データセンター ユーザ事例

ポリフォニー・デジタル、ゲーム開発用基盤システムとしてCisco UCS ブレードサーバを東京と福岡の 2 拠点に採用

東京スタジオの移転を機にサーバ システムを Cisco UCS に更改し、仮想化のメリット、管理ツールの扱いやすさを改めて実感新設した福岡アトリエにも導入して業務継続性の向上を図る 株式会社ポリフォニー・デジタル

ゲームタイトルの開発などを手がけるポリフォニー・デジタルは、パフォーマンスの高いサーバ システムを運用することで、膨大なデータを扱う日々の作業効率の向上を図ってきた。東京スタジオの移転を機にシステムの更改を進めることになった同社は、シスコの Cisco Unified Computing System を採用し、いっそうのパフォーマンス向上と運用管理の負担削減を達成。事業継続性を高めるべく新設した福岡アトリエにも導入し、Cisco UCS Managerによるリモート管理で 2 拠点 64 ブレードのシステムを円滑に運用している。

導入のきっかけ―東京スタジオの移転を機にサーバ システムの更改を計画

ゲームタイトル開発を手がけているポリフォニー・デジタルでは、東京スタジオの移転を機にサーバシステムを更改し、より高いパフォーマンスと運用性を実現したいと考えていた。シスコのサーバ ソリューション Cisco Unified Computing System (Cisco UCS)を採用し、新設した福岡アトリエにも機材を振り分けて2拠点体制とすることで、業務継続性の向上も図っている。

シスコを選んだ理由―導入時のコスト、パフォーマンス、優れた管理ツールを評価

今回、シスコを選んだ理由としては、

  • ハードウェアの世代が新しく、高いパフォーマンスを得られるシステムであること
  • 管理ツールの Cisco UCS Manager が扱いやすく、運用管理の効率化に期待できたこと
  • 構築ベンダーからの見積もりで、十分納得できる導入コストだと判断したこと
    などが挙げられる。

導入プロセス―東京の機材を福岡にも振り分け、リモートで稼動チェックを実施

東京スタジオに導入予定の機材の一部を福岡に回し、リモートによる構築支援と稼動チェックを実施。Cisco UCS Manager でシステム全体の状態を視覚的に把握でき、作業は半日で完了。

導入効果―安運用管理の負担を大きく削減。仮想化のメリットを実感

  • システム全体の運用管理性が向上して負担が減り、各ユーザのフォローに時間を割きやすくなった。
  • 仮想マシンの作成が非常に簡単になり、状況に応じた構成を容易に実現できるようになったことで、仮想化環境のメリットを改めて実感している。
  • 福岡のシステム管理を東京からリモートで行うという目標を達成できている。

今後の展開―アプライアンスの機能をより活用すると共に、効果的な取り組みを継続

  • 未使用の機能もあり、アプライアンスの実力をさらに発揮させていきたい
  • 複雑化するネットワーク上の脅威に対応するために、シスコの他のセキュリティ製品との連携も検討

導入の経緯
東京スタジオの移転を契機に高性能なサーバ システムへの更改を計画
福岡に新設したスタジオにも機材を振り分け、事業継続性の向上も図る


家庭用ゲームコンソールである PlayStation プラットフォームのゲームタイトル『グランツーリスモ』シリーズで有名なポリフォニー・デジタルは、ゲーム開発における膨大なデータの保存と処理を行うサーバ システムを適宜更新しており、パフォーマンスとコストのバランスを意識しつつ、できるだけ高性能なものを採用することで作業効率の向上に努めてきた。2011 年初頭に東京スタジオの移転を予定していた同社は、そのタイミングでサーバ システムを更改すべく各社の製品を検討。ハードウェアの世代や導入時のコストはもとより、仮想化環境のメリット発揮や、運用管理の負担削減も重視した結果、シスコのサーバ ソリューションである Cisco Unified Computing System(以下Cisco UCS)を採用した。

当初、すべての機材を東京スタジオに配置する予定だったが、東日本大震災の影響を受け、事業継続性の向上を図るべく九州(福岡)に新スタジオの開設を決断。システム構成を一部変更して、2 拠点での業務体制を整えている。

