データセンター ユーザ事例

エネルギア・コミュニケーションズ、法人向けクラウドサービスに Cisco UCS を採用

エネルギア・コミュニケーションズの法人向けクラウドサービス「Ene Wingクラウド」を支えるCisco UCS。採用の決め手は、システムを拡張しても一元的管理が可能な運用の容易さと物理的なメンテナンス性の高さだった。 エネルギア・コミュニケーションズ

導入の経緯
サーバの拡張性と管理性を重視した結果「Cisco UCS」を採用
ネットワーク機器と同時に集中管理ができる点を高く評価


広島市に本社を構える株式会社エネルギア・コミュニケーションズ(以下、エネルギアコム)は、中国地域一円の個人ユーザーおよび全国の法人ユーザーを対象に、インターネット接続や広域 WAN などの通信サービスを提供している企業だ。また近年では、情報システムの構築や IT 機器の販売・レンタル、データセンターサービスといった情報サービスにも力を入れており、これら法人向けサービスを「EneWings」(エネウィングス)というブランドで提供している。

2011 年末、この EneWings のサービスメニューに、新たにクラウドサービス「EneWings クラウド」が加わった。クラウドサービスの提供開始は、EneWings の既存ユーザーからの強い要望に応えたものだったという。エネルギアコム 営業本部 企画統括チーム サブマネージャーの原田謙氏は次のように説明する。

「弊社はもともと主に通信サービスを提供する企業でした。それだけに留まらず さらに一歩進んで、お客さまの構内ネットワーク設備やサーバ機器を提供していましたが、近年クラウドサービスへの問い合わせを受けるようになってきました。そこでスタートしたのが『EneWings クラウド』です。」

EneWings クラウドは、仮想化したサーバやストレージの IT リソースをネットワーク経由で提供する、いわゆる「IaaS」と呼ばれるサービス形態だ。エネルギアコム 通信技術本部 伝送設備部 システム技術チーム マネージャー 武田洋之氏は次のように述べる。

「すでに弊社では V-LAN サービスや専用線など、セキュアな広域ネットワークサービスを法人のお客さまに提供してきました。EneWings クラウドでは、こうしたクローズドネットワークの上に IaaS サービスを構築して、サーバ環境をセキュアかつ効率良くお客さまに使ってもらうことを狙いました。」

この EneWings クラウドのシステム基盤を支えているのが、シスコのネットワーク機器と「Cisco UCS(Unified Computing System)」サーバなどの製品群だ。

「EneWings クラウドは、最適なシステム規模にて構築し、ビジネスの状況を見ながら順次システム規模を拡張していく計画でしたので、柔軟、かつ効率的な拡張性を持つサーバが求められていました。さまざまなメーカーのブレードサーバ製品を比較検討したものの、どれも管理をエンクロージャ単位で行う仕様になっており、シャーシを増設してシステム規模を拡大していくにつれ管理作業が複雑化することが予想されました。しかし UCS は、管理機能をエンクロージャから引き離してスイッチ上に置くので、シャーシをいくら増設しても管理ポイントが増えることがありません。つまりネットワーク機器と同じように集中管理できるのです。」(武田氏)

一方原田氏は、Cisco UCS の物理的なメンテナンス性の高さも高く評価したという。

「ネットワークインターフェイスが仮想化・集約されており、物理的な回線数が極めて少数で済む点は、サーバラック背面のメンテナンス性の点でメリットが大きいと感じました。」(原田氏)

さらに、今回クラウドサービス用のネットワーク基盤を構築するに当たって、シスコのアグリゲーション ルータ「ASR9000」の技術を活用し、データセンタースイッチ「Cisco Nexus 7000」を新たに導入した。これは、Cisco UCS と同様にシステムの拡張性を何より重要視した結果の選択だったという。

「ネットワークのスケーラビリティや、将来的なデータセンター相互接続による DR(災害対策)などのソリューション提供を想定すると Nexus 7000 の機能は有効です。」(武田氏)

こうして、シスコのサーバ製品にネットワーク機器、さらにネットアップのストレージ製品の採用が決まった。さらに、仮想化ハイパーバイザとして VMware vSphere を採用したが、これらは「FlexPod for VMware」としてシスコ、ネットアップ、ヴイエムウェアの 3 社が共同で提供する事前検証済みソリューションである。

このように、あらかじめベンダにより動作保証された製品の組み合わせを導入するメリットは非常に大きかったと武田氏は言う。

「Cisco UCS の導入を検討する際に唯一気になったのが、他製品に比べ稼働実績が少ないことでした。しかし、FlexPod のように製品メーカー間の相互接続・運用性が担保されていれば、稼働実績同様に安心して導入できると考えました。」

導入効果
「Cisco UCS Manager」がもたらす高い管理性と拡張性
サービス開始半年間で予想を上回るユーザー増に対応中

システム規模を比較的抑えたスモールスタートで開始した EneWings クラウドだったが、サービス提供開始からわずか半年間で当初の予想をはるかに上回る数のユーザーが集まり、今ではシステム増強の必要性に迫られているという。

「シャーシを増やしていっても、Cisco UCS の管理ツール「Cisco UCS Manager」でそのすべてを一元的に管理できるので、当初の目論見通り高い拡張性が維持できると考えています。」(武田氏)

また運用管理の現場では、Cisco UCS Manager の「サービスプロファイル」の機能が大いに重宝されているという。これにより、サーバの設定を利用者ごとにプロファイルとして管理し、自動適用が可能になる。サーバのハードウェア情報をプロファイルとして一元管理し、ネットワークを通して自在に適用できる仕組みは、シスコならではのアーキテクチャだ。

さらにエネルギアコムでは、EneWings クラウドのサービス拡大とともに、今回構築したクラウド基盤をベースにして、次なるビジネスプランも検討中だという。

「現状では IaaS 型サービスの提供のみですが、将来的には PaaS や SaaS のサービスも提供できればと考えています。また何社かのお客さまからは、EneWings クラウドと同じ仕組みを使って、自社内にプライベートクラウド環境を構築できないかという相談もいただいています。」(原田氏)

システム

導入ソリューション

  • Cisco UCS B 200 ブレード サーバ
  • UCS 5100 ブレード サーバ シャーシ
  • Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ
  • FlexPod for VMware
  • Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ

導入前の課題、検討事案

  • 新しいクラウドサービスの開始に伴い、拡張性の高いサーバが必要になった。
  • ブレードサーバの増設する際の管理を効率的に行いたい。
  • 災害対策を視野に入れ、ほかのデータセンターとの相互接続を可能にしたい。

導入効果

  • Cisco UCS Manager により、ブレードサーバを一元的に管理。シャーシが増加しても管理ポイントが増えることはないので、拡張性と管理効率を両立できた。
  • Cisco UCS Manager の「サービスプロファイル」機能により、利用者ごとのサーバの設定をプロファイルとして管理。設定を自動適用することで効率化を実現。
エネルギアコム 営業本部企画総括チーム サブマネージャー原田 謙 氏

エネルギアコム 営業本部
企画総括チーム サブマネージャー
原田 謙 氏

エネルギアコム 通信技術本部伝送設備部 システム技術チーム マネージャー武田 洋之 氏

エネルギアコム 通信技術本部
伝送設備部 システム技術チーム マネージャー
武田 洋之 氏

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
所在地
広島県広島市中区大手町2-11-10
URL
http://www.enecom.co.jp/