データセンター ユーザ事例

グリー株式会社、会社の成長スピードに対応できる高効率なコミュニケーション基盤を Cisco UCS ベースのシステムとして構築

会社の成長スピードに対応できる高効率なコミュニケーション基盤をCisco UCS ベースのシステムとして構築今後のサーバ ソリューションとしての活用にも期待を寄せる グリー株式会社

ソーシャル コンテンツの開発などを手がけるグリーは、短期間に社員数が大幅に増加し、今後も成長を続けていくことを踏まえ、将来の拡張を無駄なく柔軟に行えるコミュニケーション基盤を求めていた。シスコ ユニファイド コミュニケーションの呼制御サーバ機能を Cisco Unified Computing System 上で実現する“UC on UCS”構成を採用することで、抱えていた課題を解決し、今後のさらなる活用にも期待を寄せている。

導入の経緯
会社の急速な成長スピードに対応できる基盤整備が課題
システム拡張という観点から Cisco UCS を選択する流れに


モバイル端末向けのソーシャルゲームをはじめとする各種コンテンツの開発、運営を手掛けているグリーは、社員数の急激な増加やオフィスの増床といった企業規模の変化に対応すべく、社内システムの見直しを進めていた。円滑なコミュニケーションの基盤として、同社はすでにシスコ ユニファイド コミュニケーションを導入していたが、その呼制御サーバも見直しの対象となり、今後の拡張も踏まえた結果、シスコのサーバ ソリューション Cisco Unified Computing System(以下 Cisco UCS)上で呼制御機能を実現する“UC on UCS”構成の導入を決定。2012 年 7 月にリプレースを行い、順調に稼働している。

シスコ ユニファイド コミュニケーション  on UCS の構成(B シリーズの場合)

今回の経緯を、IT-Infrastructureの福島真樹氏は次のように話す。

「社内のサーバ全般に当てはまるのですが、会社の成長スピードが速いので、一度導入した機器を短期間でまた入れ直すのは避けたいと考えていました。また、開発者向けに仮想サーバを構築していますが、その基盤となる物理サーバの増加に伴って接続ケーブルもどんどん増えていたため、システムとしてすっきりさせたいという考えもありました。IP フォンを収容する呼制御サーバも社員や端末の増加に応じて増えていくことが懸念されたため、そこを回避することが課題でした。

ひととおり要件を洗い出して、構築や運用を担当しているベンダーと検討しているときに、Cisco UCS の話を聞いて、興味を持ったのが始まりでしたね。」

IT-Infrastructureの山崎信明氏は、UC on UCS の選択は自然なものだったと話す。

「昨年の約 600 人の社員が、現在は倍の 1,200 人ほどになっていまして、増加の度合いがかなり急なカーブを描く状況でした。今後 IP フォンの台数も同じように増えていくのはほぼ間違いないので、それに堪えられる良いものを入れようと、シスコや構築ベンダーと相談しました。シスコの呼制御サーバとして Cisco Unified Communications Manager Express なども候補に挙がりましたが、今回はシステムの拡張という観点から自然と Cisco UCS をベースにしたものになったところがあります。」

導入プロセス
IP フォンの入れ替えを含めシステムのリプレースは滞りなく完了
優れたシステム基盤を省スペースで構築


シスコと構築ベンダーの協力で、システムのリプレースは順調に進んだとのこと。福島氏は、Cisco UCS がサーバ スペースの抑制にも貢献していると話す。

「オフィスの中でシステム機器に割けるスペースは限られていますから、機器の増設や拡張と、物理的な容積がリンクしないようにしたいという要件もありました。Cisco UCS で、多数の仮想サーバを集約して運用できる環境が省スペースで整えられたのは、すごく大事なことですね。」

導入効果
ユニファイド コミュニケーションの使い勝手も良好
自動化をはじめ Cisco UCS ならではのメリットも実感


今回のシステム更新によって、将来の拡張に対応できる基盤が整ったことはもちろん、ユニファイド コミュニケーションとしての扱いやすさでも評価は高いと福島氏は話す。

「内線番号の割り振りやデータの流し込みなど各種設定は外部に委託していますが、GUI でひととおりの作業ができ、手順書などもまとめやすいので、非常に効率が良いです。オペレーションは同じ作業の繰り返しが多いので、手離れが良いというのは大事なポイントです。」

また、Cisco UCS のサーバとしてのメリットも大いに実感しているという。

「今回はラック型(C シリーズ)を採用しましたが、それでも裏側の配線はかなりシンプルです。今後ブレード型(B シリーズ)を追加する場合でも、シャーシあたりの接続ケーブルは数本なので、相当すっきりするでしょう。これまでのシステムは背面がケーブルで埋まってしまって熱がこもりがちなので、機器の寿命という点でも効果があると思っています。

Cisco UCS は、ハードウェア情報のサービス プロファイル化をはじめ自動化の面でもいろいろな工夫が伺えます。ハードウェアだけでなく、ソフトウェア的な部分でも長期的な発展性が考慮されているのは良いですね。これまでのサーバ ベンダーの製品とは違う発想で作られていてシスコらしいと思いますし、すごく気に入っています。」

今後の展開
開発環境の基盤としても活用を検討中
成長に応じてさらなるシステム拡張を見込む


今後、社内システムにおける物理サーバと仮想サーバの使い分けが進む中で、Cisco UCS を仮想化環境の基盤としても活用していくことを考えていると山崎氏は話す。

「社内では自分たちが使うためのマイクロ サービスの開発や立ち上げが頻繁に行われています。それぞれのサーバを仮想化して収容しようという流れは当然ありますので、その一環として Cisco UCS の活用も検討中です。」

最後に福島氏は、シスコへの期待も交えて、次のように話してくれた。

「これまでは会社の成長スピードに対応すべく、急いでやってきた面がありますが、これからは少し全体を俯瞰して対応できるようになるでしょう。今後も社員数の増加に伴いシステム基盤のさらなる拡張を見込んでいますが、Cisco UCS はそれに応えてくれるだけのパフォーマンスを備えていると実感しています。シスコには、ハードウェア面はもちろん、サポートやサービスの面でも、もっと積極的なアプローチを期待したいですね。」


Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。

導入ソリューション

  • Cisco Unified Computing System(Cisco UCS)C シリーズ
  • Cisco Unified Communication

導入前の課題、検討事案

  • 急速な会社の成長スピードに対応できる、拡張性に優れたコミュニケーション基盤(システム基盤)を求めていた
  • サーバ システムの効率化、ケーブル削減など、よりシンプルで扱いやすいシステム基盤を実現したかった

導入効果

  • UC on UCS 構成により、数千人規模までのキャパシティを備えるコミュニケーション基盤を短期間に整備できた
  • より多くの仮想サーバの集約と運用を可能とし、シンプルな接続も相まってシステム全体の効率を向上している
グリー株式会社IT-Infrastructureマネージャー  山崎 信明 様

グリー株式会社
IT-Infrastructure
マネージャー 山崎 信明 様

グリー株式会社IT-Infrastructure福島 真樹 様

グリー株式会社
IT-Infrastructure
福島 真樹 様

グリー株式会社

グリー株式会社
本社所在地
東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
設立
2004 年 12 月 7 日
資本金
2,172 百万円( 2012 年 3 月末時点)
従業員数
正社員 1,203 人
(連結ベース 2012 年 3 月末時点)
事業内容
ソーシャルメディア事業
ソーシャルアプリケーション事業
プラットフォーム事業
広告・アドネットワーク事業
ベンチャーキャピタル事業