長谷川正典氏は、シスコを選択した理由について、次のように話す。

「システムとして素晴らしいスペックであることはわかっていたのですが、シスコは価格が高いと思い込んでいたところがあって、最初は候補から外れていたんです。ユニファイド コンピューティングというコンセプトも、明らかに他のベンダーと違うので、実際どうなのだろうという不安もありました。

ただ、ベンダーから提示された見積もりが十分に納得できる価格だったので改めて検討を進めることになり、最終的に採用に至りました。今では、Cisco UCS を選んで正解だったと強く思っています。」

青木泰憲氏は、2 拠点化に伴うシステム構成の変更について、次のように話す。

「はじめは東京スタジオに Cisco UCS B シリーズを 8 シャーシ/64 ブレード構成で入れることになっていましたが、これを東京に 6 シャーシ/48 ブレード、福岡に 2 シャーシ/16 ブレードと分けることにしました。福岡用にファブリック インターコネクトを 2 台追加して、それぞれでほぼ同じ環境を整えています。」

導入プロセス
福岡のシステム構築を東京からリモートで支援
Cisco UCS Manager で的確かつスピーディな作業が可能に


Cisco UCS Manager

スタジオを 2 拠点化するという会社としての決断は非常に早く、システム構成の面でも迅速な対応が必要だったという。運用管理はもともと少人数で行っており、東京と福岡に分かれての作業は相応に負担が増すものと思っていたが、ここで Cisco UCS ならではの特長が大きな効果を上げたと青木氏は話す。

「本来、機器のケーブリングなどの指示は事前にドキュメントをまとめて対応すべきものですが、今回はそこまでの時間的な余裕がありませんでした。しかし、Cisco UCS は、そもそも物理的にケーブルを接続する箇所が少なく、システムの構成がとてもシンプルなので、10 ヶ所程度の配線だけですぐ稼動させることができたのです。」

さらに、統合管理ツールの Cisco UCS Manager によって、リモートでの対応が非常に的確かつスピーディに行えたとのこと。

「稼動させた後のチェックで一部接続が不十分な箇所があり、ブレードが正しく認識されていないところがありました。こうした不具合を、Cisco UCS Manager は、画面上ですべて把握できます。接続経路やコンポーネントをビジュアル表示で確認しながら作業できるので、東京で画面を見ながら福岡の担当者に電話で指示を出して、スムーズに解決できました。現場で実機のケーブルを見ながら作業するよりもわかりやすく、リモート対応であるにも関わらず、非常に効率よく設置できてよかったです。」

以前利用していたブレード サーバでは Web ベースの管理機能があったが、できることが限られており、作業効率はいまひとつだったという。それだけに、ネットワークにつながっているシステム全体をビジュアルで把握、管理できる Cisco UCS Manager のわかりやすさ、使いやすさを青木氏は高く評価している。

福岡のシステム構築を東京からリモートで支援 
Cisco UCS Manager で的確かつスピーディな作業が可能に

※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

導入効果〜今後の展開
管理業務の負担が減り、各ユーザへのフォローが充実
仮想化のメリットを実感できる高効率のシステム構築を達成


管理業務の負担が減り、各ユーザへのフォローが充実   仮想化のメリットを実感できる高効率のシステム構築を達成

今回、Cisco UCS へ移行したことで、システム全体の運用管理にかかる負担が大きく減り、その分ユーザへのフォローに労力をかけられるようになったと青木氏は話す。

「担当者が私を含め 3 名で、さらに福岡にもスタジオができたので、今までのシステムだったら確実に負担は増えていたと思います。業務の中で、各ユーザへの対応が占める割合はかなり多いので、そちらにより多くの時間を取れるようになったのはなによりです。福岡のシステムに対しても東京からリモート管理で迅速に対処でき、その点でも業務継続性の向上に貢献しているのではないかと思います。」

また、仮想化環境ならでのメリットを実感できるようになり、さまざまな面での効率化にも結びついているという。

「ブレード サーバで仮想化環境に移行する前は、物理サーバを 200 台ほど使っていて、コンソールを物理結線で直に切り替えて運用していました。それを以前のブレード サーバへ移行したときは、必ず Web ベースの管理画面で設定することになり、利便性が損なわれてしまった面がありました。仮想マシンの作成も、結局ブレード単位で行うので、仮想化のメリットを実感できていなかったんです。

