 向けの Microsoft Windows PowerShell ライブラリに加え、シスコは 2 つの主要な Microsoft System Center 2012 のコンポーネント、Operations Manager および Orchestrator に Cisco UCS Manager の統合性を提供します。Microsoft System Center 2012 Operations Manager 向け Cisco UCS Management Pack は、Cisco UCS コンポーネントの監視と健全性の管理を提供します。Microsoft System Center 2012 Orchestrator は IT オートメーション ツールボックスとして作用し、データセンター内の多くの異なる IT システムに接続を提供します。そしてこれまで多くの異なるツールへのアクセスが必要であった一連のアクションは、手動でまたはほかのシステムによって使用することができる運用マニュアルで定義でき、手動プロセスの必要性を排除します。Microsoft System Center 2012 Orchestrator 向け Cisco UCS Integration Pack は、オートメーション アクションの機能を拡張し、Orchestrator がマルチシステム ワークフローの一部として Cisco UCS Manager に接続し、アクションを実行することを可能にします。

ユニファイド ファブリックの構成など Cisco UCS サーバ ファミリの基本的な管理の提供に加え、Cisco UCS Manager は最高レベルのハードウェアでも障害が発生するマルチサーバ環境に不可欠な機能をお届けします。サービス テンプレートを使ってテンプレートを定義し、ネットワーク アダプタの数、ファイバ チャネル接続の数、その他ハードウェア構成オプションなど、導入されたブレード サーバの構成を細部にわたって記述することができます。このサービス テンプレートは、新しいブレードを希望する構成に迅速にプロビジョニングするために使用できます。さらに、ブレードに障害が発生した場合、交換用ブレードを特定し、サービス テンプレートを通して、共有ストレージ上のブートに用いるオペレーティング システムを含め、障害の発生したブレードのハードウェア構成を交換用ブレードに適用することができ、障害が発生したブレードを数分で交換することができます。

Cisco UCS Manager は Microsoft Tech Ed 2012 Breakthrough Technology Award を受賞しました。Cisco UCS Manager と Microsoft System Center 2012 の統合により、組織は単一のペインを通して物理インフラストラクチャおよび仮想インフラストラクチャの完全な可視性と管理を実現できます。

まとめ


Microsoft Windows Server 2012 は、Microsoft Windows Server 2012 オペレーティング システムの強化と Microsoft Hyper-V の多くの優れた機能で、非常に強大なサーバ仮想化機能とクラウド プラットフォームを提供します。Cisco UCS プラットフォームは、Cisco Nexus 1000V シリーズおよび Cisco VM-FEX と組み合わせることで Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V に必要な要素が最もそろったプラットフォームを提供し、組織が Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V の機能を最大限活用すると共に、シスコの革新性を通してそれら機能をより一層拡張することを可能にします。さらに、Microsoft Windows PowerShell および Cisco UCS Manager と Microsoft System Center 2012 間の統合は、組織が単一の統合されたアプローチを使用して Microsoft およびシスコのソリューションのあらゆる要素を管理できるように支援します。これらすべての特徴によって、Microsoft Windows Server 2012 および Cisco UCS は市場で最高レベルの完成度を誇るソリューションをお届けします。

関連情報


詳細は、シスコまたは Microsoft 担当者にお問い合わせいただくか、http://www.cisco.com/jp/go/microsoft/ をご覧ください。

お問い合わせ