こうした懸念や課題が、Cisco UCS へ移行して一気に解消されました。弊社は業務上扱うデータサイズが大きく、同じ処理能力の仮想マシンを一度に複数作成することが多いのですが、Cisco UCS では、サービス プロファイルの適用と仮想マシンのコピーで完了するので、本当にスピーディかつ効率的です。物理サーバの統合も進み、ラックへの集約率が高まって設置スペースに余裕が生まれ、消費電力の削減も図られています。」

長谷川氏も、Cisco UCS にしてよかったと、改めて感じていると話す。

「仮想化の恩恵を本当に受けられるシステムなのだと、正直驚いています。ネットワークも全部つないでおいて、あとは管理ツールで論理構成を組み替えるだけで状況に応じた最適な環境を構築できますし、仮想マシンの作成もシンプルかつ簡単です。システム管理に関する実際のオペレーションが、以前では信じられないスピードで進んでいくのを見ると、改めてすごいと思いますね。」

今後は、ユーザ環境の仮想化が検討課題になると青木氏は話してくれた。

「仮想化によってユーザ環境のセットアップが非常に簡単になるので、ハードウェアの故障などトラブルが生じてもすぐ対応できるようになるでしょう。OS のバージョンアップといった規模の大きい作業が発生したとき、今は担当者が手分けして順番に対応していますが、なかなか効率化が難しい部分です。グラフィックスボードの性能に依存する制作環境は現状から大きく変えられませんが、一般的な業務用では仮想化統合率を上げて改善できればよいと思っています。」


Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。

導入ソリューション

  • Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)B シリーズ ブレードサーバ
  • Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクト
  • Cisco UCS Manager

導入前の課題、検討事案

  • ハードウェアの世代が新しい、よりパフォーマンスの高いサーバ システムによって作業効率を高めたいと考えていた。
  • ネットワークの設定、仮想マシンの作成など、業務に関わる運用をより簡便にして、3名体制の管理スタッフの負担を削減したいと考えていた。
  • 事業継続性向上のため新設したシステムも東京からリモート管理し、2 拠点のシステム運用をトータルに効率化したいと考えていた。

導入効果

  • ブレード型の Cisco UCS B シリーズにより、高効率、高パフォーマンスのシステムを構築している。
  • Cisco UCS Manager により、ネットワーク設定、仮想マシン作成など一連の作業が非常に効率化され、大幅な負担削減を実現した。
  • Cisco UCS Manager によって構成コンポーネントをビジュアルで把握し、リモートでの対応を含め、スピードと確実性が大きく向上している。
株式会社ポリフォニー・デジタル 長谷川 正典 様

株式会社ポリフォニー・デジタル
長谷川 正典 様

株式会社ポリフォニー・デジタル 青木 泰憲 様

株式会社ポリフォニー・デジタル
青木 泰憲 様

株式会社ポリフォニー・デジタル

株式会社ポリフォニー・デジタル
所在地
【東京スタジオ】
東京都江東区越中島 1-1-1 ヤマタネ深川 1 号館 2F
【福岡アトリエ】
福岡市早良区百道浜 2-1-22 福岡SRPセンタービル 5F
設立
1998 年 4 月 2 日
資本金
1,000 万円(2012 年 3 月 31 日現在)
従業員数
約110名

株式会社ポリフォニー・デジタルは、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの 100% 出資によるソフトウェア開発会社です。
当初はソニー・コンピュータエンタテインメント内の一部門であった『グランツーリスモ』制作チームが 1998 年に独立して設立されました。
全世界累計 6,589 万本※)を出荷した『グランツーリスモ』シリーズをはじめ、『ツーリスト・トロフィー』といったクルマやバイクのゲームを中心に企画・制作しています。※2011年12月末現在。

株式会社ポリフォニー・デジタル

©2012 Sony Computer Entertainment Inc.
PlayStation is a registered trademark of Sony Computer Entertainment Inc.